search

Menu

大学ホーム保健学部 教員紹介

教員紹介

項 目 内 容
教員名 柴崎 美紀
フリガナ シバサキ ミキ
NAME MIKI SHIBASAKI
職 位 講師
役職・委員(大学) 地域交流委員会、教務委員会、実習委員会
所属研究室 在宅看護学 研究室
研究テーマ・分野 在宅医療におけるチーム医療、地域一体型NST
担当科目(学部) 在宅看護学、在宅看護学演習、在宅看護学実習、応用看護学実習、卒業研究
担当科目(大学院) 在宅看護学特論、在宅看護学演習
略 歴 1994年 東京医科歯科大学医学部保健衛生学科看護学専攻卒業
2002年 琉球大学大学院保健学研究科修士課程修了
2015年 東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科博士後期課程 単位取得済満期退学

大学卒業後、病院看護師として勤務(内科、精神神経科、外科、内視鏡)、2002年より国保連合会、在宅療養支援診療所、夜間対応型訪問介護等の在宅医療関連事業に看護師、保健師として勤務。

2008年〜2010年 順天堂大学医療看護学部地域看護学教室
2010年〜2014年 淑徳大学看護栄養学部、千葉県立野田看護専門学校非常勤講師等
2012年〜2014年 医療法人社団つくし会 新田クリニック 厚生労働省委託在宅医療連携拠点事業担当保健師、外来看護師
所有する学位 修士(保健学)(琉球大学)
所有する資格 看護師、保健師
主要研究業績 【著書】
1.柴崎美紀(矢吹浩子編集、山中英治医学監修):ナースためにナースが書いた栄養ケア「知りたいポイント」ガイド,74-81,照林社,2016.

【論文、総説】
1.Yoshiko KUROKAWA, Yoko TSUCHIYA, Yuko FUJIO, Shizuka HARADA, Miki SHIBASAKI, Noriko OGAWA, Shinko MINOTANI; Actual Situation of the Strengths of Elderly Community Residents Living Alone, Asian J Human Services,11:86-97,2016.

2.原田静香、美ノ谷新子、柴部紀、丸山美知子、山口豊子、宮近郁子、入野豊、森本喜代美、米澤純子:在宅終末期がん患者のケアマネジメントに関する介護支援専門員の認識−介護支援専門員の属性による差に焦点をあてて−,日本プライマリ・ケア連合学会誌,39(4),2016.

3.柴崎美紀:栄養管理における地域連携と看護師の役割,看護技術,62(10),61-66,2016.

4.柴崎美紀:地域における栄養サポートチームの連携構造と発展要件,杏林医学会誌,47(2),91-112,2016.

5.柴崎美紀:在宅療養者および家族の食事と栄養に関するニーズに関連が強い医療専門職のチーム構成に関する検討,杏林医学会雑誌, 263-271, 46(4),2015.

6.柴崎美紀:「美味しく食べること、スッキリ出すこと、それを手伝うこと」感性の輝き第26回、地域リハビリテーション,10(8),610,2015.

7.柴崎美紀:地域一体型NSTにおける歯科領域との連携ガイドラインの構築へ向けての予備調査、医療の広場,54(7),27-30,2014.

8.柴崎美紀、小原由紀、渋谷英介、本田彰子:チーム医療をテキストマイニングするー地域での栄養サポートチームにおける歯科専門職の役割に注目してー,看護研究,46(6),568-576,2013.

9.柴部紀:NSTを知ることで歯科衛生士の可能性を広げよう, 地域医療において歯科衛生士の皆様へお願いしたいこと,DHstyle4月号,48-52,2013.

10.Yasuko Koyano, Masami Miyamoto, Miki Shibasaki: Develop of an Affect Control Program using a Dialectical Behavior Therapy, 順天堂精神医学研究所紀要,92-99,2011.

11.樋口キエ子、川西恭子、浜詰幸子、小田切(柴崎)美紀:在宅看護実習の学習効果と在宅看護教育の方向性―訪問看護実習の学びからー,医療看護研究,6(1),29-36,2010.

