大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:石井 晴之

教員紹介:石井 晴之


項目名 内容
氏名 石井 晴之
フリガナ イシイ ハルユキ
職位 准教授
学内の役職・委員等 呼吸器内科病棟医長
病床運営委員、DPC保険委員、他
卒後臨床研修委員
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 呼吸器内科学(医学部)
呼吸器感染症学(医学部)
担当科目(大学院) 呼吸器内科学(大学院)
専門分野 呼吸器病学、肺胞マクロファージ、胸部画像診断学
研究テーマ 呼吸器内科一般
特にびまん性肺疾患(肺胞蛋白症、間質性肺炎)の臨床研究、疫学研究、基礎研究
略歴 1993年 昭和大学医学部卒業
2003年 New York州立Stoony Brook校留学
第12回東京呼吸病態研究会 研究奨励賞受賞
第104回日本ACCP日本部会賞受賞
第54回日本呼吸器学会学術部会優秀賞受賞
杏林大学医学部Teacher of the Year 2013受賞
杏林大学医学部Teacher of the Year 2014受賞
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医・指導医
身体障害者(呼吸器機能障害)指定医
論文・著書等を含む主要研究業績 1) Ishii H, Seymour JF, Tazawa R, Inoue Y, Uchida N, Nishida A, Kogure Y, Saraya T, Tomii K, Takada T, Itoh Y, Hojo M, Ichiwata T, Goto H, Nakata K. Secondary pulmonary alveolar proteinosis complicating myelodysplastic syndrome results in worsening of prognosis. BMC Pulm Med. 2014 Mar 5; 14:37. doi: 10. 1186/1471-2466-14-37.
2) Handa T, Nakatsue T, Baba M, Takada T, Nakata K, Ishii H. Clinical features of three cases with pulmonary alveolar proteinosis secondary to myelodysplastic syndrome developed during the course of Behcet’s disease. Respir Investig. 2014 Jan;52(1):75-9. Doi: 10. 1016/j.resinv. 2013.05.005.
3) Tazawa R, Inoue Y, Arai T, Takada T, Kasahara Y, Hojo M, Ohkouchi S, Tsuchihashi Y, Yokoba M, Eda R, Nakayama H, Ishii H, Nei T, Morimoto K, Nasahara Y, Ebina M, Akira M, Ichiwata T, Tatsumi K, Yamaguchi E, Nakata K. Duration of benefit in patients with autoimmune pulmonary alveolar proteinosis after inhaled granurocyte-macrophage colony-stimulating factor therapy. Chest 2014 Apr; 145(4):729-37. Doi: 10.1378/chest. 13-0603.
4) Ishii H, Tazawa R, Kaneko C, Saraya T, Inoue Y, Hamano E, Kogure Y, Tomii K, Terada M, Takada T, Hojo M, Nishida A, Ichiwata T, Trapnell BC, Goto H, and Nakata K. Clinical Features of Secondary Pulmonary Alveolar Proteinosis: Pre-mortem Cases in Japan. Eur Respir J. 2011 37;2:465-468
5) Tazawa R, Trapnell BC, Inoue Y, Arai T, Nasuhara Y, Hizawa N, Kasahara Y, Tatsumi K, Hojo M, Ishii H, Yokoba M, Tanaka N, Yamaguchi E, Eda R, Tsuchihashi Y, Morimoto K, Akira M, Terada M, Otsuka J, Ebina M, Kaneko C, Nukiwa T, Krisher JP, Akazawa K, Nakata K. Inhaled granulocyte/macrophage-colony stimulating factor as therapy for pulmonary alveolar proteinosis. Am J Respir Crit Care Med. 2010 15;181(12):1345-54
所属学会 日本内科学会
日本呼吸器学会(専門医制度試験委員)
日本呼吸器内視鏡学会
日本感染症学会
日本結核病学会
日本肺癌学会
American Thoracic Society Member
ACCP日本部会
このページのトップへ

PAGE TOP