大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:渋谷 賢

教員紹介:渋谷 賢


項目名 内容
氏名 渋谷 賢
フリガナ シブヤ サトシ
職位 講師
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 統合生理学(M2),生理学実習(M2)
兼務・兼担 解剖生理学(付属看護専門学校)
専門分野 神経科学,実験心理学
研究テーマ 1. 身体性自己意識に関する研究 [国内共同]
2. 頚髄症患者の到達把持運動に関する研究 [学内共同]
3. 多種感覚統合による脳内身体表現に関する研究
4. 腕到達運動に伴う空間的注意の変化に関する研究
略歴 1995年 埼玉大学教育学部    卒業
2002年 東京学芸大学連合大学院 修了
2003年 科学技術振興機構研究員(順天堂大学医学部第一生理)
2005年 杏林大学医学部統合生理学教室 任期助手
2007年 杏林大学医学部統合生理学教室 助教
2013年 杏林大学医学部統合生理学教室 学内講師
2017年 杏林大学医学部統合生理学教室 講師
所有する学位 博士(教育学)
論文・著書等を含む主要研究業績 論文・著書
1. Body Ownership and Agency: Task-Dependent Effects of the Virtual Hand Illusion on Proprioceptive Drift. Experimental Brain Research (S. Shibuya, S. Unenaka & Y. Ohki) 235/1, 121-134, (2017)

2. Reassessment of Non-Monosynaptic Excitation from the Motor Cortex to Motoneurons in Single Motor Units of the Human Biceps Brachii. Frontiers in Human Neuroscience (T. Nakajima, T. Tazoe, M. Sakamoto, T. Endo, S. Shibuya, L. A. Elias, R. A. Mezzarane, T. Komiyama & Y. Ohki) 11:19, (2017)

3. Development of VR Platform for Cloud-based Neurorehabilitation and its application to research on sense of agency and ownership. Advanced Robotics (T. Inamura, S. Unenaka, S. Shibuya, Y. Ohki, Y. Oouchida & S. Izumi) 31/1-2, 97-106, (2017)

4. Evaluating effect of sense of ownership and sense of agency on body representation change of human upper limb. International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS) (S. Hamasaki, Q. An, W. Wen, Y. Tamura, H. Yamakawa, A. Yamashita, H. Asama. S. Shibuya & Y. Ohki), 1-5, (2015)

5. Is this my hand? Body-ownership and the rubber hand illusion. The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine (S. Shibuya, S. Unenaka & Y. Ohki) 4/2, 213-216, (2015)

6. Neural correlates of tactile temporal-order judgment in humans: an fMRI study. Cerebral Cortex (T. Takahashi, K. Kansaku, M. Wada, S. Shibuya & S. Kitazawa) 23/8, 1952-1964, (2013)

7. Influence of skin blood flow on near-infrared spectroscopy signals measured on the forehead during a verbal fluency task. NeuroImage (T. Takahashi, Y. Takikawa, R. Kawagoe, S. Shibuya, T. Iwano & S. Kitazawa) 57/3, 991-1002, (2011)

8. Functional assessment of proximal arm muscles by target-reaching movements in patients with cervical myelopathy. The Spine Journal (K. Igarashi, S. Shibuya, H. Sano, M. Takahashi, K. Satomi & Y. Ohki) 11/4, 270-280, (2011)*

*This article was selected as one of the very best articles in Year Book of Sports Medicine (2012), pp. 43-46, Elsevier.

9. Reversal of subjective temporal order due to sensory and motor integration. Attention and Performance XXII:Sensorimotor foundations of higher cognition. Eds: P.Haggard, Y. Rossetti & M. Kawato (S. Kitazawa, S. Moizumi, A. Okuzumi, F. Saito, S. Shibuya, T. Takahashi, M. Wada & S. Yamamoto) 9/, 73-97, (2008)

10. Effects of visual stimuli on temporal order judgments of unimanual finger stimuli. Experimental Brain Research (S. Shibuya, T. Takahashi & S. Kitazawa) 179/4, 709-721, (2007)

11. Cutaneous inputs can activate the ipsilateral primary motor cortex during bimanual sensory-driven movements in humans. Journal of Neurophysiology (S. Shibuya & Y. Ohki) 92/, 3200-3209, (2004)


競争的研究資金
1. 科学研究費補助金(基盤研究C) 研究代表者:自己身体認識における運動システムの寄与の解明:ラバーハンド錯覚によるアプローチ(2017-2019年度:予定)

2. 科学研究費補助金(新学術領域研究) 連携研究者:脳内身体表現の変容機構の理解と制御(2014-2018年度:予定)

3. 科学研究費補助金(基盤研究C) 研究代表者:運動の楽しさを生むコントロール感:身体図式の変化が運動主体感に及ぼす影響(2013-2016年度)

4. 科学研究費補助金(若手研究B) 研究代表者:眼球運動計測を利用した運動観察に伴う空間的注意の変容過程の解明(2010-2012年度)

5. 科学研究費補助金(若手研究B) 研究代表者:腕の到達運動に伴う視覚的注意の変化(2008-2009年度)
所属学会 北米神経科学学会,日本神経科学学会,日本基礎心理学会,日本認知科学会,日本スポーツ心理学会
学外活動 神奈川大学大学院人間科学研究科 非常勤講師
このページのトップへ

PAGE TOP