大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:下田 由莉江

教員紹介:下田 由莉江


氏名
 
下田 由莉江
シモダ ユリエ SHIMODA-KOMATSU, Yurie
職位 助教
所属教室

専攻・専門分野
 (大学院)
専門分野 発汗障害、皮膚付属器疾患、皮膚感染症
研究テーマ アトピー性皮膚炎等の皮膚疾患における発汗障害について。
汗腺を標的とした自己免疫性疾患における汗腺・汗管の免疫学的特権の破綻の関与について。
略歴 2009年 杏林大学医学部 卒業
2011年 初期研修終了(杏林大学病院)
2011年 杏林大学皮膚科学教室 入局
2015年 杏林大学 大学院卒業
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本皮膚科学会皮膚科専門医
論文・著書等を含む主要研究業績 1. Shimoda-Komatsu Y, Mizukawa Y, Takayama N, Ohyama M. Cutaneous Adverse Events Induced by Azacitidine in Myelodysplastic Syndrome Patients: Case Reports and a Lesson From Published Work Review. J Dermatol 47:363-368, 2020.
2. Shimoda-Komatsu Y, Kinoshita-Ise M, Shimoyamada H,Ohyama M. Chronological observation of surgically-treated granuloma faciale implies the necessity of circumspect management for perinasal nodular subset. J Dermatol 2018.
3.Shimoda-Komatsu Y, Sato Y, Yamazaki Y, Takahashi R, Shiohara T.A novel method to assess the potential role of sweating abnormalities in the pathogenesis of atopic dermatitis.Exp Dermatol 27: 386-392, 2018.
4. Shimoda Y, Sato Y, Hayashida Y1, Yamazaki Y, Mizukawa Y, Nakajima K, Shiohara T, Aoyama Y : Lichen amyloidosus as a sweat gland/duct-related disorder: resolution associated with restoration of sweating disturbance. Br J Dermatol 176: 1308-1315, 2017.
5. Komatsu Y, Okazaki A, Hirahara K, Araki K, Shiohara T: Differences in Clinical Features and Outcomes between Group A and Group G Streptococcus-Induced Cellulitis. Dermatology 230: 244-249, 2015.
所属学会 日本皮膚科学会
日本研究皮膚科学会
このページのトップへ

PAGE TOP