search

Menu

大学ホーム保健学部学科概要救急救命学科 カリキュラム 講義

カリキュラム

講義

救急救命士は初期医療従事者として、限られた時間の中で重症傷病者の呼吸や、血液循環の状態を的確に判断し、救急処置を行ないます。

救急救命士になるためには基礎医学、救急医学等の講義は勿論、「実践的防災論」、「救命・防災実習」など、他の救急救命士養成校にはない、ユニークなカリュキュラムとなっています。

主要科目の特長

実践的防災論(1年生/前期)
救急救命士は、災害医学としての知識を身につけるとともに防災のスペシャリストとしての対応が求められる。そのため、日常的に発生する交通事故や火災などの人為的災害と地震、風水害や火山噴火などの自然災害まで幅広く防災を学ぶことは必要不可欠となる。本授業は、これらの防災知識を単に机上で理解するだけでなく、演習を含めた実践的な授業を行い、防災対策に有効とされる「減災」について創造的発想につなげられる思 考力を身につける。
実践救急症候学(3年生/前期)
3年後期から始まる病院内実習に備え必要な知識を復習することを目的として、下記の項目を中心に授業を行う。全ての授業終了後に試験を行ない、必要な知識の修得を完全なものにして実習中の理解を深めることができるよう努めている。 授業内容;1循環 2 呼吸3 神経4 消化器5 救急処置総論各論 6 外傷1 7 外傷2 8 画像の見方など
環境障害・急性中毒学II(3年生/前期)
救急救命士が遭遇することの多い熱中症や低体温症などの環境障害についての基礎知識を身に付け、応急処置の説明ができるようになることを目標として授業を設定している。また、傷病者を搬送する際に、搬送時の注意事項が説明でき、的確な医療機関の選定が判断できるようになるための工夫も行っている。 その他、気道および消化管異物、縊頸・絞頸、刺咬傷の病態生理や観察などの知識を身に付け、応急処置や医療機関の選定が判断できることを目的としている。
救急・防災実習(1年生/前期)
杏林大学医学部付属病院一・二次救急外来、高度救命救急センター並びに防災施設などで見学実習を行い、walk-in 傷病者への対応や処置や、防災対策に関する理解を深めることを目的としている。また、実習後に報告会を行い、単なる見学実習にとどまることなく、グループディスカッション形式の討論会を通して医療関連の専門用語の修得や人前でのプレゼンテーション能力が修得できるように実習を工夫している。

1年次

一般教養、医療従事者として基礎となる知識の習得

一般教養科目 英語、生物有機化学、細胞生物学、発達心理学、医用工学概論など
基礎医学系 解剖学、生理学、生化学、病理学、微生物学、公衆衛生学、医学概論など
救急医学系 実践的防災論、救急処置総論など

2年次

救急医学を中心とした講義と実習 英会話にも力を入れます

一般教養科目 英会話、医学英語、医療情報科学など
基礎医学系 薬理学、免疫学、血液学など
救急医学系 内科学、脳外科学、救急医学概論、救急処置各論、環境障害・急性中毒学、精神医学など
衛生学系・総合領域 環境衛生工学、産業保健学 など

3年次

救急医学を中心とした講義と実習

救急医学系 外科学、小児科学、産婦人科学、整形外科学、災害医学、救急搬送論、医療コミュニケーション学など

4年次

3年間で学習した集大成としての総合訓練など、救急救命士の資格者として第一線で活躍できる専門性、能力を高めます。合わせて、国家試験の準備、就職活動を行います。

特別講義、卒業研究

履修モデルや講義科目の概要・目標・授業計画(シラバス)、配当年次などは、下記をご参照ください。
救急救命学科 履修モデル


このページのトップへ

PAGE TOP