大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:高橋 雅人

教員紹介:高橋 雅人


氏名
 
高橋 雅人
タカハシ マサヒト
職位 講師
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 整形外科学
専門分野 脊椎脊髄病学、脊髄モニタリング、脊柱変形
研究テーマ 脊椎脊髄病学、脊髄神経生理学、脊髄モニタリング、脊柱変形
略歴 1997年 杏林大学医学部整形外科学教室入局
2002年 武蔵野赤十字病院整形外科 医員
2005年 自然科学研究機構生理学研究所 博士研究員
2010年 香港大学. Ganga病院(インド). JSSR-Medtronic Sofamor Danek traveling fellowship.
第59回東日本整形災害外科学会学術集会奨励賞
2012年 (財)整形災害外科学研究助成財団奨励賞
2014年 米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校
AOSpine fellowship (5-6月)
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本整形外科学会認定リウマチ医
論文・著書等を含む主要研究業績 1. Takeuchi T, Takahashi M, Satomi K, et al.: Mechanism of Restoration of Forelimb Motor Function after Cervical Spinal Cord Hemisection in Rats: Electrophysiological Verification. Behav Neurol. Epub, 2017.
2. Hasegawa A, Takahashi M, Satomi K, et al. Mechanism of Forelimb Motor Function Restoration after Cervical Spinal Cord Hemisection in Rats: A Comparison of Juveniles and Adults. Behav Neurol. Epub, 2016.
3. Takahashi M, Satomi K, Hasegawa A, et al.: Ligamentum flavum hematoma in the lumbar spine. J Orthop Sci. 17:308-12, 2012.
4. Umeda T, Takahashi M, Isa K, Isa T: Formation of descending pathways mediating cortical command to forelimb motoneurons in neonatally hemidecorticated rats. J Neurophysiol: 1707-16, 2010.
5. Takahashi M, Vattanajun A, Umeda T, Isa K, Isa T: Large-scale reorganization of corticofugal fibers after neonatal hemidecortication for functional restoration of forelimb movements. Eur J Neurosci 30: 1878-1887, 2009.
所属学会 日本整形外科学会
日本脊椎脊髄病学会
Cervical Spine Research Society
日本側弯症学会
日本脊髄障害医学会
日本臨床神経生理学会
東日本整形災害外科学会
関東整形災害外科学会
公的な委員会等の役員・委員歴 日本脊椎脊髄病学会脊髄モニタリングワーキンググループ
脊髄機能診断研究会 世話人
関連サイト 杏林大学整形外科ホームページ
このページのトップへ

PAGE TOP