search

Menu

大学ホーム保健学部 教員紹介

教員紹介

項 目 内 容
教員名 村松 憲
フリガナ ムラマツ ケン
NAME Ken Muramatsu
職 位 准教授
研究テーマ・分野 糖尿病に起因する脳や脊髄(運動系)の障害に関する病態生理学的研究、糖尿病に起因する運動系の障害を改善するリハビリテーションの開発
担当科目(学部) 物理療法学、物理療法学実習、運動器障害系理学療法学
担当科目(大学院) 物理療法学特論、筋骨格系理学療法学特論
略 歴 [学歴]
平成15年3月 茨城県立医療大学 保健医療学部 理学療法学科卒業
平成17年3月 東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 博士(前期)課程修了
平成20年3月 東京医科歯科大学 大学院保健衛生学研究科 博士(後期)課程修了

[職歴]
平成15年4月 医療法人社団 心明会 ケアリングよしかわ 理学療法士
平成20年4月 健康科学大学 健康科学部 理学療法学科 助教
平成22年4月 健康科学大学 健康科学部 理学療法学科 講師
平成25年4月 健康科学大学 健康科学部 理学療法学科 准教授
平成30年4月 杏林大学   保健学部  理学療法学科 准教授
所有する学位 博士(保健学) (東京医科歯科大学)
所有する資格 専門理学療法士(基礎理学療法)
主要研究業績 I. 原著論文(代表的なもの)
A. 糖尿病に起因する脳,脊髄(運動系)の障害に関する研究
1. Ken Muramatsu, Masako Ikutomo, Toru Tamaki, Satoshi Shimo and Masatoshi Niwa
Effect of streptozotocin-induced diabetes on motor representations in the motor cortex and corticospinal tract in rats
Brain Res. 2018; 1680: 115-126

2. Toru Tamaki, Ken Muramatsu, Masako Ikutomo, Noami Oshiro, Hisae Hayashi, Masatoshi Niwa
Effects of streptozotocin-induced diabetes on leg muscle contractile properties and motor neuron morphology in rats
Anat Sci Int. 2018; 93: 502-513

3. Ken Muramatsu, Masatoshi Niwa, Toru Tamaki, Masako Ikutomo, Yujiro Masu, Tatsuya Hasegawa, Satoshi Shimo and Sei-Ichi Sasaki
Effect of streptozotocin-induced diabetes on motoneurons and muscle spindles in rats
Neurosci Res. 2017; 115: 21-28

4. Toru Tamaki, Masako Ikutomo, Satomi Arakawa, Junya Komagata, Masatoshi Niwa and Ken Muramatsu
Exercise Training Prevent Decrease of Muscle Strength in Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty Rats: A Preliminary Study
Int J Phys Ther Rehab 2016, 2: 12

5. Ken Muramatsu, Masatoshi Niwa, Masanori Nagai, Takashi Kamimura, Sei-Ichi Sasaki, Tomoyasu Ishiguro
The size of motoneurons of the gastrocnemius muscle in rats with diabetes.
Neurosci Lett. 2012; 531: 109-113

他 8編(内、筆頭4編)

B. 骨盤底筋の運動を制御する脊髄内神経回路に関する研究
1. Masatoshi Niwa, Ken Muramatsu, Kiyomi Nakayama, Sasaki Sei-Ichi
Electrophysiological properties of Ia excitation and recurrent
inhibition in cat abdominal motoneurons J Physiol Sci. in press

2. Masatoshi Niwa, Ken Muramatsu, Sasaki Sei-Ichi
Discharge patterns of abdominal and pudendal nerves during induced defecation in anesthetized cats. J Physiol Sci. 65: 223-231, 2015.

3. Ken Muramatsu, Sei-Ichi Sasaki, Yuichiro Cho and Kenji Sato
Morphological analysis of external anal sphincter motor nerve and its motoneurons in the cat. Anat. Sci. Int. 2008; 83(4): 247- 255
  
4. Ken Muramatsu, Sei-Ichi Sasaki, Yuichiro Cho and Kenji Sato
Morphological analysis of external anal sphincter motoneurons in the cat. Aut. Nerv. Sys. 2007;44(2):104-106

他 1編(内、筆頭1編)

C. その他の共同研究
1. Junya Komagata, Toru Tamaki, Akihiro Ashikawa, Ken Muramatsu
Effects of cooling on tactile sense sensitivities and sensory nerve conduction velocity: A preliminary study.
Int J Phys Ther Rehab. in press

2. Takashi Kamimura, Ken Muramatsu, Junya Komagata
Participation of Activation of Corticospinal Tract during Dual Task Walking by EMG Coherence Analysis in Healthy Adults.
Int J Phys Ther Rehab.2016

3. Yujiro Masu, Ken Muramatsu.
Soleus H-reflex modulation during receive stance in badminton players in the receive stance.
J. Phys. Ther. Sci. 2015; 27: 123-125

4. Yujiro Masu, Ken Muramatsu,
Naoki Hayashi.: Characteristics of Sway in the Center of Gravity of Badminton Players.
J. Phys. Ther. Sci. 2014; 26: 1671-1674

他 11編


II.外部資金
A.科学研究費補助金(文部科学省,日本学術振興会)
[研究代表]
1.基盤研究(C)糖尿病性錐体路障害に対応する新しい糖尿病運動療法の開発 平成30年度-平成34年度

