大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:渡邉 正中

教員紹介:渡邉 正中


氏名
 
渡邉 正中
ワタナベ マサナカ WATANABE, Masanaka
職位 助教
所属教室

担当科目(学部) 放射線診断学
専門分野 泌尿器科領域の画像診断
研究テーマ MRIを用いた膀胱癌の壁深達度評価について
略歴 2012年 杏林大学医学部附属病院にて初期研修開始
2014年 同初期研修終了
2014年 杏林大学医学部附属病院放射線医学教室入局、後期研修開始
2017年 同後期研修終了
2020年 杏林大学医学部附属病院放射線医学助教に就任
所有する学位 学士(医学)、学士(地球惑星科学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 放射線科診断専門医
論文・著書等を含む主要研究業績 1. Watanabe M, Machida H, Fukushima K, Kariyasu T, Nishikawa M, Yoshioka T, Shimizu Y, Takahashi S, Tateishi H, Taguchi S, Tanbo M, Fukuhara H, Yokoyama K: Clinical usefulness of thin-slice T2-weighted imaging using a 3T MR scanner with deep learning reconstruction for VI-RADS evaluation of bladder cancer. Radiological Society of North America 2019 (RSNA 2019), America, December 1-6th, 2019.

2. Watanabe M, Machida H, Fukushima K, Kariyasu T, Nishikawa M, Yoshioka T, Shimizu Y, Takahashi S, Tateishi H, Taguchi S, Tanbo M, Fukuhara H, Yokoyama K: Be Familiar with VI-RADS A Pictorial Review Regarding Multiparametric MRI for Bladder: What the Radiologist and Radiological Technologist Need to Know. Radiological Society of North America 2019 (RSNA 2019), America, December 1-6th, 2019.
所属学会 日本医学放射線学会
日本IVR学会
日本脳神経CI学会
ひとことメッセージ 正確な診断や迅速な治療に貢献できるように、日々丁寧な業務を心がけています。
このページのトップへ

PAGE TOP