大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:宮東 昭彦

教員紹介:宮東 昭彦


氏名
 
宮東 昭彦
クドウ アキヒコ KUDO, Akihiko
職位 准教授
学内の役職・委員等 医学教育センター(IT推進室、CBT室)
M2担任
医学部医学研究科広報
所属教室

専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 2年 組織解剖学(講義および実習)
担当科目(大学院) 医学研究講義 I 「実験データのデジタル画像処理・解析」
専門分野 組織細胞化学、生殖内分泌系
研究テーマ ・精巣の精細管精上皮周期の加齢による変化
・下垂体前葉におけるホルモン分泌細胞の動態
・組織細胞化学分野におけるデジタル画像解析手法の適用
略歴 1989年 東京大学理学部生物学科 卒
1993年 同大学院理学系研究科 中退、1994年 博士(理学)
1993年 杏林大学医学部 助手、1998年 講師、2015年 准教授
現在に至る

2004-05年 米国アーカンソー医科大学 医学部 神経生物学・発生科学教室 客員教授
杏林大学医学部 Teacher of the Year 2018 受賞
所有する学位 博士(理学)
論文・著書等を含む主要研究業績
詳細な業績は researchmap 研究者総覧 をご覧ください
《論文》
◇Yomogita H et al.(共著): Nik-related kinase is expressed in labyrinth layer of mouse placentas and regulates delivery. J Reprod Dev, in press.
DOI: https://doi.org/10.1262/jrd.2022-120
◇Takada M et al.(共著): Involvement of GLCCI1 in mouse spermatogenesis. FASEB J 37: e22680, 2023.
DOI: https://doi.org/10.1096/fj.202101667rr
◇Uchida A et al.(共著): SOX17-positive rete testis epithelium is required for Sertoli valve formation and normal spermiogenesis in the male mouse. Nat Commun 13: 7860, 2022.
DOI: https://doi.org/10.1038/s41467-022-35465-1
◇Sato Y et al.(共著): Genetic ablation of Nrf2 exacerbates neuroinflammation in ocular autoimmunity. Int J Mol Sci 23: 11715, 2022.
DOI: https://doi.org/10.3390/ijms231911715
◇Hada I et al. (共著): A novel mouse model of idiopathic nephrotic syndrome induced by immunization with the podocyte protein Crb2. J Am Soc Nephrol ASN.2022010070, 2022.
DOI: https://doi.org/10.1681/ASN.2022010070
◇Wada H et al.(共著): Dual interleukin-17A/F deficiency protects against acute and chronic response to cigarette smoke exposure in mice. Scientific reports 11: 11508, 2021.
DOI: https://doi.org/10.1038/s41598-021-90853-9
◇Ando Y et al.(共著): Anti-inflammatory effect of dehydroxymethylepoxyquinomicin, a nuclear factor-κB inhibitor, on endotoxin-induced uveitis in rats in vivo and in vitro. Ocul Immunol Inflamm 28: 240-248, 2020.
DOI: https://doi.org/10.1080/09273948.2019.1568502
◇Ando Y et al. (共著): Anti-inflammatory effects of the NF-κB inhibitor dehydroxymethylepoxyquinomicin on ARPE-19 cells. Mol Med Rep 22: 582-590, 2020.
DOI: https://doi.org/10.3892/mmr.2020.11115.
◇Akimoto Y et al.(共著): O-GlcNAcylation and phosphorylation of β-actin Ser199 in diabetic nephropathy. Am J Physiol Renal Physiol 317: F1359-F1374, 2019.
DOI: https://doi.org/10.1152/ajprenal.00566.2018
◇Kiuchi Z et al.(共著): GLCCI1 is a novel protector against glucocorticoid-induced apoptosis in T-cell. FASEB J 33: 7387-7402, 2019.
DOI: https://doi.org/10.1096/fj.201800344RR

《著書など》
◆宮東, 秋元(共著, 分担): デジタル画像の取り扱いとデータ数値化の基礎. 日本組織細胞化学会 編「組織細胞化学2021」, 学際企画, 東京, 2021,pp. 213-225.
◆宮東(翻訳, 分担): 内分泌腺. 坂井,川上 監訳「Lange textbookシリーズ ジュンケイラ組織学 第5版(原書14版)」,丸善,東京,2018,pp.443-470.
所属学会 日本解剖学会(アウトリーチ)
日本顕微鏡学会(広報、代議員)
日本組織細胞化学会(男女共同参画、評議員)
日本生殖内分泌学会、日本臨床分子形態学会、日本比較内分泌学会、日本動物学会
学外活動 専門学校 社会医学技術学院 非常勤講師
組織細胞化学講習会 講師
千葉大学高校生理科研究発表会 審査委員
ひとことメッセージ よろしくお願いいたします。
関連サイト 教室ホームページ
電子メール akudo@ks.kyorin-u.ac.jp
このページのトップへ

PAGE TOP