search

Menu

大学ホーム保健学部 教員紹介

教員紹介

項 目 内 容
教員名 鈴木 優喜子
フリガナ スズキ ユキコ
NAME Yukiko SUZUKI
職 位 助教
研究テーマ・分野 認知症者の日常生活活動障害に関する研究,認知症者の運動機能障害へのアプローチに関する研究
略 歴 【学歴】
2002年 国際医療福祉大学保健医療学部作業療法学科卒業
2014年 吉備国際大学大学院(通信制)保健科学研究科作業療法学専攻修士課程修了
2017年 杏林大学大学院保健学研究科保健学専攻博士課程修了

【職歴】
2002年 総和中央病院
2004年 順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター
2016年 杏林大学保健学部作業療法学科
所有する学位 博士(保健学)杏林大学
所有する資格 作業療法士
Assessment of Motor and Process Skills, Calibrated rater (AMPS認定評価者)
主要研究業績 [学術論文]
Suzuki Y, Nagasawa A, Mochizuki H, Shimoda N: Effects on activities of daily living and instrumental activities of daily living independence in Alzheimer’s disease patients when the main nursing caregiver consciously provides only minimal nursing care. J. Phys. Ther. Sci. 31: 398-402, 2019.

Suzuki Y, Mochizuki H, Oki M, Matsumoto M, Fukushima M, Nagasawa A, Takakura T, Shimoda N: Fall prediction accuracy of visual spatial abilities tests in patients with Alzheimer's disease: a retrospective study. J Ergon Technol. 19(1): 21-34, 2019.

Suzuki Y, Nagasawa A, Mochizuki H, Kondo T, Shimoda N: Ceiling and floor effects for Functional Independence Measure, Hyogo Activities of Daily Living Scale, and Assessment of Motor and Process Skills in Alzheimer's disease. J Ergon Technol. 19(1): 1-12, 2019.

斎藤恵美,駒場香蓮,鈴木優喜子:中年期における認知症罹患に対する不安の実態―不安の頻度,不安を抱く場面,性差の分析―.日本作業療法研究学会雑誌.21(2): 9-16, 2018.

鈴木優喜子,長澤明,小林隆司:認知症治療病棟におけるアルツハイマー病患者の認知症重症度と行動・心理症状の関連.日本作業療法研究学会雑誌,19(1):1-6, 2016.

鈴木優喜子:アルツハイマー病患者におけるAMPSと認知症重症度,認知機能,ADL・IADL能力との関連.日本作業療法研究学会雑誌,18(2):19-26, 2015.

鈴木優喜子,長澤明,冨田深雪,後藤千明:介護拒否の強い認知症患者に対する運動機能面のアプローチ.認知症ケア事例ジャーナル,6(4):399-403, 2014.

鈴木優喜子,長澤明,小林隆司:アルツハイマー型認知症患者における重症度とADL・IADLの量的及び質的評価の関連.日本作業療法研究学会雑誌,17(2):29-35, 2014.

鈴木優喜子,長澤明,冨田深雪,後藤千明,小林隆司:アルツハイマー型認知症者のBPSDに関連するADLの量的及び質的側面.日本作業療法研究学会雑誌,17(1):25-29, 2014.


[学会発表]
鈴木優喜子,沖真由香,松本深雪,福島光子,吉川 友紀子,長澤明,高倉朋和,望月秀樹:視空間認知機能評価指標におけるアルツハイマー病患者の転倒予測精度に関する検討.第8回日本認知症予防学会学術集会,2018.

沖真由香,松本深雪,福島光子,吉川友紀子,長澤明,高倉朋和,鈴木優喜子:Alzheimer病患者の転倒者と非転倒者の認知機能,バランス能力,視覚認知機能の比較.第8回日本認知症予防学会学術集会,2018.

鈴木優喜子,長澤明,望月秀樹,下田信明:中等度と重度アルツハイマー病患者の重症度の違いをより正確に把握できるADL・IADL評価法を知る―判別分析を用いた評価法の比較―.第52回日本作業療法学会学術集会,2018.

岩崎也生子,前田直,鈴木優喜子,米澤一郎,西方浩一:小児期の高次脳機能障害患者が抱える課題の特徴.第52回日本作業療法学会学術集会,2018.

鈴木優喜子,長澤明,望月秀樹 ,下田信明:アルツハイマー病患者を対象としたFIM,HADLS,AMPSにおける得点分布の分析.第51回日本作業療法学会学術集会,2017.

鈴木優喜子,長澤明,望月秀樹,下田信明:アルツハイマー病患者におけるAMPSとADL・IADL能力との関連.第50回日本作業療法学会学術集会,2016.

鈴木優喜子,長澤明,小林隆司:認知症疾患治療病棟に入院中のアルツハイマー型認知症患者における認知症重症度と行動・心理症状の関係.第49回日本作業療法学会学術集会,2015.

Yukiko SUZUKI, Yukiko YOSHIKAWA, Akira NAGASAWA, Ryuji KOBAYASHI:Relationship between severity score and ADL/IADL skills in Alzheimer Disease. 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists in collaboration with the 48th Japanese Occupational Therapy Congress and Expo,2014.

鈴木優喜子,吉川友紀子,長澤明,小林隆司:ADL/IADLのプロセス技能に関連するBPSDの要因.第47回日本作業療法学会学術集会,2013.

鈴木優喜子,今村なつみ,長澤明,舩越聖子,澤端秀久,曾根政富:老人性認知症病棟における浮腫の調査と検討.第41回日本作業療法学会学術集会,2007
所属学会 日本作業療法士協会 東京都作業療法士会 日本認知症ケア学会 日本作業療法研究学会 日本保健科学学会 日本在宅ケア学会 日本認知症予防学会
学外活動 日本作業療法学会演題審査委員 2018-
日本在宅ケア学会誌査読委員 2017‐
世界作業療法連盟,第48回日本作業療法学会演題審査委員 2014
居室・研究室 教員室A402 研究室B310
メールアドレス y-suzuki@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 火曜〜木曜 12時〜13時 A402
このページのトップへ

PAGE TOP