2.若手研究(B)糖尿病は錐体路(皮質脊髄路)を標的とするか? 平成27年度-平成29年度

3.若手研究(B)糖尿病に起因する運動ニューロンの機能障害 平成24年度-平成26年度

4.若手スタート支援 外肛門括約筋を支配する運動ニューロンから興奮性入力を受けるレンショウ細胞 平成21年度-平成22年度

[分担研究]
1. 基盤研究(C) 高血糖や老化に起因する排便障害の病態解明 平成28年度-平成30年度

2. 基盤研究(C) 障害者及び高齢者などを悩ます排尿・排便障害の病態解 平成22年度-平成24年度

B.その他外部資金
[研究代表]
1.日本理学療法士協会指定研究助成:理学療法の新規分野開発に関する萌芽的研究(代表) 
糖尿病によって生じる運動ニューロン障害の予防や改善に運動療法は有効であるか?−糖尿病理学療法の新規分野開拓を目指して−
平成25年度-平成26年度

III.受賞歴
1.第4回 日本糖尿病理学療法学術大会 学術集会長賞 (平成30年7月)
2.第3回 日本糖尿病理学療法学術大会 学術集会長賞 (平成29年5月)
3.第49回 日本理学療法学術大会     学術大会長賞 (平成26年5月)
4.大腸肛門機能障害研究会  奨励賞 (平成17年9月)

IV. 著書
1.理学療法士のための わかったつもり?!の糖尿病知識Q&A. 石黒友康,田村好史 編 2017年 90-93頁 医歯薬出版

2.コメディカル専門基礎科目シリーズ 生理学. 桑名俊一、荒田晶子編 2016年 127−148頁 理工図書

3.臨床検査技師ブルーノート 基礎編 第2版. 芝紀代子編 2013年 47-90頁 メジカルビュー社

4.理学療法学自習ワークブック. 濱田輝一、牧田光代編、診断と治療社 2-3, 2012年 59-62頁

5.消っして忘れない 生理学要点整理ノート 第2版. 佐々木誠一編、羊土社 2012年 154-166, 185-194頁

V. 学会発表
(過去3年、筆頭演者のみ)
1. 第41回日本神経科学大会 2018.7.26 神戸
Ken Muramatsu, Masako Ikutomo, Toru Tamaki, Satoshi Shimo, Masatoshi Niwa
Altered antidromic field potentials in the corticospinal tract neurons of rats with streptozotocin-induced type-1 diabetes

2. 第5回 日本糖尿病理学療法学術大会 2018.7.16
村松憲、生友聖子、玉木徹、志茂聡、八並光信、丹羽正利
糖尿病性錐体路障害は軸索の退縮によって生じる

3. 第61回 日本糖尿病学会年次学術集会 2018.5.24 東京
ストレプトゾトシン誘発糖尿病ラットに生じる皮質脊髄路の軸索障害
村松憲、生友聖子、玉木徹、志茂聡、丹羽正利

4. 第40回日本神経科学大会 2017.7.21 千葉
Effect of streptozotocin-induced diabetes on the movement representations in the motor cortex
Ken Muramatsu, Toru Tamaki, Masako Ikutomo, Satoshi Shimo, Masatoshi Niwa

5. 第60回 日本糖尿病学会年次学術集会 2017.5.19 名古屋
糖尿病は運動野の体部位局在を変化させる
村松憲、玉木徹、生友聖子、志茂聡、丹羽正利

6. 第52回 日本理学療法学術大会 2017.5.12 千葉
糖尿病は運動野の体部位支配領域を縮小させる
村松憲、玉木徹、生友聖子、高村浩司、丹羽正利

7. 第94回 日本生理学会大会 2017.3.28 浜松
Alterations of movement representations in motor cortex of type 1 diabetic rats.
Ken Muramatsu,Masatoshi Niwa,Sei-Ichi Sasaki

8. 第39回 日本神経科学大会 2016.7.21 横浜
Does diabetes target corticospinal tract neurons?
Ken Muramatsu,Toru Tamaki,Masako Ikutomo,Hiroshi Takamura,Satoshi Shimo, Masatoshi Niwa,Sei-Ichi Sasaki

9. 第51回 日本理学療法学術大会 2016.5.27 札幌
糖尿病性ニューロパチーは錐体路を標的にする
村松憲、玉木徹、生友聖子、石黒友康、丹羽正利、佐々木誠一

10. 第59回日本糖尿病学会年次学術集会 2016.5.21 京都
糖尿病性ニューロパチーによって錐体路細胞が減少する
村松憲、玉木徹、生友聖子、志茂聡、石黒友康、丹羽正利、佐々木誠一

他69件

講演(過去3年)
[講演等]
1.第11回 神経系理学療法サテライトカンファレンス 基調講演 2018.1.27
演題名:皮質脊髄路の機能不全によるバランス低下~糖尿病メカニズムから紐解く~

2.第30回富士北麓糖尿病医療連携の会 2017.11.7
演題名:意外に知らない糖尿病による運動障害 ー糖尿病患者は転びやすい!?ー

3.第20回 山梨県理学療法士会学術集会 教育講演 2016.1.26
演題名:糖尿病性運動障害の新しいパラダイムが示す糖尿病理学療法の未来

他5件
所属学会 日本神経科学学会、日本生理学会、日本糖尿病学会、日本糖尿病合併症学会、日本理学療法士協会
公的な委員会等の役員・委員歴 日本理学療法士協会 学術誌 「理学療法学」 査読委員 (平成27年4月ー)
居室・研究室 井の頭キャンパス B棟5階 524
メールアドレス k-muramatsu@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 月曜日 9:00-11:00 B棟5階 524研究室
このページのトップへ

PAGE TOP