search

Menu

大学ホーム保健学部 教員紹介

教員紹介

項 目 内 容
教員名 田中 美千子
フリガナ タナカ ミチコ
NAME Michiko TANAKA
職 位 教授
役職・委員(大学) 保健学部教職課程運営委員
所属研究室 精神保健看護学研究室
研究テーマ・分野 学校健康相談、特別支援教育、学校心理
担当科目(学部) 精神看護学概論、精神看護学(演習含む)、精神看護学実習、発達障害と特別支援(分担)、健康相談活動(分担)
担当科目(大学院) なし
略 歴 【学歴】
1985年 日本医科大学看護専門学校卒
1986年 新潟大学教育学部養護教諭特別別科修了
2016年 筑波大学大学院人間総合科学研究科生涯発達専攻(博士前期課程)カウンセリングコース修了
【職歴】
1986〜1991年 日本医科大学多摩永山病院 看護師として救命救急センター・産婦人科病棟に勤務 その間、何度も東京都教員採用試験(養護教諭)を受け続ける 
1991年〜 東京都立高等学校に養護教諭として採用される
 〜2017年 東京都立高等学校の普通科、商業科、チャレンジスクールなど5校で26年間、養護教諭、特別支援教育コーディネーターとして勤務
2018年〜 杏林大学保健学部現職
所有する学位 修士(カウンセリング学)筑波大学
所有する資格 看護師
養護教諭専修
学校心理士
救急救命士
主要研究業績 <論文等>
1)田中美千子, 安藤智子:保健室と養護教諭が果たすアタッチメント機能〜生徒の保健室来室行動と養護教諭の対応の探索的検討, 学校保健研究, 59巻5号, 2017年
2)田中美千子:セクシャルマイノリティーである生徒への理解とかかわり, 東京都立高等学校学校保健研究会誌, 2018年
3)岡田(田中)美千子, 山崎美香, 谷田貝香, 後藤桂子, 田中喜代美, 渡辺樹美:一人一人の生徒の心の健康に焦点を当てた保健指導のあり方, 東京都教育研究員(学校保健)研究集録, 1995年
<口演>
1)田中美千子, 安藤智子:安心感の基地としての保健室と養護教諭の役割:日本学校保健学会, 第63回学術大会, 一般発表(口演), 2016年
2)田中美千子, 梶原聡子:生徒保健委員会を核としたエイズピアエデュケーションの試み, 東京都健康づくりフォーラム, 特別発表, 2006年
3)田中美千子, 榎戸香, 後藤桂子, 田中喜代美, 山崎美香:高校生の健康相談に活用するストレスチェックリストの検討, 第45回日本学校保健学会 一般口演, 1998年
4)菊池寿江, 大谷尚子, 大橋好江, 岡田(田中)美千子, 木幡美奈子, 中村泰子, 平岩美禰子, 森田光子:養護教諭の相談活動に関する分析的研究〜保健室内における子どもの動きについて, 第43回学校保健学会, 一般口演, 1996年
所属学会 日本学校保健学会、日本LD学会、日本発達心理学会、日本学校健康相談学会
居室・研究室 B棟403号室
メールアドレス m-tanaka@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 月〜金曜日 10:00〜16:00 B403室 ※病院実習等で不定期に不在にするため、事前にご連絡ください。
学生・受験生へのメッセージ 養護教諭の専門性と援助職としてのあり方を、
学生とともに追い求めていきたいです。
このページのトップへ

PAGE TOP