大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:倉田 麻衣子

教員紹介:倉田 麻衣子


氏名
 
倉田 麻衣子
クラタ マイコ KURATA, Maiko
職位 講師
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
専門分野 皮膚免疫アレルギー
研究テーマ アレルギー性疾患、アトピー性皮膚炎、ウイルス感染症、薬疹、皮膚科一般
略歴 2005年杏林大学付属病院初期臨床研修
2007年杏林大学医学部皮膚科学教室入局
2018年杏林大学皮膚科任期助教
所有する学位 学士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 皮膚科専門医
論文・著書等を含む主要研究業績 1. Kurata M, Shiohara T:Hepes simplex virus reactivation: is it common or rare in drug-induced hypersensitivity syndrome/drug reaction with eosinophilia and systemic symptoms? Eur J Dermatol 27:658-659,2017
2.Kurata M, Horie C, Kano Y, Shiohara T:Pompholyx as a clinical manifestation suggesting increased serum IgG levels in a patient with drug-induced hypersensitivity syndrome/drug reaction with eosinophilia and systemic symptoms. Br J Dermatol 174:0681-683, 2016
3. Kurata M, Kano Y, Sato Y, Hirahara K, Shiohara T:Synergistic Effects of Mycoplasma pneumoniae Infection and Drug Reaction on the Development of Atypical Stevens-Johnson Syndrome in Adults. Acta Derm Venereol 96:111-113,2016

4. Kurata M, Mizukawa Y, Aoyama Y(Okayama Univ), Shiohara T: Herpes simplex virus reactivation as a trigger of mucous lesions in pemphigus vulgaris. Br J Dermatol 171: 554-560, 2014
所属学会 日本皮膚科学会
日本研究皮膚科学会
日本皮膚アレルギー接触皮膚炎学会
このページのトップへ

PAGE TOP