search

Menu

大学ホーム保健学部 教員紹介

教員紹介

項 目 内 容
教員名 岸野 智則
フリガナ キシノ トモノリ
NAME Tomonori Kishino
職 位 教授
役職・委員(大学) 保健学部 臨床工学科 教授

【委員】
1) 井の頭キャンパス 保健センター 校医
2) 保健学部 ワクチン接種委員会
3) 保健学部 大学院教務委員会
研究テーマ・分野 1) 超音波による生活習慣病の病勢把握, 2) 脂肪組織・脂肪肝, 3) 脂肪酸と疾患
担当科目(学部) 【講義】 1) 基礎生物学 (保: 臨床工学科), 2) 感染症・免疫学 (保: 看護学科 - 分担), 3) 臨床医学各論4 (保: 臨床工学科 - 分担), 4) 生理学検査2 (保: 臨床工学科 - 分担), 5) 内科学1/成人保健学/内科疾患病態学 (保: 理学療法学科/作業療法学科/健康福祉学科 - 分担), 6) 生理学2 (保: 臨床工学科 - 分担), 7) 臨床検査医学・輸血学 (医: M3 - 分担), 8) 内分泌・代謝内科学 (医: M3 - 分担), ほか  【実習】 1) 生理学検査実習 (保: 臨床工学科), 2) 臨床検査医学 病院実習 BSL (医: M5 - 分担)   【卒業研究】 (保: 臨床工学科, 臨床検査技術学科)
兼務・兼担(学部・研究科) 1) 兼担教授 (医学部 臨床検査医学)
2) 超音波診断 (医学部付属病院 臨床検査部)
3) 外来診療 (医学部付属病院 消化器内科)
略 歴 1991年 山梨医科大学 (現: 山梨大学 医学部) 卒業
1991年 杏林大学 医学部 第三内科 研修医
1993年 心臓血管研究所附属病院 内科へ出向
1994年 東京都老人医療センター 核医学診断科へ出向
[1995-1997年 東京都老人総合研究所 研究員を兼務]
1997年 杏林大学 医学部 第三内科
2001年 杏林大学 医学部 臨床検査医学 助教
2004年 杏林大学 医学部 臨床検査医学 学内講師
2007年 杏林大学 医学部 臨床検査医学 講師
2014年 杏林大学 保健学部 臨床工学科 教授
所有する学位 博士 (医学) - 1999年 杏林大学
所有する資格 【学会認定資格】
1) 日本臨床検査医学会: 専門医・管理医・(評議員)
2) 日本超音波医学会: 専門医・指導医・(代議員)
3) 日本内科学会: 認定内科医・総合内科専門医
4) 日本消化器病学会: 専門医
5) 日本老年医学会: 専門医
主要研究業績 【論 文】 ※ corresponding author の論文のみ表示

1) Aoto Y,Kishino T,Harashima K,Ohnishi H,Fukuta N,Hashimoto S,Seki M,Shimo Y,Sekiguchi K,Takagi Y,Otaki J,Watanabe T: Influence of eating breakfast on sonographic examination of the gallbladder. 臨床病理 (in press).

2) Kawano Y,Kishino T,Ohnishi H,Sugiyama M,Mori H,Nishikawa K,Matsushima S,Ohtsuka K,Mochizuki M,Watanabe T: Mass-forming pancreatitis possibly due to localized obstructive chronic pancreatitis: sonographic characteristics. 臨床病理 65: 860-864 (2017).

3) Fujino A,Kishino T,Watanabe K,Sekiguchi K,Takagi Y,Matsushima S,Ohtsuka K,Yotsukura M,Ohnishi H,Watanabe T: Relationship between pericardial adipose tissue thickness and early impairment of left ventricular function, both evaluated on echocardiography. 臨床病理 64: 1134-1138 (2016).

4) Watanabe K,Kishino T,Sano J,Ariga T,Okuyama S,Mori H,Matsushima S,Ohtsuka K,Ohnishi H,Watanabe T: Relationship between epicardial adipose tissue thickness and early impairment of left ventricular systolic function in patients with preserved ejection fraction. Heart Vessels 31: 1010-1015 (2016).

5) Kishino T,Mori T,Kawai S,Mori H,Nishikawa K,Hirano K,Matsushima S,Ohtsuka K,Ohnishi H,Watanabe T: Carcinosarcoma, an atypical subset of gallbladder malignancies. J Med Ultrason (2001) 41: 487-490 (2014).

6) 嶌森直子,岸野智則,大西宏明,多武保光宏,寺戸雄一,要 伸也,森 秀明,奴田原紀久雄, 東原英二,渡邊 卓: 右腎全体にびまん性に浸潤した集合管癌(Bellini管癌)の1例. 超音波医学 40: 183-189 (2013).

