search

Menu

大学ホーム保健学部学科概要臨床検査技術学科 カリキュラム 講義

カリキュラム

講義

主要科目の特長

臨床検査概論(1年生/前期)
医療の中での臨床検査の価値、重要性は、機器の進歩のみでなされるものではなく、そこで働く臨床検査技師の質に依存している。臨床検査技師には検査技術はもちろんのこと、患者への対応力、チームワーク力、新技術の理解・吸収力また問題解決能力が求められる。本科目は臨床検査のイントロダクションであり、臨床検査に関する様々な事項を取り上げ、臨床検査技師として備えておくべき基本的知識とおもな臨床検査の役割やその重要性を理解することを目指す。
臨床検査基礎実習(1年生/前期・後期)
本科目はバイオハザードとバイオセーフティー、汎用機器の取扱い、試薬調製、蛋白質 濃度測定、顕微鏡取扱い、採血法等について、臨床検査技師に必要な基本手技と関連知識の修得を目指す。さらに生理学および生化学に関する内容の実習も行う。なお、2015年より拡大された臨床検査技師業務のうち「味覚および嗅覚検査」についても、この実習で取り扱う予定である。
血液検査学(2年生/前期)
本科目はヒトの血液疾患診断の検査と病態解析に必要な知識の修得を目指す。具体的には貧血、白血病、血栓症や出血性疾患の病態解析の基礎知識を学習する。なぜ貧血になるのか、貧血の種類と特徴、白血病とはどんな病気か、なぜ白血病には多くの種類があるのか、血栓とはどういうことか、出血傾向とはどういうことか、またこれらの診断に必要な検査などについて理解することを目指す。
臨床検査学特論(アドバンスドクラス)(3年生/後期)
本科目は学校教育と臨床現場との橋渡し的役割を持たせるものである。臨床検査技術の進歩は凄まじく、大学での講義や演習・実習では不足することが多い。ここでは、直接臨床支援にかかわる画像診断技術、病理検査技術、血液検査技術、微生物検査技術および輸血検査技術について、実際の臨床現場で要求されるより深い知識や技術の一端に触れる。また、最新の十分な知識や技術を身につけていくことはもちろんであるが、 現場の医療人として対象者の扱いについても自分のありようが直接対象者に影響を与えるものであることを学び、自分自身をふり返り、自己を高め、人間的に成長していくことを養う。

1年次

社会人・国際人としての教養、医学・生命科学の基礎知識を習得し、科学的・理論的な思考能力を養います。
  • 基礎分野
    英語、心理学、統計学、生命科学、医療学概要
  • 基礎医学分野
    解剖学、組織学、生理学、生化学、血液学など

2年次

基礎知識を発展させ、臨床検査学の各領域で必要な専門知識を習得します。さらに、保健・福祉に関する理解を深めます。
  • 基礎医学分野
    公衆衛生学、免疫学、病理学総論、医動物学、微生物学、医療情報科学、医用工学など
  • 臨床検査学分野
    一般検査学、生理機能検査学、臨床化学検査学、病理検査学、血液検査学、免疫検査学、細菌検査学など

3年次

臨床検査技術に関連する実験・実習と臨地実習を行います。
  • 臨床検査学分野
    遺伝子・染色体検査学、臨床病態学、細胞診断学、真菌・ウイルス検査学、輸血・移植検査学など
  • 臨床検査学分野実習
    臨床化学検査学、病理検査学、輸血検査学、遺伝子・染色体検査学など
  • 臨地実習
    医学部付属病院、学外提携病院で2ヶ月間の実習

4年次

臨床検査学の発展に寄与できる思考力や問題解決能力、研究能力を習得します。あわせて、進路の決定と国家試験の受験準備に取り組みます。
  • 卒業研究・インターンシップ、精度管理学、臨床検査総合演習

履修モデルや講義科目の概要・目標・授業計画(シラバス)、配当年次などは、下記をご参照ください。
臨床検査技術学科 履修モデル


このページのトップへ

PAGE TOP