大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:花輪 智子

教員紹介:花輪 智子


項目名 内容
氏名 花輪 智子
フリガナ ハナワ トモコ
職位 准教授
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 感染と防御(医学部)
兼務・兼担 微生物学(付属看護専門学校)
専門分野 分子微生物学
研究テーマ 細菌病原性発現の制御
略歴 1990年 4月 日清製粉株式会社(医薬部門)生化学研究室
1991年12月 杏林大学医学部助手(微生物学教室)
2005年 4月-2006年3月 ミネソタ大学医学部博士研究員(微生物学研究室)
2007年 4月 杏林大学医学部学内講師
2010年 4月 杏林大学医学部講師
所有する学位 博士(薬学)
論文・著書等を含む主要研究業績 1) Hanawa T, Kamachi K1, Yonezawa H, Fukutomi T, Kawakami H, Kamiya S : Glutamate Limitation, BvgAS Activation, and (p)ppGpp Regulate the Expression of the Bordetella pertussis Type 3 Secretion System. J Bacteriology, 198:343-351, 2016.
2) Oguri S, Hanawa T, Matsuo J, Ishida K, Yamazaki T, Nakamura S, Okubo T, Fukumoto T, Akizawa K, Shimizu C, Kamiya S, Yamaguchi H. Protozoal ciliate promotes bacterial autoinducer-2 accumulation in mixed culture with Escherichia coli. J Gen Appl Microbiol. 61:203-210, 2015.
3) Hanawa T, Yonezawa H, Kawakami H, Kamiya S, Armstrong SK.: Role of Bordetella pertussis RseA in the cell envelope stress response and adenylate cyclase toxin release. Pathog Dis. 69: 7-20, 2013.
4) Sugisaki K, Hanawa T, Yonezawa H, Osaki T, Fukutomi T, Kawakami H, Yamamoto T, Kamiya S.: Role of (p)ppGpp in biofilm formation and expression of filamentous structures in Bordetella pertussis.Microbiology. 159(Pt 7):1379-89, 2013.
5) Brickman TJ, Hanawa T, Anderson MT, Suhadolc RJ, Armstrong SK. Differential expression of Bordetella pertussis iron transport system genes during infection. Mol Microbiol. 70(1):3-14.2008.
所属学会 日本細菌学会、日本分子生物学会、米国微生物学会、日本バイオフィルム学会
このページのトップへ

PAGE TOP