大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:高橋 雅人

教員紹介:高橋 雅人


氏名
 
高橋 雅人
タカハシ マサヒト
職位 准教授
学内の役職・委員等 医療安全推進室
所属教室

専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 整形外科学
担当科目(大学院) 医学研究講義2
脊椎脊髄外科における脊髄誘発電位の臨床応用
専門分野 脊椎脊髄病学、脊髄モニタリング、ハイリスク脊椎手術
研究テーマ 脊椎脊髄病学、脊髄神経生理学、脊髄モニタリング、脊椎脊髄腫瘍、靭帯骨化症、脊柱変形
略歴 1997年 杏林大学医学部整形外科学教室入局
2002年 武蔵野赤十字病院整形外科 医員
2005年 自然科学研究機構生理学研究所 博士研究員
2010年 香港大学. Ganga病院(インド). 日本脊椎脊髄病学会-Medtronic Sofamor Danek traveling fellowship.
第59回東日本整形災害外科学会学術集会奨励賞
2012年 (財)整形災害外科学研究助成財団奨励賞
2014年 米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校
AO財団 AOSpine fellowship
2020年 杏林大学講師
2022年 現職
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本脊椎脊髄病学会日本脊髄外科学会認定脊椎脊髄外科専門医、日本臨床神経生理学会専門医術中脳脊髄モニタリング分野、日本脊椎脊髄病学会脊髄モニタリング認定医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本整形外科学会認定リウマチ医
論文・著書等を含む主要研究業績 1.Takahashi M, Imagama S, et al. Validity of the alarm point in intraoperative neurophysiological monitoring of the spinal cord by the monitoring working group of the Japanese society for spine surgery and related research-A prospective multicenter cohort study of 1934 cases. Spine 2021;46:E1069–E1076.
2. Tajima Y, Takahashi M, et al: Metastatic intradural extramedullary spinal cord tumor from ovarian cancer: A case report with a literature review. J Spinal Cord Med. 2020 Mar 23:1-4.
2. Ohne H, Takahashi M, et al: Mechanism of forelimb motor function restoration in rats with cervical spinal cord hemisection -neuroanatomical validation-. IBRO Rep 7: 10-25, 2019.
3. Takeuchi T, Takahashi M, et al: Mechanism of Restoration of Forelimb Motor Function after Cervical Spinal Cord Hemisection in Rats: Electrophysiological Verification. Behav Neurol. Epub, 2017.
4. Hasegawa A, Takahashi M, et al: Mechanism of Forelimb Motor Function Restoration after Cervical Spinal Cord Hemisection in Rats: A Comparison of Juveniles and Adults. Behav Neurol. Epub, 2016.
所属学会 日本整形外科学会
日本脊椎脊髄病学会
日本臨床神経生理学会
日本脊髄機能診断学会
Cervical Spine Research Society
日本側弯症学会
東日本整形災害外科学会
関東整形災害外科学会
公的な委員会等の役員・委員歴 日本脊椎脊髄病学会脊髄モニタリング委員会 委員
日本脊髄機能診断学会(理事・評議員)
関連サイト 杏林大学整形外科ホームページ
このページのトップへ

PAGE TOP