大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:大谷 宗久

教員紹介:大谷 宗久


項目名 内容
氏名 大谷 宗久
フリガナ オオタニ ムネヒサ
職位 准教授
学内の役職・委員等 M1担任
PBL担当室員
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 医学物理学B, 医学統計学, 医学物理学実習, 情報科学
担当科目(大学院) 放射線物理学, 放射線物理学演習
兼務・兼担 情報科学(付属看護専門学校)
専門分野 ハドロン物理理論:核子・中間子の性質や構造の解析
研究テーマ 核子および中間子の性質や構造に関する理論的研究
カイラル対称性と質量起源に関する理論的研究
略歴 2002年 東京大学大学院理学系研究科 博士課程修了 (理学博士)
2002年 高エネルギー加速器研究機構 協力研究員・COE研究員
2003年 理化学研究所 協力研究員
2006年 ドイツ・レーゲンスブルク大学 研究員・フンボルトフェロー
2008年 杏林大学医学部 講師
所有する学位 博士(理学)
論文・著書等を含む主要研究業績 1) Sano T, Fujii H & Ohtani M: UA(1) breaking and phase transition in chiral random matrix model. Phys Rev D80: 034007-1-9, 2009.
2) Lehner C, Ohtani M, Verbaarschot J.J.M & Wettig T: Topology and chiral random matrix theory at nonzero imaginary chemical potential. Phys Rev D79: 074016-1-11, 2009.
3) Ohtani M, Lehner C, Wettig T & Hatsuda T: Topological susceptibility at finite temperature in a random matrix model. Mod Phys Lett A23: 2465-2468, 2008.
4) Broemmel D, Goeckeler M, Haegler Ph, Horsley R, Nakamura Y, Ohtani M, Pleiter D, Rakow P, Schaefer A, Schierholz G, Schroers W, Stueben H & Zanotti J: Hadronic Structure from the lattice. Eur Phys J ST 162: 63-71, 2008.
5) Iwazaki A, Morimatsu O, Nishikawa T & Ohtani M: Color Ferromagnetic Quark Matter in Neutron Stars. Int J Mod Phys A22: 721-730, 2007.
所属学会 日本物理学会
学外活動 理化学研究所 客員研究員
このページのトップへ

PAGE TOP