大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:野口 明男

教員紹介:野口 明男


氏名
 
野口 明男
ノグチ アキオ NOGUCHI, Akio
職位 准教授
学内の役職・委員等 病棟医長、DPC保健委員委員長代理、リスクマネージメント委員
所属教室

専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 脳神経外科
専門分野 良性腫瘍、頭蓋底腫瘍、脳血管障害
研究テーマ 頭蓋底解剖と術野の定量解析
略歴 1991年3月杏林大学医学部卒業
1997年7月日本脳神経外科学会専門医取得
2001年7月オレゴン健康科学大学頭蓋底研究室フェロー
2010年4月杏林大学脳神経外科講師
2020年4月現職

2000年4月医学博士
2000年5月日本脳腫瘍病理学会優秀賞
2000年12月杏林大学医学部医学会賞
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳卒中の外科技術指導医
日本脳卒中学会専門医・指導医
日本認知症学会専門医・指導医
日本頭痛学会専門医
死体解剖資格認定医
難病・小児慢性特定疾病指定医
臨床研修医指導医
論文・著書等を含む主要研究業績 Cheng-Mao Cheng, Noguchi A, Aclan Dogan, Gregory J. Anderson, Frank P. K. Hsu, McMenomey SO and Delashaw JB Jr., Quantitative verification of the keyhole concept: a comparison of area exposure in the parasellar region via supra orbital keyhole, frontotemporal paterional, and supraorbital approaches. J Neurosurg, 2013, 118, 264-269
Honda Y, Noguchi A, Maruyama K et al. Volumetric analysis of cerebral white matter hyperintensity lesions on magnetic resonance imaging in a Japanese population undergoing medical check-up. Geriatr Gerontol Int 15 (sulli. 1) : 43-47, 2015
Noguchi A, Balasingam V, Shiokawa Y, McMenomey SO and Delashaw JB Jr., Extradural anterior clinoidectomy. Technical note, J Neurosurg, 2005, 102, 945-50
Balasingam V, Noguchi A, McMenomey S. O and Delashaw JB Jr : Frontotemporal-Orbitozygomatic approach. Neurosurgery Quarterly, 2005, 15(2), 113-121
Noguchi A, Balasingam V, McMenomey SO and Delashaw JB Jr., Supraorbital craniotomy for parasellar lesions. Technical note, J Neurosurg, 2005, 102, 951-5
Noguchi A, Ito N, Sawa H1, Nagane M, Hara M2, Saito I(1Hokuto Hospital, Obihiro, 2Department of Neurosurgery, Osaka City University Medical School, Osaka): Phenotypic changes associated with exogenous expression of p16INK4a in human glioma cells. Brain Tumor Pathology 18:73-81, 2001.
所属学会 日本脳神経外科学会(代議員・保険委員会委員)
日本脳卒中学会(代議員)
日本脳卒中の外科学会(代議員)
日本認知症学会
日本頭痛学会
日本脳神経外科頭蓋底学会
公的な委員会等の役員・委員歴 厚生労働省死体解剖資格認定医
東京都身体障害者福祉法第15条指定医
東京都公安委員会認定医
学外活動 NPO法人国際医療ボランティア活動参加
このページのトップへ

PAGE TOP