大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:秋元 義弘

教員紹介:秋元 義弘


項目名 内容
氏名 秋元 義弘
フリガナ アキモト ヨシヒロ
職位 教授
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 組織解剖学
専門分野 免疫組織細胞化学、発生生物学
研究テーマ 1. 糖尿病におけるタンパク質のO-GlcNAc化の解析
2. 細胞外マトリックスの組織細胞化学的検討
3. 皮膚の発生における Homeobox 遺伝子の機能解析
4. プラズマ照射による組織、細胞への影響の分子形態学的解析
略歴 1986年 東京大学大学院理学系研究科修了(理学博士)
      杏林大学医学部 助手
1989年 医学博士(杏林大学)
1992年 杏林大学医学部 講師
1995-97年 米国 アラバマ大学医学部生化学・分子遺伝学講座
      博士研究員(Gerald W Hart 教授)
1998年 杏林大学医学部 助教授
2014年 杏林大学医学部 教授
所有する学位 医学博士、理学博士
論文・著書等を含む主要研究業績 「糖鎖の新機能開発・応用ハンドブック~創薬・医療から食品開発まで」 (分担執筆, 共著) エヌ・ティー・エス, 2015.
Glycoscience: Biology and Medicine. (Taniguchi N, Endo T, Hart GW, Seeberger PH, Wong C-H, Eds.) (分担執筆, 共著) Springer, 2015.
Methods in Molecular Biology (Hirabayashi J Ed). (分担執筆, 共著) Humana Press, 2014.
「健康・栄養科学シリーズ. 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち・総論」(分担執筆, 共著) 南江堂, 2013.
Essentials of Glycobiology. (Varki A, et al. eds). (分担執筆, 共著) Cold Spring Harbor Laboratory Press, 2009.
「新時代の糖尿病学 病因・診断・治療研究の進歩」(分担執筆, 共著) 日本臨床社, 2008.
「染色・バイオイメージング実験ハンドブック」(分担執筆, 共著) 羊土社, 2006.
所属学会 日本解剖学会 (評議員), 日本顕微鏡学会 (代議員), 日本組織細胞化学会 (評議員),日本臨床分子形態学会
ひとことメッセージ 顕微解剖学部門のウェブサイトをご覧下さい
http://www.kyorin-u.ac.jp/univ/user/medicine/anat2/
このページのトップへ

PAGE TOP