大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:平形 明人

教員紹介:平形 明人


氏名
 
平形 明人
ヒラカタ アキト
職位 教授
学内の役職・委員等 教務部長(医学部)
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 眼科学
専門分野 眼科学、網膜硝子体疾患、眼病理
研究テーマ 網膜硝子体疾患、眼科手術、眼病理
略歴 1982年 慶應義塾大学医学部卒業
1982年 慶應義塾大学医学部眼科学教室入局
1984年 国立東京第二病院レジデント
1985年 国立栃木病院眼科医長
1987年 慶應義塾大学医学部助手(眼科学)
1988年 アメリカ合衆国デューク大学留学(Duke大学医学部眼科病理 Research Fellow,Vitreo-Retinal Research Associate)
1992年 慶應義塾大学付属病院
1992年 杏林大学医学部講師(眼科学)
1997年 杏林大学医学部助教授(眼科学)
2005年 杏林大学医学部教授(眼科学)
所有する学位 医学博士
論文・著書等を含む主要研究業績 1) 平形明人、大鹿哲郎、谷原秀行、岡田アナベルあやめ (共著) : オキュラ-サイエンス:眼科臨床医のための基礎医学と実際統計学. 東京, 医学書院, 1995.
2) 平形明人(担当):すぐに手術が必要な網膜剥離. pp.135-160. 高齢者に増加している黄斑変性症. pp205-228. 坪田一男, 樋田哲夫, 桂 弘, 平形明人, 江口秀一郎 (共著) : 目の成人病. 東京, 朝日新聞社, 1994.
3) 山田昌和, 平形明人, 黒坂大次郎(共著):細隙灯顕微鏡自由自在. 東京, 診断と治療社, 2001.
4) 平形明人:網膜剥離とその関連疾患. 網膜・硝子体疾患の診かた、考え方. 第44回日本眼科医会生涯教育講座テキスト. 東京, 日本眼科医会, 2002. pp.18-63.
5) Hirakata A: Congenital optic disc pits, Moning Glory disc anomaly, Optic never coloboma and peripapillarystaphyloma. In: Macular Surgery. Quiroz-Mercado H, Tano Y, de Juan et al (Eds). Philadelphia, Lippincott, 2000. pp.310-324.
その他 分担執筆多数
所属学会 日本眼科学会(理事)
日本網膜硝子体学会(常任理事)
日本糖尿病眼学会(理事)
日本近視学会(監事)
ほか
付属病院ホームページ ドクター紹介(2008年12月01日公開)
関連サイト 眼科学教室ホームページ
このページのトップへ

PAGE TOP