search

Menu

大学ホーム保健学部学科概要健康福祉学科 養護と福祉 社会と健康(環境・食品・遺伝)

養護と福祉

社会と健康(環境・食品・遺伝)

食品衛生監視員・食品衛生管理者とは


食品衛生の実習

遺伝子組み換え食品や違法薬物混入食品、輸入食品・・・・食品の安全性に対する不安や関心が高まり、食の安全をまもる人々への期待が大きくなっています。本学で得られる資格、食品衛生監視員食品衛生管理者は、そんな最前線で働く人々です。前者は公務員として保健所や分析センターなどで、後者は食品製造業の会社・工場で、食品の製造、貯蔵、流通の安全を監視・管理・監督する任務に就きます。

はたらく人々の健康をまもる衛生管理者


衛生管理者は、働く人々の健康をまもるお手伝いをする、現場のリーダーです。過労を防いだり、有害な物質や放射線などによる健康被害を防止するために、衛生教育や健康診断、環境管理をマネージメントする大事な役割を担っています。また、傷病者の職場復帰でも重要な役割を果たします。

移植コーディネータ、治験コーディネータ

高い倫理観と医療の知識をもち、カウンセリングを学んで身につけたコミュニケーション・スキルを生す仕事に、移植コーディネータ治験コーディネータがあります。前者は臓器移植を可能にするための大事なパイプ役,後者は新薬を開発する時に無くてはならない臨床試験の世話役です。

このページのトップへ

PAGE TOP