大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:苣田 慎一

教員紹介:苣田 慎一


氏名
 
苣田 慎一
チサダ シンイチ CHISADA, Shinichi
職位 講師
所属教室

専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 医学部6年生:公衆衛生学
医学部3年生:衛生学
医学部2年生:人文・生命科学特論
医学部1年生:プレチュートリアルI
専門分野 生化学、生理学、分子細胞生物学、公衆衛生学、毒性学
研究テーマ ・食習慣と糖尿病、糖尿病網膜症・白内障、小型魚類を用いた疾患モデルの解析
・マイクロプラスチックの生体影響の解析
略歴 【学歴】
2004年3月 九州大学農学部生物資源環境学科卒業
2006年3月 九州大学大学院生物資源環境科学府修士課程終了
2009年3月 九州大学大学院生物資源環境科学府博士課程終了(学位取得)

【職歴】
2006年4月-2009年3月 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
2009年4月 独立行政法人水産総合研究センター養殖研究所
     (現国立研究開発法人水産総合研究センター増養殖研究所) 博士研究員
2014年4月 大学共同利用法人自然科学研究機構基礎生物学研究所 博士研究員
2016年4月 杏林大学 助教(医学部衛生学公衆衛生学教室)
2021年4月 杏林大学 学内講師(医学部衛生学公衆衛生学教室)

【受賞歴】
2014年12月 ポスター賞,7th Aquatic Animal Models of Human Disease Conference(Austin, Texas)
2018年3月 日本毒性病理学会JTP学術賞奨励賞
2020年10月 第9回杏林医学会研究奨励賞
所有する学位 博士(農学)
論文・著書等を含む主要研究業績 【論文】
1) Chisada S, Yoshida M, Karita K: Polyethylene microbeads are more critically toxic to the eyes and reproduction than the kidneys or growth in medaka, Oryzias latipes.
Environmental pollution, 268(Pt B):115957,2021.
2) Chisada S, Yoshida M, Karita K: Ingestion of polyethylene microbeads affects the growth and reproduction of medaka, Oryzias latipes.
Environmental pollution, 254(Pt B):113094,2019.
3) Chisada S and Sugiyama A: Renal lesions in leptin receptor-deficient medaka (Oryzias latipes).
Journal of Toxicologic Pathology,32(4): 297-303,2019.
4) Chisada S, Hirako A, Sugiyama A: Ocular lesions in leptin receptor-deficient medaka (Oryzias latipes).
Journal of Toxicologic Pathology 31(1): 65-72,2018.
5) Chisada S, Yoshiura Y, et al.: Leptin receptor-deficient (knockout) medaka, Oryzias latipes, show chronical up-regulated levels of orexigenic neuropeptides, elevated food intake and stage specific effects on growth and fat allocation.
General and Comparative Endocrinology 195: 9-20,2014.
6) Chisada S, Ito M, et al.: Vibrios adhere to epithelial cells in the intestinal tract of red sea bream, Pagrus major, utilizing GM4 as an attachment site.
FEMS Microbiology Letters 341: 18-26,2013.
7) Chisada S, Yoshiura Y, et al.: Myostatin-deficient medaka exhibit a double-muscling phenotype with hyperplasia and hypertrophy, which occur sequentially during post-hatch development.
Developmental Biology 359: 82-94,2011.
8) Chisada S, Ito M, et al.: Zebrafish and mouse alpha 2,3-syalyltransferase responsible for synthesizing GM4 ganglioside.
Journal of Biological Chemistry 284: 30534-30546,2009.
(その他11編.*5-8)は筆頭著者名と責任著者名を表示.)

【著書】
分担執筆
1) 成瀬清, 苣田慎一, 竹花佑介: 各論XI-1_魚類
[記載内容;実験で用いるメダカの特徴や飼育方法]
実験動物の技術と応用_入門編_増補改訂版, 編者;公益社団法人日本実験動物協会, 発行所;株式会社アドスリー, 2021年4月.
2) 成瀬清, 苣田慎一, 竹花佑介: 各論XI-1_魚類
[記載内容;1)の情報に加えて、健康状態を見極める方法、卵の消毒方法、麻酔方法等]
実験動物の技術と応用_実践編_増補改訂版, 編者と発行所は1)と同じ. 2021年4月.
3) Chisada S and Kamei Y: Chapter 1(Medaka Management)
[記載内容;1-2)の情報に加えて、実験器具、給餌量と体重変化の関係、掃除方法等]
Medaka: Biology, Management, and Experimental Protocols, Volume2, Murata K et al. (eds), Wiley-Blackwell, USA, 2019 Nov.

【代表者としての科研費】
1) 基盤研究C(2019-2021年度)
2) 若手研究B(2015-2018年度)
3) 特別研究員奨励費(2006-2008年度)

【特許】
1) 特願2018-173609 : 糖尿病網膜症、白内障及び/又は腎症モデル実験動物
(発明者:苣田慎一, 杉山晶彦)
2) 特開2014-147378 : 飼料効率の高い魚類の養殖方法
(発明者:吉浦康寿, 黒川忠英, 苣田慎一, 村下幸司)
所属学会 日本公衆衛生学会、日本衛生学会、日本毒性病理学会
学外活動 2017年~ 武蔵野大学看護学部 非常勤講師(公衆衛生学)
2019年~ 帝京大学医学部 非常勤講師(公衆衛生学・医学情報実習)
このページのトップへ

PAGE TOP