大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:坪井 貴嗣

教員紹介:坪井 貴嗣


項目名 内容
氏名 坪井 貴嗣
フリガナ ツボイ タカシ
職位 講師
学内の役職・委員等 医局長
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
専門分野 臨床精神薬理学、漢方医学
研究テーマ 精神科薬物療法を含めた治療の最適化
精神疾患のガイドラインの作成及び普及
略歴 【学歴】
慶應義塾大学医学部卒業
慶應義塾大学医学部大学院博士課程卒業
【職歴】
慶應義塾大学病院精神・神経科
独立行政法人国立病院機構下総精神医療センター
東京都済生会中央病院心療科(精神科)
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 精神保健指定医
日本精神神経学会専門医・指導医
日本臨床精神神経薬理学会専門医
日本総合病院精神医学会特定指導医
日本禁煙学会専門指導医
日本医師会認定産業医
論文・著書等を含む主要研究業績 【主要論文】
・Tsuboi T, Bies RR, Suzuki T, Takeuchi H, Nakajima S, Graff-Guerrero A, Mamo DC, Caravaggio F, Plitman E, Mimura M, Pollock BG, Uchida H. Predicting Plasma Olanzapine Concentration Following a Change in Dosage: A Population Pharmacokinetic Study. Pharmacopsychiatry. 2015 Nov;48(7):286-91.
・Tsuboi T, Suzuki T, Bies RR, Remington G, Pollock BG, Mimura M, Uchida H. Challenging the need for sustained blockade of dopamine D2 receptor estimated from antipsychotic plasma levels in the maintenance treatment of schizophrenia: A single-blind, randomized, controlled study. Schizophr Res. 2015 May;164(1-3):149-54.
・Tsuboi T, Uchida H, Suzuki T, Mimura M. Effectiveness of saikokaryukotsuboreito (herbal medicine) for antipsychotic-induced sexual dysfunction in male patients with schizophrenia: a description of two cases. Case Rep Psychiatry. 2014;2014:784671.
・Tsuboi T, Bies RR, Suzuki T, Mamo DC, Pollock BG, Graff-Guerrero A, Mimura M, Uchida H. Hyperprolactinemia and estimated dopamine D2 receptor occupancy in patients with schizophrenia: analysis of the CATIE data. Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry. 2013 Aug 1;45:178-82.
・Tsuboi T, Suzuki T, Uchida H. A tipping point in drug dosing in late-life schizophrenia. Curr Psychiatry Rep. 2011 Jun;13(3):225-33.
【受賞】
・第25回日本臨床精神神経薬理学会学会奨励賞
・第4回アジア神経精神薬理学会ポスター賞
所属学会 日本精神神経学会(薬事委員会委員)
日本臨床精神神経薬理学会
日本神経精神薬理学会
日本総合病院精神医学会(電気痙攣療法委員会委員、身体科救急連携委員会委員)
日本東洋医学会
日本認知療法学会
日本禁煙学会
日本精神科産業医協会
学外活動 慶應義塾大学医学部漢方医学センター非常勤講師
このページのトップへ

PAGE TOP