大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:井本 滋

教員紹介:井本 滋


項目名 内容
氏名 井本 滋
フリガナ イモト シゲル
職位 教授
学内の役職・委員等 診療情報管理室長 第5学年主担任
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 外科学
担当科目(大学院) 外科学
専門分野 腫瘍外科学 腫瘍免疫学
研究テーマ センチネルリンパ節生検の臨床試験 宿主癌免疫動態の解明 バイオマーカーによる乳癌治療の個別化 ラジオ波焼灼治療による非切除治療の開発
略歴 1985年 慶應義塾大学医学部卒
1985年 慶應義塾大学病院外科
1986年 日本鋼管病院外科
1987年 国立大蔵病院外科
1988年 慶應義塾大学病院外科
1991年 足利赤十字病院外科
1992年 医学博士取得
1992年 国立がんセンター東病院乳腺科
2001年 同乳腺科医長
2007年 現職
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本外科学会専門医 日本乳癌学会専門医 日本がん治療認定医  
論文・著書等を含む主要研究業績 論文
1)Influence of estrogen metabolism on proliferation of human breast cancer. Breast Cancer Res Treat 1997;42:57-64.
2)Prognosis of breast cancer patients treated with sentinel node biopsy in Japan. Jpn J Clin Oncol 2004;34:452-456.
3)Serum c-erbB-2 protein (ErbB-2) is a useful marker for monitoring tumor recurrence of the breast. Int J Cancer 2007;120:357-361.
4)Feasibility study on radiofrequency ablation followed by partial mastectomy for stage I breast cancer patients. Breast 2009;18:130-134.
5) International multicenter tool to predict the risk of nonsentinel node metastases in breast cancer. J Natl Cancer Inst 2012;104:1888-1896.

著書
「乳がん」と向き合う(土屋書店)
「乳がん予防・治療・再発防止がよくわかる本」(土屋書店)
所属学会 日本外科学会(代議員)日本乳癌学会(評議員・理事)日本癌学会(評議員)日本がん治療認定医機構(理事)日本臨床外科学会(評議員)SNNS研究会(代表世話人)乳癌低侵襲治療研究会(代表世話人)ASCO AACR ISNS
ひとことメッセージ 乳癌は、日本人女性の悪性疾患の第一位です。その診断と治療は、日々進歩を遂げています。当教室は平成19年に開設されました。目標は、真「腫瘍学の真理の探求」、善「謙虚な人材の育成」、美「アートとしてのがん治療の創造」です。受験生や研修医の皆さん、グローバルな教室作りに是非参加して下さい。
付属病院ホームページ ドクター紹介(2009年03月02日公開)
このページのトップへ

PAGE TOP