大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:小林 陽一

教員紹介:小林 陽一


氏名
 
小林 陽一
コバヤシ ヨウイチ KOBAYASHI, Yoichi
職位 教授
学内の役職・委員等 診療科長
がんセンター副センター長
所属教室

専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 産科婦人科学A1, A7(子宮頸部悪性腫瘍、子宮体部悪性腫瘍)、産科婦人科学子宮腫瘍
担当科目(大学院) 産科婦人科学
専門分野 婦人科がん、子宮内膜症、メラトニン、癌幹細胞
研究テーマ 子宮内膜症性嚢胞の癌化に関する新規バイオマーカーの探索、メラトニンと婦人科癌、卵巣癌幹細胞の特性解析、卵巣明細胞癌におけるメトフォルミンの効果
略歴 1986年 慶應義塾大学医学部卒業
1990年 慶應義塾大学医学部産婦人科助手
1992年 大田原赤十字病院産婦人科副部長
1995年 聖マリアンナ医科大学産婦人科助手
1998年 聖マリアンナ医科大学産婦人科講師
2002年 米国バーナム癌研究所留学 
2007年 聖マリアンナ医科大学産婦人科准教授
2010年7月 杏林大学医学部産科婦人科准教授
2014年10月 同臨床教授
2018年4月 同教授
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本産科婦人科学会専門医・指導医、日本婦人科腫瘍学会腫瘍専門医・指導医、日本臨床腫瘍学会暫定指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医・指導医、日本臨床細胞学会細胞診専門医・指導医、日本女性医学学会女性ヘルスケア専門医・指導医、日本肉腫学会専門医・指導医、日本遺伝性腫瘍学会遺伝性腫瘍指導医
論文・著書等を含む主要研究業績 1] Tanaka K, Harata G, Miyazawa K, Fang HE, Tanigaki S, Kobayashi Y. The gut microbiota of non-obese Japanese pregnant women with gestational diabetes mellitus. Biosci Microb Food H 41:4-11, 2022.
2] Machida H, Matsuo K, Kobayashi Y, Momomura M, Takahashi F, Tabata T, Kondo E, Yamagami W, Ebina Y, Kaneuchi M, Nagase S, Mikami M. Significance of histology and nodal status on the survival of women with early-stage cervical cancer: Validation of the 2018 FIGO cervical cancer staging system. J Gynecol Oncol 2022, in press
3] Takemori S, Tanigaki S, Nozu K, Yoshihashi H, Uchiumi Y, Sakaguchi K, Tshushima K, Kitamura A, Kobayashi Y. Prenatal diagnosis of MAGED2 gene mutation causing transient antenatal Bartter syndrome. Eur J Med Genet 64:104308. Doi: 10.1016/j.ejmg.2021.104308.
4] Yoichi Kobayashi, Kiyono Osanai, Kei Tanaka, Yoshiko Nishigaya, Hironori Matsumoto, Mai Momomura, Masamichi Hashiba, Shizuka Mita, Satoru Kyo, Mitsutoshi Iwashita. Endometriotic cyst fluid induces of reactive oxygen species (ROS) in human immortalized epithelial cells derived from ovarian endometrioma. Redox Rep 22:361-366, 2017.
5] Kazuhiro Sugihara, Yoichi Kobayashi, Atsushi Suzuki, Naoaki Tamura, Khatereh Motamedchaboki, Chun-Teng Huang, Tomoya Akama, Jerilyn Pecotte, Pat Frost, Cassondra Bauer, Joe Jimenez Jr, Jun Nakayama, Daisuke Aoki, Michiko N Fukuda. Development of pro-apoptotic peptides as potential therapy for peritoneal endometriosis. Nat Commun. Jul22, 2014. Doi:10.1038/ncomms5478.
所属学会 日本産科婦人科学会(理事)、東京産科婦人科学会(常務理事・編集担当)、日本婦人科腫瘍学会(理事)、日本ヒト細胞学会(理事)、日本エンドメトリオーシス学会(理事)、日本臨床細胞学会(評議員)、日本産科婦人科内視鏡学会(評議員)、JSAWI(世話人)、日本女性医学学会(代議員)、日本遺伝性腫瘍学会(評議員)、産婦人科漢方研究会(世話人)、日本肉腫学会、日本癌学会、日本癌治療学会、日本臨床腫瘍学会、日本産婦人科手術学会、日本女性骨盤底医学会、日本骨盤臓器脱手術学会、日本腫瘍循環器学会、日本周産期・新生児医学学会、日本生殖医学学会、日本産婦人科新生児血液学会、International Gynecologic Cancer Society
学外活動 東京産科婦人科学会雑誌編集委員長
Journal of Obstetrics and Gynaecology Research 査読委員
International Journal of Clinical Oncology 査読委員
Gynecologic Oncology 査読委員
International Journal of Obstetrics and Gynecology 査読委員
ひとことメッセージ 産婦人科は妊娠出産に関与するだけではなく、女性内科であり女性骨盤外科でもあります。沢山のことを学びたい方は是非お尋ねください。
関連サイト 産科婦人科学教室ホームページ(学生・研修医向け)
このページのトップへ

PAGE TOP