7) Kishino T,Ohnishi H,Ohtsuka K,Matsushima S,Watanabe K,Urata T,Honda Y,Matsumoto M,Mine Y,Nishikawa K,Mori H,Takahashi S,Ishida H,Watanabe T: Subcutaneous rather than visceral adipose tissue thickness of the abdomen correlates with alterations in serum fatty acid profile in Japanese women. Clin Chim Acta 412: 1893-1894 (2011).

8) Kishino T,Ohnishi H,Ohtsuka K,Matsushima S,Urata T,Watanabe K,Honda Y,Mine Y,Matsumoto M,Nishikawa K,Mori H,Takahashi S,Ishida H,Watanabe T: Low concentrations of serum n-3 polyunsaturated fatty acids in non-alcoholic fatty liver disease patients with liver injury. Clin Chem Lab Med 49: 159-162 (2011).

9) Kishino T,Morii T,Mochizuki K,Sudo E,Hirano K,Okazaki M,Ohtsuka K,Ohnishi H,Kurihara S,Tsuneyoshi M,Fujioka Y,Watanabe T: Unusual sonographic appearance of synovial sarcoma of the anterior abdominal wall.J Clin Ultrasound 37: 233-235 (2009).

10) Kishino T,Watanabe K,Urata T,Takano M,Uemura T,Nishikawa K,Mine Y,Matsumoto M,Ohtsuka K,Ohnishi H,Mori H,Takahashi S,Ishida H,Watanabe T: Visceral fat thickness in overweight men correlates with alterations in serum fatty acid composition. Clin Chim Acta 398: 57-62 (2008).

11) Kishino T,Haradome H,Mori H,Takahashi S,Ishida H,Watanabe T: Choledochocele demonstrated on conventional sonography. J Clin Ultrasound 34: 199-202 (2006).

12) Kishino T,Nakamura K,Mori H,Yamaguchi Y,Takahashi S,Ishida H,Saito S,Watanabe T: Acute pancreatitis during haemodialysis. Nephrol Dial Transplant 20: 2012-2013 (2005).

13) Kishino T,Mori H,Nishikawa K,Ishiyama N,Yasui H,Sugiyama M,Atomi Y,Sakamoto M,Saito S,Ishida H,Takahashi S,Watanabe T: Hepatocellular carcinoma containing sarcomatous lesions in a normal liver,accompanied by secondary Budd-Chiari syndrome. J Clin Gastroenterol 38: 296-297 (2004).

14) Kishino T,Yamaguchi Y,Yamagishi T,Hashimoto T,Kyomasu Y,Mori H,Sugiyama M,Atomi Y,Saito S,Ishida H,Takahashi S: Submucosal tumor (SMT)-like esophageal squamous cell carcinoma with gastric metastasis. Hepatogastroenterology 47: 1581-1584 (2000).

15) Kishino T,Tanno M,Yamada H,Saito S,Matsumoto S: Changes in liver fatty acid unsaturation after partial hepatectomy in the rat. Lipids 35: 445-452 (2000).


【著書・その他】

1) 岸野智則: 第14章 臨床医学総論 - 7.感染症/9.消化器系/11.麻酔科学/12.集中治療学/13.手術医学/15.臨床免疫学. 臨床工学技士 ポケットレビュー帳. 福長一義 編集.東京,メジカルビュー社,p. 313-316/325-329/333-342/347-351 (2015).

2) 岸野智則: 専門医が教えるよく受ける検査の意味16「中性脂肪(TG)の検査について」. ラボ No.402,7月号.日本衛生検査所協会,p. 14 (2012).

3) 岸野智則,渡邊 卓: 4.救急救命で遭遇する疾患 - 4.消化器系疾患. 救急救命レビューノート. 田中秀治,徳永尊彦 編集.東京,文光堂,p. 122-125 (2008).
所属学会 1) 日本臨床検査医学会,2) 日本超音波医学会,3) 日本内科学会,4) 日本消化器病学会,5) 日本老年医学会,6) 日本消化器内視鏡学会,7) 杏林医学会
居室・研究室 井の頭キャンパス A棟 4階 404室 (または 2階 204室),  三鷹キャンパス 臨床研究棟 5階 504室
オフィスアワー 水曜日 10:30-11:30 井の頭キャンパス A棟 4階 404室 (または 2階 204室)
学生・受験生へのメッセージ 人間万事塞翁が馬 ≒ That's a blessing in disguise !
更新年月 2017. 9月
このページのトップへ

PAGE TOP