大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:慶野 博

教員紹介:慶野 博


項目名 内容
氏名 慶野 博
フリガナ ケイノ ヒロシ
職位 准教授
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 眼科学
担当科目(大学院) 眼科学
専門分野 眼炎症性疾患
研究テーマ ぶどう膜炎の病因解明と新規治療法の開発
略歴 1995年 東京医科大学卒業
1999年 東京医科大学大学院修了
2007年 杏林大学医学部眼科学教室講師
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本眼科学会専門医、指導医
論文・著書等を含む主要研究業績 Watanabe T, Keino H, Kudo A, Sato Y, Okada AA: MicroRNAs in retina during development of experimental autoimmune uveoretinitis in rats. Br J Ophthalmol. 100:425-431, 2016.

Inokawa S, Watanabe T, Keino H, Sato Y, Hirakata A, Okada AA, Fukuda K, Fukushima A, Umezawa K: Dehydroxymethylepoxyquinomicin, a novel nuclear factor-κB inhibitor, reduces chemokines and adhesion molecule expression induced by IL-1β in human corneal fibroblasts.
Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 253:557-563, 2015.

Keino H, Watanabe T, Sato Y, Shudo K, Kitaoka Y, Harada T, Okada AA: Retinoic acid receptor stimulation ameliorates experimental autoimmune optic neuritis. Clin Experiment Ophthalmol. 43:558-567, 2015.

Ohtake-Matsumoto A, Keino H, Koto T, Okada AA: Spectral domain and swept source optical coherence tomography findings in acute retinal necrosis. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol.253:2049-2051, 2015.

肥留川京子、慶野博、渡邊交世、瀧和歌子、平形明人、岡田アナベルあやめ: 網膜動静脈閉塞症に対してステロイドパルス療法が奏効したSLE網膜症の1例(原著論文/症例報告) あたらしい眼科 32:904-908, 2015

平成26年度-28年度 科学研究費補助金(基盤研究C)
所属学会 日本眼科学会、日本眼炎症学会(評議員)、
日本眼科手術学会、日本免疫学会
ひとことメッセージ 現在の情報化社会では、これまで以上に視覚から大量の情報を入手するようになっています。
眼を通じて患者さんのQOL維持、改善のお役にたちたいと考えています。
このページのトップへ

PAGE TOP