大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:宮澤 永尚

教員紹介:宮澤 永尚


項目名 内容
氏名 宮澤 永尚
フリガナ ミヤザワ ノリタカ
職位 助教
所属教室
担当科目(学部) 血液・小児がん、一般小児科学
専門分野 小児科学
研究テーマ 未定
略歴 2007年3月 杏林大学医学部 卒業
2007年4月 杏林大学医学部付属病院 初期研修医
2009年4月 杏林大学医学部付属病院 小児科
2011年4月 稲城市立病院 小児科
2012年4月 杏林大学医学部付属病院 小児科
2014年4月 国立成育医療研究センター 小児がんセンター フェロー
2016年4月 杏林大学医学部付属病院 小児科 助教
所有する学位 学士(医学)
論文・著書等を含む主要研究業績 1.Clinical Characteristics and Risk Factor of Transplantation-associated Microangiopathy (TAM) in High-risk Neuroblastoma (NB) Undergoing Autologous Peripheral Blood Stem Cell Transplantation (auto-PBSCT):Advances Neuroblastoma Research (ANR) 2016, 2016/6/20, Cairns.
2.ビンクリスチンによる発熱の臨床像とリスク・ファクター:第57回日本小児血液がん学会学術集会, 2015/11/28, 甲府
3.自家末梢血幹細胞移植(PBCST)を行った神経芽腫32例における血栓性微小血管障害(TMA)の発症危険因子の検討:第37回日本造血細胞移植学会学術集会,2015/3/7,神戸
4.高分子量IGF-2による低血糖で発症した肝芽腫の1例:第55回日本小児血液がん学会学術集会, 2013/11/29, 福岡
所属学会 日本小児科学会
日本小児血液がん学会
日本血液学会
日本造血細胞移植学会
ひとことメッセージ 小児科は、臓器分野や疾患が多岐に渡り、また年齢や生活歴により鑑別疾患も異なるため、全身の診察や問診など医師として基本的な技術を身につけるのにうってつけの診療科です。
また、一般小児を礎とする専門分野は、成人と比べてその1例1例が希少であり、より専門的知識や経験が問われます。
幅も奥行きも深みもある小児科は、常に自分を医師として成長させてくれるやりがいのある職種であり、元気に帰っていく子供たちの笑顔に日々活力をもらっています。
このページのトップへ

PAGE TOP