大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:高山 信之

教員紹介:高山 信之


項目名 内容
氏名 高山 信之
フリガナ タカヤマ ノブユキ
職位 教授
学内の役職・委員等 血液内科診療科長
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 血液病学
担当科目(大学院) 血液病学
専門分野 血液病学、造血器腫瘍の治療、造血幹細胞移植
研究テーマ 造血幹細胞移植による造血器腫瘍の治療
略歴 1984年 慶應義塾大学医学部卒
1984年 慶應義塾大学院医学研究科入学
1988年 同 修了
1988年 慶應義塾大学医学部助手 
1989年 慶應義塾大学病院内科研修医
1991年 水戸赤十字病院
1993年 慶應義塾大学医学部助手
2002年 杏林大学医学部講師
2005年 杏林大学医学部准教授
2011年 杏林大学医学部臨床教授
所有する学位 医学博士
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本内科学会認定内科医
日本内科学会認定内科専門医
日本血液学会認定医
日本血液学会指導医
論文・著書等を含む主要研究業績 1) Nagai H, Ogura M, Kusumoto S, Takahashi N, Yamaguchi M, Takayama N, Kinoshita T, Motoji T, Ohyashiki K, Kosugi H, Matsuda S, Ohnishi K, Omachi K, Hotta T: Cladribine combined with rituximab (R-2-CdA) therapy is an effective salvage therapy in relapsed or refractory indolent B-cell non-Hodgkin lymphoma. Eur J Haematol 86: 117-123,2011
2) Takayama N, Sato N, O’Brien SG, Ikeda Y & Okamoto S: Imatinib mesylate has limited activity against the central nervous system involvement of Philadelphia chromosome-positive acute lymphoblastic leukemia. Br J Haematol 119: 106~108, 2002.
3) Takayama N, Kizaki M, Hida T, Kinjo K & Ikeda Y : Novel mutation in the PML/RARα chimeric gene exhibits dramatically decreased ligand-binding activity and confers acquired resistance to retinoic acid in acute promyelocytic leukemia. Exp Hematol 29: 864~872, 2001.
所属学会 日本内科学会
日本血液学会
日本癌学会
日本造血細胞移植学会
日本感染症学会
付属病院ホームページ ドクター紹介(2011年09月26日公開)
このページのトップへ

PAGE TOP