大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:遠藤 英仁

教員紹介:遠藤 英仁


項目名 内容
氏名 遠藤 英仁
フリガナ エンドウ ヒデヒト
職位 准教授
学内の役職・委員等 心臓血管外科 医局長
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 成人心臓外科、大血管・虚血性心疾患・弁膜症・不整脈などの外科治療
専門分野 成人 心臓血管外科学
研究テーマ 大動脈手術時の逆行性脳灌流法の臨書応用とその評価
略歴 1991年4月 杏林大学医学部医学科 入学
1997年3月 杏林大学医学部医学科 卒業
1997年5月 杏林大学医学部付属病院にて臨床研修開始 (胸部外科学教室)
1998年4月 関東中央病院 外科にて臨床研修
1999年3月 臨床研修終了
1999年4月 杏林大学医学部付属病院臨床専攻医(胸部外科学教室)
1999年6月 杏林大学医学部任期制助手(胸部外科学教室)
2000年4月 自治医科大学附属病院さいたま医療センター 臨床専攻医
     (心臓血管外科教室)
2002年4月 杏林大学医学部任期制助手(胸部外科学教室)
2007年4月 杏林大学医学部任期制助手(名称変更 心臓血管外科学教室)
2008年4月 杏林大学医学部助教(心臓血管外科学教室)
2009年4月 杏林大学医学部学内講師(心臓血管外科学教室)
2010年4月 杏林大学医学部講師(心臓血管外科学教室)
2017年4月 杏林大学医学部准教授(心臓血管外科学教室)
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本外科学会 専門医
3学会構成心臓血管外科専門医認定機構 専門医
論文・著書等を含む主要研究業績 1.
Hidehito Endo, Hiroshi Kubota, Masaya Sato, Kenichi Sudo:
Surgical Treatment of Pulmonary Vein Embolism with Recent Intracranial Hemorrhage.
Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery 11(4): 256-259, 2005

2.
Hidehito Endo, Hiroshi Kubota, Yutaka Hosoi, Masaya Sato, Shigeyuki Ishii,
Kenichi Sudo:
Epicardial Pulmonary Vein Isolation Concomitant with Aortic Valve Replacement.
Asian Cardiovascular and Thoracic Annals 14: e24-26, 2006

3.
Hidehito Endo, Hiroshi Kubota, Hiroshi Tsuchiya, Akihiro Yoshimoto,
Yu Takahashi,Yusuke Inaba, Kenichi Sudo:
Clinical efficacy of intermittent pressure augmented-retrograde cerebral perfusion.
The Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery 145: 768-773, 2013

4.
Hidehito Endo, Hikaru Ishii, Hiroshi Tsuchiya, Yu Takahashi, Yusuke Inaba,
Yoshifumi Nishino, Akito Hirakata, Hiroshi Kubota:
Observation of retinal vessels during intermittent pressure augmented
retrograde cerebral perfusion in clinical cases.
Interactive Cardiovascular and Thoracic Surgery 23:259-265, 2016

5.
Hidehito Endo, Hikaru Ishii, Hiroshi Tsuchiya, Yu Takahashi, Hiroaki Shimoyamada,
Aya Isomura, Masanori Nakajima, Teruyuki Hirano, Yasuo Ohkura, Hiroshi Kubota:
Pathological features of lone aortic mobile thrombus in the ascending aorta.
Annals Thoracic Surgery 102:e313-315, 2016
ひとことメッセージ より良い医療を目指し、日々精進していきたいと考えています。
このページのトップへ

PAGE TOP