12.小田切(柴崎)美紀:地域一体型NSTについての文献レビュー〜特に看護職の役割に焦点をあてて,医療看護研究,6(1),105-106,2010.

13.小田切(柴崎)美紀、與古田孝夫:精神科看護従事者の性役割パーソナリティ(gender role personality)とメンタルヘルスおよび臨床看護能力との関連についての研究,医療看護研究,5(1),61-68,2009.

14.樋口キエ子、葛西好美、小田切(柴崎)美紀、大木正隆:在宅看護演習における他分野との共通事例による学習成果と課題,日本看護学会 看護教育,118-120,2008.

【報告書】
1.平成27年度「地(知)の拠点整備事業成果報告書市民と多職種で地域包括ケアを考える参加型ワークショップ"たまケアLive"の企画と運営」(代表者:柴部紀)

2.平成25年度 文部省化学研究費基盤研究(A)課題番号20249086報告書「高齢者訪問看護質指標を用いたインターネット訪問看護支援システムの有効性検討」〜認知症ケア・家族支援、終末期ケア領域〜(研究代表者:山本則子、共同研究者、本田彰子、岡本有子、松浦志野、深堀浩樹、柴部紀、大木正隆、高井ゆかり、鈴木祐恵、金川克子、石垣和子)

3.平成24年度 政策医療振興財団助成「地域一体型NSTにおける歯科領域との連携ガイドライン構築に向けての予備調査」報告書(研究代表者:柴崎美紀、共同研究者、小原由紀、渋谷英介、本田彰子)

4.平成23年度 財団法人フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団「がん終末期患者の在宅移行時から行う介護支援専門員の連携のプロセス」報告書(研究代表者:美ノ谷新子、共同研究者:原田静香、柴部紀、米澤純子、山口豊子、森本喜代美、宮近郁子、入野豊、丸山美知子)

5.平成23年度 公益社団法人在宅医療助成 勇美記念財団「在宅医療研究への助成」報告書「地域一体型NST(栄養サポートチーム)に関わる専門職の役割認識と求められる能力についての研究」(研究代表者:柴部紀、共同研究者:本田彰子、望月弘彦、若林秀隆、菊島郁丸、秋山和宏、池田百合子、阿蒜ひろ子、小川晴久)

6.平成21年度 笹川記念保健協力財団「在宅ターミナルにおける介護支援専門員の基盤資格と連携〜より効果的な人材の発掘と啓発のために〜」報告書(研究代表者、美ノ谷新子、共同研究者:原田静香、米澤純子、柴崎美紀、山口豊子、森本喜代美、宮近郁子、入野豊、杉本正子)

【受賞歴】
株式会社数理システム社 学生研究奨励賞優秀賞受賞
(テーマ:地域一体型NSTにおける歯科専門職の役割と歯科領域との連携要因)
所属学会 日本在宅ケア学会、日本公衆衛生学会、日本静脈経腸栄養学会、日本在宅静脈経腸栄養学会、日本摂食嚥下リハビリテーション学会、日本看護研究学会、日本看護科学学会、日本在宅看護学会、日本民族衛生学会
公的な委員会等の役員・委員歴 2014年〜 日本静脈経腸栄養学会 学術評議員
2015年〜 日本静脈経腸栄養学会 小越章平記念Best Paper in The Year 選考委員
学外活動 ・2012年〜2013年 国立市認知症カフェ 運営スタッフ
・2013年〜 たまケアLIVE 運営スタッフ
・2015年〜 いただきますの会 運営スタッフ
・2017年〜 TOKYO EAT 世話人
居室・研究室 医学・看護教育研究棟713
メールアドレス shibasaki@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 月〜金 9:00〜17:00 実習で外に出ていることも多いので、事前にメールをいただけると確実です
学生・受験生へのメッセージ 学生時代に色々な経験をしてください。苦労も沢山してください。きっと将来の自分に役立つ経験になると思います。
このページのトップへ

PAGE TOP