大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:堅田 智久

教員紹介:堅田 智久


氏名
 
堅田 智久
カタダ トモヒサ KATADA, Tomohisa
職位 助教
所属教室

専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 薬理学
専門分野 発生生物学
研究テーマ アフリカツメガエルおよびマウスを用いて、輸送体(トランスポーター)の発生期における発現と機能の解析を行っている。
略歴 2004年 博士(理学)学位取得(関西学院大学)
2004年 博士研究員(関西学院大学)
2005年 民間企業 主任研究員
2008年 バイオベンチャー企業 拠点リーダー
2009年 杏林大学医学部薬理学教室助教
2011年 Washington University in St.Louis Staff Scientist (Prof. Raphael Kopan lab.)
2013年 杏林大学医学部薬理学教室助教
所有する学位 博士(理学)
論文・著書等を含む主要研究業績 Katada T and Sakurai H
“Xenopus slc7a5 is essential for notochord function and eye development”
Mech. Dev., 155: 48-59 (2019)

Yugo Ito, Kan Katayama, Yukino Nishibori, Yoshihiro Akimoto, Akihiko Kudo, Ryota Kurayama, Ichiro Hada, Toru Kimura, Toshiyuki Fukutomi, Tomohisa Katada, Junichi Suehiro, Olga Beltcheva, Karl Tryggvason, and Kunimasa Yan
“Wolf-Hirschhorn syndrome candidate 1-like 1 epigenetically regulates nephrin gene expression”
Am. J. Phisiol. Renal Physiol., 312: F1184-F1199 (2017)

Hisashi Takagi, Yukino Nishibori, Kan Katayama, Tomohisa Katada, Shohei Takahashi, Zentaro Kiuchi, Shin-Ichiro Takahashi, Hiroyasu Kamei, Hayato Kawakami, Yoshihiro Akimoto, Akihiko Kudo, Katsuhiko Asanuma, Hiromu Takematsu, and Kunimasa Yan
"USP40 gene knockdown disrupts glomerular permeability in zebrafish"
Am. J. Phisiol. Renal Physiol., 312: F702-F715 (2017)

Katada T and Sakurai H
“Proper Notch activity is necessary for the establishment of proximal cells and differentiation of intermediate, distal, and connecting tubule in Xenopus pronephros development”
Dev. Dyn., 245: 472-482 (2016)
所属学会 日本動物学会、日本分子生物学会、日本発生生物学会、日本腎臓学会、日本薬理学会、Xenopus Community in Japan
ひとことメッセージ 人一たびして之を能くすれば、己之を百たびし、人十たびして之を能くすれば、己之を千たびす。
このページのトップへ

PAGE TOP