大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:高橋 和人

教員紹介:高橋 和人


項目名 内容
氏名 高橋 和人
フリガナ タカハシ カズト
職位 助教
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
専門分野 インスリン抵抗性発症機序の解明
研究テーマ 脂肪細胞より分泌されるアディポカインはインスリン抵抗性制御に密接に関連していると考えられています。しかしこれらの制御機構には不明な点が多いいため、その解明を目的として研究しています。
さらに、最近注目を集めている糖尿病骨代謝異常の基盤病態を明らかにすることに関しても検討を加えております。
略歴 2000年3月大分医科大学(現大分大学)医学部卒業
2000年5月杏林大学医学部第三内科入局
2002年4月杏林大学大学院医学研究科入学
2006年3月同課程修了
2010年4月第三内科(糖尿病・内分泌・代謝内科)助教
所有する学位 博士(医学)
論文・著書等を含む主要研究業績 Takahashi K, Miyokawa-Gorin K, Handa K, Kitahara A, Moriya R, Onuma H, Sumitani Y,Tanaka T, Katsuta H, Nishida S, Ohno H, Ishida H.
Endogenous oxidative stress induces hypoxia-independent VEGF120 release via PI3K-dependent pathways in 3T3-L1 adipocytes.
Obesity 21: 1615-1624, 2013.

Miyokawa-Gorin K*, Takahashi K*, Handa K, Kitahara A, Sumitani Y, Katsuta H, Tanaka T, Nishida S, Yoshimoto K, Ohno H, Ishida H.(*equally contributed)
Induction of mitochondrial uncoupling enhances VEGF120 but reduces MCP-1 release in mature 3T3-L1 adipocytes: possible regulatory mechanism through endogenous ER stress and AMPK-related pathways.
Biochem Biophys Res Commun 419: 200-205, 2012.

Takahashi K, Yamaguchi S, Shimoyama T, Seki H, Miyokawa K, Katsuta H, Tanaka T, Yoshimoto K, Ohno H, Nagamatsu S, and Ishida H.
JNK- and IκB-dependent pathways regulate MCP-1 but not adiponectin release from artificially hypertrophied 3T3-L1 adipocytes preloaded with palmitate in vitro.
Am J Physiol Endocrinol Metab 294: E898-E909, 2008.
所属学会 日本内科学会
日本糖尿病学会
日本内分泌学会
日本肥満学会
日本栄養・食糧学会
日本病態栄養学会
このページのトップへ

PAGE TOP