search

Menu

大学ホーム保健学部学科概要臨床検査技術学科 資格 細胞検査士

資格

細胞検査士

顕微鏡をつかって正常な細胞の中から悪性(がん)細胞を探し出す、高度な技術を持つ臨床検査技師です。日本臨床細胞学会および日本臨床病理学会が知識や技術能力を認定する資格です。

所定の単位を取得後、4年在学中の11月に1次試験、12月に2次試験が行われます(平成19年度本学合格率100%)。

細胞検査士(臨床検査技師)
都内大学病院 勤務
坪谷聡子*さん

細胞検査士(臨床検査技師) 都内大学病院 勤務 坪谷聡子さん

私が臨床検査技師という職業を選んだのは人体についての生物学的な興味を抱いた事からでした。学ぶべき事の多さに大変驚きましたが自分が目指すものの責任の重大さを誇らしく感じました。また大学では細胞診断学と出会い細胞検査士認定資格を得るべく日夜勉強に励みました。現在では子宮がんの細胞検査と不妊治療に携わっていますが、同じ女性としてより多くの患者様のお役に立てればと思っています。

細胞検査士(臨床検査技師)
都内病院 勤務
川村淳さん*

細胞検査士(臨床検査技師) 都内病院 勤務 川村淳さん*

卒業後、病理細胞診断科の立ち上げから携わっています。地域に根ざした小さい病院ながら電子カルテ化も進んでおり、パソコンと顕微鏡に囲まれながら、仕事をしています。治療方針に関わる細胞診断や最終診断となる病理診断といった一つ一つの診断が患者様に与える影響の大きさを感じながら、チーム医療の一端を担うべく大学で学んだ知識をもとに日々勉強しております。

*個人情報保護のため、仮名で表示しています。ご了承ください。

このページのトップへ

PAGE TOP