大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:田原 義和

教員紹介:田原 義和


項目名 内容
氏名 田原 義和
フリガナ タハラ ヨシカズ
職位 講師
学内の役職・委員等 CBT小委員会委員・教育委員
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 代謝生化学・医療科学B(医学部)
兼務・兼担 生化学(付属看護専門学校)
専門分野 構造生物学・生体膜・輸送体
研究テーマ イオンポンプによるATP加水分解と共役したイオンの膜輸送を、分子構造やエネルギーの観点から理解すること。
略歴 1988年3月 京都大学理学部卒業
1993年3月 同大学院理学研究科修了
1993年4月 松下電器産業(株)国際研究所
1993年12月~96年3月 欧州分子生物学研究所
1997年4月~ 杏林大学医学部第一生化学教室(現・生化学教室)
所有する学位 博士(理学)
論文・著書等を含む主要研究業績 1. Mimura K, Tahara Y, Shinji N, Tokuda E, Takenaka H and Hayashi Y. Isolation of Stable (αβ)4-Tetraprotomer from Na+/K+-ATPase Solubilized in the Presence of Short-Chain Fatty Acids. Biochemistry 47: 6039-6051, 2008
2. Kobayashi T, Tahara Y, Takenaka H, Mimura K and Hayashi Y. Na+- and K+-Dependent Oligomeric Interconversion among αβ-Protomers, Diprotomers and Higher Oligomers in Solubilized Na+/K+-ATPase. J. Biochem. 142: 157-173, 2007.
3 Tahara Y, Oshima A, Hirai T, Mitsuoka K, Fujiyoshi Y, & Hayashi Y : The 11Å resolution projection map of Na+/K+-ATPase calculated by application of single particle analysis to two-dimensional crystal images. Journal of Electron Microscopy 49 : 583~587, 2000.
4.Tahara Y, Oshima A, Hirai T, Mitsuoka K, Fujiyoshi Y & Hayashi Y : The 11Å Resolution projection structure of Na+/K+-ATPase. In: Na/K-ATPase and Related ATPases. Taniguchi K & Kaya S (Ed.) Amsterdam, Elsevier, 2000. p. 187~191.
5.Tahara Y, Ohnishi S, Fujiyoshi Y, Kimura Y & Hayashi Y : A pH induced two-dimensional crystal of membrane-bound Na+,K+-ATPase of dog kidney. FEBS Lett. 320 : 17~22, 1993.
所属学会 日本生物物理学会
学外活動 慈恵看護専門学校講師『代謝と栄養』
このページのトップへ

PAGE TOP