大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:石井 晴之

教員紹介:石井 晴之


氏名
 
石井 晴之
イシイ ハルユキ ISHII, Haruyuki
職位 教授
学内の役職・委員等 教務委員, M3主担任
倫理委員会迅速審査委員
禁煙推進委員
専門研修プログラム副責任者
卒後臨床研修委員
所属教室

専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 呼吸器内科学(医学部)
担当科目(大学院) 呼吸器内科学(大学院)
専門分野 呼吸器病学、稀少肺疾患、胸部画像診断学
研究テーマ 呼吸器内科一般
特にびまん性肺疾患(肺胞蛋白症、間質性肺炎)の臨床研究、疫学研究、基礎研究(肺胞マクロファージの形態解析)
略歴 1993年 昭和大学医学部卒業
2003年 New York州立Stoony Brook校留学
第12回東京呼吸病態研究会 研究奨励賞受賞
第104回日本ACCP日本部会賞受賞
第54回日本呼吸器学会学術部会優秀賞受賞
杏林大学医学部Teacher of the Year 2013受賞
杏林大学医学部Teacher of the Year 2014受賞
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医・評議員
日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医・代議員
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医・指導医
日本肺サーファクタント・界面医学会評議員
東京都難病指定医
身体障害者指定医(呼吸器機能障害)
論文・著書等を含む主要研究業績 1) Nakata K,(略), Ishii H,(略), Kitamura N. Validation of a new serum granulocyte-macrophage colony-stimulating factor autoantibody testing kit. ERJ Open Res. 2020 Jan 27;6(1). pii: 00259-2019. doi: 10.1183/23120541.00259-2019.
2) Aso J, Kimura H, Ishii H, Saraya T, Kurai D, Matsushima Y, Nagasawa K, Ryo A, Takizawa H. Molecular Evolution of the Fusion Protein (F) Gene in Human Respirovirus 3. Front Microbiol. 2020 Jan 15;10:3054. doi: 10.3389/fmicb.2019.03054. eCollection 2019.
3) Ishii H. Knowledge of Secondary Pulmonary Alveolar Proteinosis Complicated With Myelodysplastic Syndrome. Intern Med. 2019 Dec 26. doi: 10.2169/internalmedicine.4193-19.
4) Aso J, Kimura H, Ishii H, Saraya T, Kurai D, Nagasawa K, Matsushima Y, Ryo A, Takizawa H. Molecular evolution of the hemagglutinin-neuraminidase (HN) gene in human respirovirus 3.
Virus Res. 2019 Nov 26;277:197824. doi: 10.1016/j.virusres.2019.197824.
5) Matsushima Y, Mizukoshi F,(略),Ishii H,(略), Kimura H. Evolutionary Analysis of the VP1 and RNA-Dependent RNA Polymerase Regions of Human Norovirus GII.P17-GII.17 in 2013-2017. Front Microbiol. 2019 Sep 27;10:2189. doi: 10.3389/fmicb.2019.02189. eCollection 2019.
6) Saraya T, Fujiwara M, Yokoyama T, Takata S, Oka T, Ishii H, Takizawa H. Pathological and Radiological Correlation in Prolonged Myeloperoxidase Anti-neutrophil Cytoplasmic Antibody-related Diffuse Alveolar Hemosiderosis. Intern Med. 2020 Feb 1;59(3):415-419. doi: 10.2169/internalmedicine.3107-19. Epub 2019 Oct 7.
7) Inoue D, Marumo S, Ishii H, Fukui M. Secondary pulmonary alveolar proteinosis during corticosteroid therapy for organising pneumonia associated with myelodysplastic syndrome. BMJ Case Rep. 2019 Sep 18;12(9). pii: e231055. doi: 10.1136/bcr-2019-231055.
8) Nakamoto K, Watanabe M, Sada M, Inui T, Nakamura M, Honda K, Wada H, Ishii H, Takizawa H. Pseudomonas aeruginosa-derived flagellin stimulates IL-6 and IL-8 production in human bronchial epithelial cells: A potential mechanism for progression and exacerbation of COPD. Exp Lung Res. 2019 Oct;45(8):255-266. doi: 10.1080/01902148.2019.1665147.
9) Tazawa R,(略), Ishii H,(略), Nakata K. Inhaled GM-CSF for Pulmonary Alveolar Proteinosis. N Engl J Med. 2019 Sep 5;381(10):923-932. doi: 10.1056/NEJMoa1816216.
10) Nishizawa T, Niikura Y, Akasaka K, Watanabe M, Kurai D, Amano M, Ishii H, Matsushima H, Yamashita N, Takizawa H. Pilot study for risk assessment of aspiration pneumonia based on oral bacteria levels and serum biomarkers. BMC Infect Dis. 2019 Sep 2;19(1):761. doi: 10.1186/s12879-019-4327-2.
学術振興会 基盤研究C
研究期間:R2-4年 研究課題:骨髄異形成症候群に合併した肺胞蛋白症のドライバー遺伝子変異の解析.
研究代表者:石井晴之、研究経費:330万円
学術振興会 基盤研究B(海外学術調査)
研究期間:H26年-28年 研究課題:骨髄異形成症候群に合併した続発性肺胞蛋白症の国際共同研究.
研究代表者:石井晴之、研究経費 1200万円
学術振興会 基盤研究C(一般)
研究期間:平成23-25年 研究課題:Densitometryを用いた肺胞蛋白症における高分解能CT所見の意義.
研究代表者:石井晴之、研究経費 330万円
所属学会 日本内科学会
日本呼吸器学会(びまん性肺疾患学術部会役員)
日本呼吸器内視鏡学会
日本肺サーファクタント・界面医学会
日本感染症学会
日本肺癌学会
American Thoracic Society Member
European Respiratory Society Member
Asian Pacific Society of Respirology Member
ACCP日本部会
学外活動 弘前大学呼吸器内科学 非常勤講師
ひとことメッセージ 医学生の皆さん、学問は興味をもつことからスタートします。そのためには多くの知識や情報がないと疑問が生まれません。授業や病院実習を通じて、なぜ?、どうして?という思考をもつことを意識するだけでレベルアップしますよ。
このページのトップへ

PAGE TOP