大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:勝目 有美

教員紹介:勝目 有美


氏名
 
勝目 有美
カツメ ユミ KATSUME, Yumi
職位 助教
所属教室

専攻・専門分野
 (大学院)
専門分野 不整脈、カテーテルアブレーション
研究テーマ カテーテルアブレーションにおける合併症および予防に関する検討
動態撮影によるクライオバルーンアブレーション後の横隔神経麻痺の経過に関する検討
略歴 <経歴>
2012年3月杏林大学医学部医学科 卒業
2014年3月杏林大学医学部付属病院 臨床研修修了
2014年4月杏林大学医学部 循環器内科学 医員
2017年4月仙台厚生病院心臓血管センター循環器内科 後期研修(1年出向)
2021年4月杏林大学医学部 循環器内科学 助教

<受賞歴>
平成25年度杏林大学医学部付属病院ベスト研修医
第30回日本冠疾患学会学術集会Wine & Cheese最優秀演題賞
平成29年度杏林大学医学部付属病院マイ・ベスト指導医
平成30年度杏林大学医学部付属病院マイ・ベスト指導医
第50回臨床心臓電気生理研究会優秀演題賞
所有する学位 学士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医
論文・著書等を含む主要研究業績 1.Katsume Y, Ueda A, Mohri T, Tashiro M, Momose Y, Nonoguchi N, Hoshida K, Miwa Y, Togashi I, Sato T, Soejima K: Assessing the perforation site of cardiac tamponade during radiofrequency catheter ablation using gas analysis of pericardial effusion. Heart Rhythm O2 1(4):268-274, 2020.
2. Katsume Y, Isawa T, Toi Y, Fukuda R, Kondo Y, Sugawara S, Ootomo T: Complete Atrioventricular Block Associated with Pembrolizumab-induced Acute Myocarditis: The Need for Close Cardiac Monitoring. Internal Medicine 57(21):3157-3162, 2018.
所属学会 日本内科学会
日本循環器学会
日本不整脈心電学会
このページのトップへ

PAGE TOP