大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:木内 善太郎

教員紹介:木内 善太郎


氏名
 
木内 善太郎
キウチ ゼンタロウ
職位 助教
所属教室

専攻・専門分野
 (大学院)
専門分野 小児科学、小児腎臓病学、小児膠原病学
研究テーマ ・ GLCCI1 を介した糖質ステロイド感受性・抵抗性機序の解明
略歴 2007年4月 杏林大学医学部付属病院 初期臨床研修 開始
2009年3月 杏林大学医学部付属病院 初期臨床研修 修了
2009年4月 杏林大学医学部 小児科 レジデント
2010年4月 稲城市立病院 小児科 専修医
2011年4月 杏林大学医学部 小児科
2014年3月 杏林大学大学院医学研究科 内科系小児科学 修了 (医学博士学位取得: 杏林大学)
2014年4月 国立成育医療研究センター病院 腎臓・リウマチ・膠原病科 フェロー
2015年4月 杏林大学医学部 小児科 任期制助教
2019年5月 Massachusetts General Hospital / Harvard Medical School, Endocrine Unit, Research Fellow
2021年1月 国立成育医療研究センター病院 放射線診断科 レジデント
2021年4月 杏林大学医学部 小児科 助教

受賞歴:第9回杏林医学会研究奨励賞
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 小児科専門医、指導医
腎臓専門医
論文・著書等を含む主要研究業績 1. Kiuchi Z, Reyes M, Jüppner H: Preferential Maternal Transmission of STX16-GNAS Mutations Responsible for Autosomal Dominant Pseudohypoparathyroidism Type Ib (PHP1B): Another Example of Transmission Ratio Distortion. J Bone Miner Res. Apr;36(4):696-703, 2021.

2. Kiuchi Z, Nishibori Y, Kutsuna S, Kotani M, Hada I, Kimura T, Fukutomi T, Fukuhara D, Ito-Nitta N, Kudo A, Takata T, Ishigaki Y, Tomosugi N, Tanaka H, Matsushima S, Ogasawara S, Hirayama Y, Takematsu H, Yan K: GLCCI1 is a novel protector against glucocorticoid-induced apoptosis in T cells. FASEB J. Jun;33(6):7387-7402, 2019.

3. Kiuchi Z, Ogura M, Sato M, Kamei K, Ishikura K, Abe J, Ito S: No preventive or therapeutic efficacy of infliximab against macrophage activation syndrome due to systemic juvenile idiopathic arthritis. Scand J Rheumatol. May;48(3):246-248, 2019.
所属学会 日本小児科学会
日本小児腎臓病学会
日本腎臓病学会
日本小児リウマチ学会  
日本リウマチ学会
このページのトップへ

PAGE TOP