大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:苣田 慎一

教員紹介:苣田 慎一


項目名 内容
氏名 苣田 慎一
フリガナ チサダ シンイチ
職位 助教
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 医学部3年生:衛生学、医学統計学、医療科学B(人文・生命科学特論)
医学部2年生:医療科学B(人文・生命科学特論)
兼務・兼担 公衆衛生学(付属看護専門学校2年生)
専門分野 生化学、生理学、分子細胞生物学
研究テーマ 食習慣と糖尿病、小型魚類を用いた疾患モデルの解析
略歴 【学歴】
2004年3月 九州大学農学部生物資源環境学科卒業
2006年3月 九州大学大学院生物資源環境科学府修士課程終了
2009年3月 九州大学大学院生物資源環境科学府博士課程終了
【職歴】
2009年4月 独立行政法人水産総合研究センター養殖研究所(現国立研究開発法人水産総合研究センター増養殖研究所)博士研究員
2014年4月 大学共同利用法人自然科学研究機構基礎生物学研究所博士研究員
2016年4月 杏林大学助教(医学部衛生学公衆衛生学教室)
【受賞歴】
2014年12月 ポスター賞,7th Aquatic Animal Models of Human Disease Conference(Austin, Texas)
所有する学位 博士(農学)
論文・著書等を含む主要研究業績 【論文】
1) Chisada S, Kurokawa T, Murashita K, Ronnestad I, Taniguchi Y, Toyoda A, Sakaki Y, Takeda S, Yoshiura Y: Leptin receptor-deficient (knockout) medaka, Oryzias latipes, show chronical up-regulated levels of orexigenic neuropeptides, elevated food intake and stage specific effects on growth and fat allocation. General and Comparative Endocrinology 195: 9~20,2014.
2) Kuroyanagi M, Katayama T, Imai T, Yamamoto Y, Chisada S, Yoshiura Y, Ushijima T, Matsushita T, Fujita M, Nozawa A, Suzuki Y, Kikuchi K, Okamoto H: New approach for fish breeding by chemical mutagenesis: Establishment of TILLING method in fugu (Takifugu rubripes) with ENU mutagenesis. BMC Genomics 14: 786,2014.
3) Chisada S, Shimizu K, Kamada H, Matsunaga N, Okino N, Ito M: Vibrios adhere to epithelial cells in the intestinal tract of red sea bream, Pagrus major, utilizing GM4 as an attachment site. FEMS Microbiology Letters 341: 18~26,2013.
4) Chisada S, Okamoto H, Taniguchi Y, Kimori Y, Toyoda A, Sakaki Y, Takeda S, Yoshiura Y: Myostatin-deficient medaka exhibit a double-muscling phenotype with hyperplasia and hypertrophy, which occur sequentially during post-hatch development. Developmental Biology 359: 82~94,2011.
5) Chisada S, Yoshimura Y, Sakaguchi K, Uemura S, Go S, Ikeda K, Uchida H, Matsunaga N, Ogura K, Tai T, Okino N, Taguchi R, Inokuchi J, Ito M: Zebrafish and mouse alpha 2,3-syalyltransferase responsible for synthesizing GM4 ganglioside. Journal of Biological Chemistry 284: 30534~30546,2009.
(他10編)
【科研費】
1)若手研究B(2015-2017年度)
2)特別研究員奨励費(2006-2008年度)
所属学会 日本分子生物学会(会員)
このページのトップへ

PAGE TOP