大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:堅田 智久

教員紹介:堅田 智久


項目名 内容
氏名 堅田 智久
フリガナ カタダ トモヒサ
職位 助教
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 薬理学
兼務・兼担 薬理学(付属看護専門学校)
専門分野 発生生物学
研究テーマ アフリカツメガエルおよびマウスをモデル動物として用い、器官形成において鍵となる遺伝子の機能解析を行っている。特に、腎臓と眼の発生に注目し、再生医療や創薬も視野に入れた研究を行っている。
略歴 2004年 博士(理学)学位取得(関西学院大学)
2004年 博士研究員(関西学院大学)
2005年 民間企業 主任研究員
2008年 バイオベンチャー企業 拠点リーダー
2009年 杏林大学医学部薬理学教室助教
2011年 Washington University in St.Louis Staff Scientist (Prof. Raphael Kopan lab.)
2013年 杏林大学医学部薬理学教室助教
所有する学位 博士(理学)
論文・著書等を含む主要研究業績 <論文>
1. Katada T and Sakurai H.
“Proper Notch activity is necessary for the establishment of proximal cells and differentiation of intermediate, distal, and connecting tubule in Xenopus pronephros development”
Dev. Dyn., 245: 472-482 (2016)

2. Jutabha P, Anzai N, Kitamura K, Taniguchi A, Kaneko S, Yan K, Yamada H, Shimada H, Kimura T, Katada T, Fukutomi T, Tomita K, Urano W, Yamanaka H, Seki G, Fujita T, Moriyama Y, Yamada A, Uchida S, Wempe MF, Endou H and Sakurai H
“Human sodium phosphate transporter 4 (hNPT4/SLC17A3) as a common renal secretory pathway for drugs and urate”
J. Biol. Chem., 285: 35123-35132 (2010)

3. Ito M, Katada T, Miyatani S and Kinoshita T:
"XSu(H)2 is an essential factor for gene expression and morphogenesis of Xenopus gastrula embryo"
Int. J. Dev. Biol., 51: 27-36 (2007)

4. Katada T, Ito M, Kojima Y, Miyatani S and Kinoshita T.
"XMam1, Xenopus Mastermind1, induces neural gene expression in a Notch-independent manner"
Mech. Dev., 123: 851-859 (2006)

5. Katada T and Kinoshita T.
"XMam1, the Xenopus homologue of mastermind, is essential to primary neurogenesis in Xenopus laevis embryos"
Int. J. Dev. Biol., 47: 397-404, (2003)

<特許>
特開2009-131253
禿頭進行者の半禿頭領域由来の頭髪であるか否かを判定するためのマーカー

<競争的研究資金の獲得状況>
2010年 若手研究(B)
所属学会 日本発生生物学会、日本分子生物学会、日本動物学会、日本腎臓学会、日本薬理学会
ひとことメッセージ The sky is the limit.
このページのトップへ

PAGE TOP