大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:柴原 純二

教員紹介:柴原 純二


氏名
 
柴原 純二
シバハラ ジュンジ
職位 教授
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) M3 病理学総論
M3 病理学各論A
M4 病理学各論B
M5 BSL
M6 クリニカルクラークシップ
専門分野 病理診断学
研究テーマ 脳腫瘍の病理
肝疾患の病理
略歴 1997年3月 東京大学医学部医学科卒業
2001年3月 東京大学大学院医学系研究科卒業
2001年4月-2015年3月  東京大学大学医学系研究科・東京大学医学部附属病院
2011年4月-2012年3月 米国Mayo Clinic留学
2016年4月-杏林大学医学部病理学教室 教授
所有する学位 博士(医学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本病理学会専門医
日本病理学会病理専門医研修指導医
日本臨床細胞学会細胞診指導医
論文・著書等を含む主要研究業績 1) Hayashi A, Misumi K, Shibahara J, et al.: Distinct clinicopathologic and genetic features of 2 histologic subtypes of intrahepatic cholangiocarcinoma. Am J Surg Pathol 2016 in press.
2) Hayashi A, Shibahara J, et al.: Histologic assessment of intratumoral lymphoplasmacytic infiltration is useful in predicting prognosis of patients with hepatocellular carcinoma. PLoS One 11(5):e0155744, 2016.
3) Ikemura M, Shibahara J, et al.: Utility of ATRX immunohistochemistry in diagnosis of adult diffuse gliomas. Histopathology 2016 in press.
4) Shibahara J, et al.: Clinicopathologic characteristics of hepatocellular carcinoma with reactive ductule-like components. Am J Surg Pathol 40(5):608-16, 2016.
5) Shibahara J, et al.: Hepatocellular carcinoma with steatohepatitic features: a clinicopathologic study of Japanese patients. Histopathology 64(7):951-62, 2014.
所属学会 日本病理学会(評議員)
日本臨床細胞学会
このページのトップへ

PAGE TOP