大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:楊 國昌

教員紹介:楊 國昌


項目名 内容
氏名 楊 國昌
フリガナ ヤン クニマサ
職位 教授
学内の役職・委員等 周産期センター長
治験審査委員会委員長
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 腎臓病、水・電解質、先天代謝異常、膠原病
担当科目(大学院) 小児科学演習、小児免疫学
専門分野 腎臓病学 膠原病学
研究テーマ 糸球体疾患の増悪進展機序の解明とステロイド代替薬の創薬化研究 
略歴 1980年 3月 杏林大学医学部医学科卒業
1980年 5月 杏林大学医学部小児科研修医
1982年 4月 社会福祉法人賛育会病院小児科医員
1983年 4月 新潟県立六日町病院小児科医員
1984年 4月 東京都立清瀬小児病院腎臓内科
1985年 4月 杏林大学医学部小児科学助手
1986年 4月 東京都立成東児童保健院医員
1988年 4月 社会福祉法人三井記念病院小児科医員
1993年 4月 杏林大学医学部小児科学助手 
1995年 4月 杏林大学医学部小児科学講師
2000年 4月 カロリンスカ研究所招請教授(Dept. of
    Medical Biochemistry and Biophysics,
    Prof. Karl Tryggvason)
2001年 4月 杏林大学医学部小児科学講師
2002年 4月 同助教授
2008年 4月 同 教授
2013年 4月 同主任教授
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本小児科学会: 専門医  
日本腎臓学会: 指導医 専門医
論文・著書等を含む主要研究業績 1.Ito Y, Katayama K, Nishibori Y, Akimoto Y, Kudo A, Kurayama R, Hada I, Takahashi S, Kimura T, Fukutomi T, Katada T, Suehiro J, Beltcheva O, Tryggvason K, Yan K (correspondence): Wolf-Hirschhorn syndrome candidate 1-like 1 epigenetically regulates nephrin gene expression. Am J Physiol Renal Physiol 312(6):F1184-F1199 2017.
2. Takagi H, Nishibori Y, Katayama K, Katada T, Takahashi S, Kiuchi Z, Takahashi S, Kamei H, Kawakami H, Akimoto Y, Kudo A, Asanuma K, Takematsu H, Yan K (correspondence): USP40 gene knockdown disrupts glomerular permeability in zebrafish. Am J Physiol Renal Physiol 2017 Apr 1;312(4):F702-F715.
3. Fukuhara D, Takiura T, Keino H, Okada AA, Yan K (correspondence): Iatrogenic Cushing's Syndrome Due to Topical Ocular Glucocorticoid Treatment. Pediatrics. 2017 Jan 19. pii: e20161233.
4. Yan K (correspondence), Ito N, Nakajo A, Kurayama R, Fukuhara D, Nishibori Y, Kudo A, Akimoto Y, Takenaka H: The struggle for energy in podocytes leads to nephrotic syndrome. Cell Cycle 11:1504-1511, 2012.
5. Ito N, Nishibori Y, Ito Y, Takagi H, Akimoto Y, Kudo A, Asanuma K, Sai Y, Miyamoto KI, Takenaka H, Yan K (correspondence): mTORC1 activation triggers the unfolded protein response in podocytes and leads to nephrotic syndrome. Lab Invest 91:1584-1595, 2011.
6. Kurayama R, Ito N, Nishibori Y, Fukuhara D, Akimoto Y, Higashihara E, Ishigaki Y, Sai Y, Miyamoto K, Endou H, Kanai Y, Yan K (correspondence): Role of amino acid transporter LAT2 in the activation of mTORC1 pathway and the pathogenesis of crescentic glomerulonephritis. Lab Invest 81:992-1006, 2011.
7. Sekine Y, Nishibori Y, Akimoto Y, Kudo A, Ito N, Fukuhara D, Kurayama R, Higashihara E, Babu E, Kanai Y, Asanuma K, Nagata M, Majumdor A, Tryggvason K, Yan K (correspondence): Amino acid transporter LAT3 is required for podocyte development and function. J Am Soc Nephrol 20:1586-1596, 2009.
8. Shimizu M, Khoshnoodi J, Akimoto Y, Kawakami H, Hirano H, Higashihara E, Hosoyamada M, Sekine Y, Kurayama R, Kurayama H, Jyo K, Hirabayashi J, Kasai K, Tryggvason K, Ito N, Yan K (correspondence): Expression of galectin-1, as a new component of slit diaphragm, is altered in minimal change nephrotic syndrome. Lab Invest 89:178-195, 2009.
9. Nakajo A, Khoshnoodi J, Takenaka H, Hagiwara E, Watanabe T, Kawakami H, Bessho F, Takahashi S, Swiatecka-Urban A, Tryggvason K, Yan K (correspondence): Mizoribine corrects defective nephrin biogenesis by restoring intracellular energy balance. J Am Soc Nephrol 18: 2554-2564, 2007.
所属学会 日本小児科学会(代議員)
日本小児腎臓病学会(代議員、副理事長)
日本腎臓学会(評議員、指導医)
米国腎臓学会
国際腎臓学会
学外活動 多摩小児感染免疫研究会代表世話人
多摩小児プラマリケア研究会代表世話人
ひとことメッセージ 小児科医・教師・研究者として目指していることは、世界に通用する科学的な思考をもった若手医師を育てることです。
付属病院ホームページ ドクター紹介(2009年02月02日公開)
このページのトップへ

PAGE TOP