search

Menu

大学ホーム保健学部学科概要救急救命学科 救急救命士 外傷管理

救急救命士

外傷管理

交通事故、運動競技事故でけがをした場合、救急現場から適切な処置を実施しながら、病院へ搬送することが大切です。

全身固定

全身固定

重症外傷の傷病者には頚部・脊柱を中心に全身を固定します。重症外傷の処置は、時間との競争です。事故現場での救命士の適切な処置が、予後に大きく影響します。

下肢固定

上腕固定

下肢の骨折に対し、副子により固定しているところです。救急処置の基本で、2年次後期に実習します。

救急車内収容

救急車内収容

傷病者の安全に配意しながら救急車に収容します。校内を救急車で走行しながら、車内での心臓マッサージや人工呼吸などの訓練をします。

このページのトップへ

PAGE TOP