大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:稲田 成作

教員紹介:稲田 成作


項目名 内容
氏名 稲田 成作
フリガナ イナダ ナリサク
職位 助教
所属教室
専門分野 整形外科外傷 
研究テーマ 家兎骨延長モデルにおけるPTH至適投与時期の検討
略歴 2004年 杏林大学医学部卒業
以降、杏林大学整形外科関連病院に出向
2014年 杏林大学 整形外科 
現在に至る
所有する学位 学士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 整形外科専門医
論文・著書等を含む主要研究業績 稲田成作,宝亀登,丸野秀人,大畑徹也,市村正一:橈骨遠位端関節内骨折の発症因子.骨折38(1) : 26-28 ,2016.
稲田成作,森脇孝博,五十嵐一峰:非転位型大腿骨頚部骨折における固定材料の術後telescopingが及ぼす大腿外側部痛の検討.骨折36(4) : 908-910 ,2014
稲田成作,佐藤俊輔,安部学,丸野秀人:背側転位型橈骨遠位端骨折の術後治療成績 掌側ロッキングプレートと背側ノンロッキングプレートの比較.骨折35(2) : 261-263 ,2013
稲田成作,丸野秀人,大畑徹也,高橋雅人,市村正一:足関節内果骨折とアキレス腱断裂を合併した1例.骨折 34(4) : 970-972 ,2012
所属学会 日本整形外科学会
東日本整形外科学会
関東整形災害外科学会
骨折治療学会
ひとことメッセージ 3次救急における整形外科外傷は、一般外傷と異なります。治療においては時間軸も重要な要素となると考えております。
このページのトップへ

PAGE TOP