大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:北村 修

教員紹介:北村 修


項目名 内容
氏名 北村 修
フリガナ キタムラ オサム
職位 教授
学内の役職・委員等 学生主任
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 法医学
担当科目(大学院) 法科学
専門分野 法医病理学、精神神経薬理学
研究テーマ 薬物依存、法医病理診断学
略歴 1988年3月長崎大学医学部卒業
1988年4月長崎大学大学院医学研究科入学
1994年7月長崎大学大学院医学研究科卒業
1994年8月東京慈恵会医科大学助手(法医学教室)
1999年4月徳島大学医学部助手(法医学講座)
2000年6月徳島大学医学部講師(法医学講座)
2007年1月金沢医科大学教授(法医学講座)
2015年4月現職
所有する学位 医学博士
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本法医学会法医認定医
論文・著書等を含む主要研究業績 Escalation of methamphetamine self-administration in rats: a dose-effect function.O. Kitamura, S. Wee, SE. Specio, GF. Koob and L. Pulvirenti. Psychopharmacology 186, 48-53 (2006)

Conditioned withdrawal drives heroin consumption and decreases reward sensitivity. PJ. Kenny, SA Chen, O. Kitamura, A Markou and GF. Koob. J. ournal of Neuroscience 26, 5894-5900 (2006)

Immunohistochemical investigation of dopaminergic terminal markers and caspase-3 activation in the striatum of human methamphetamine users. O. Kitamura, I. Tokunaga, T. Gotohda and S. Kubo. International Journal of Legal Medicine 121, 163-168 (2007)

Detection of diatom in formalin-fixed organs in forensic autopsy cases. T. Takeichi and O. Kitamura. Forensic Science International 190, 19-23 (2009)

Microglial and astrocytic changes in the striatum of methamphetamine abusers.O. Kitamura, T. Takeichi, EL. Wang, I. Tokunaga, A. Ishigami and S. Kubo. Legal Medicine 12, 57-62 (2010)

The effects of low-dose methamphetamine pretreatment on endoplasmic reticulum stress and methamphetamine neurotoxicity in the rat midbrain. T. Takeichi, EL. Wang and O. Kitamura. Legal Medicine 14, 69-77 (2012)
所属学会 日本法医学会(理事)、日本犯罪学会、日本神経科学会、日本病理学会
学外活動 長崎大学医学部非常勤講師、香川大学医学部非常勤講師、東京都監察医務院非常勤監察医
ひとことメッセージ 杏林大学法医学教室は、多摩地区の一部(人口約140万人)を対象として死因究明を行っています。本学医学部生の授業のみならず、全国の警察官(検死官)に対する法医学教育も担当しています。杏林大学以外の医学生の法医学研修も相談に応じますので、興味がある方はお問い合わせ下さい。
電子メール legal@ks.kyorin-u.ac,jp
このページのトップへ

PAGE TOP