大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:萬 知子

教員紹介:萬 知子


項目名 内容
氏名 萬 知子
フリガナ ヨロズ トモコ
職位 教授
学内の役職・委員等 教務委員
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
その他の所属教室 集中治療室(CICU,SICU,HCU)
担当科目(学部) 麻酔科
担当科目(大学院) 麻酔科学
専門分野 集中治療感染制御、医学教育、シミュレーション
研究テーマ 中心静脈カテーテル安全管理、中心静脈カテーテル関連血流感染症、医学教育、シミュレーション教育
略歴 1984年 慶應義塾大学医学部卒業
1988年 慶應義塾大学大学院卒業
 同年 慶應義塾大学助手(専修医、麻酔学)
 同年 国立東京第二病院 麻酔科(常勤) 
1989年 都立大塚病院 麻酔科(常勤) 
1995年 慶應義塾大学医学部 漢方クリニック非常勤講師兼任 
1996年 都立大塚病院 麻酔科(非常勤) 
1999年 都立大塚病院 麻酔科(常勤)  
2000年 Manchester University, Manchester Royal Infirmary Hospital Clinical observer ( Dept. of Anaesthesia) 
2001年 国家公務員共済組合連合会立川病院 麻酔科 
2003年 杏林大学医学部麻酔科学教室 専任講師
2006年 杏林大学医学部麻酔科学教室 助教授(現准教授)
2010年 杏林大学医学部麻酔科学教室 主任教授
所有する学位 医学博士
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本麻酔科学会指導医
論文・著書等を含む主要研究業績 1)米国の緩和医療と終末期選択―オレゴン健康科学大学Richardson博士の講演記録. :萬 知子、巌 康秀、窪田靖志、下島裕美、Robert Hugo RICHARDSON、蒲生: 忍杏林医学会雑誌, 39:49-60, 2009
2)中心静脈穿刺資格制度と穿刺時エコー使用推奨による合併症軽減策―杏林大学医学部付属病院での取り組み―. : 萬 知子、塩川芳昭、杏林CVCWG:ICUとCCU 33:775-781, 2009
3) 手術室における個別熱源空調方式の有効性検討. :萬 知子、浅野隆二: 病院設備, 52:75-81, 2010
4)プロポフォールがてんかん様体動を誘発した可能性がある重症筋無力症の1症例:萬知子, 田中健介, 窪田靖志, 北原友輔, 飯島毅彦, 巖康秀:日本臨床麻酔学会誌25巻4号 P343-346、2005.
5)Factors influencing intraoperative bradycardia in adult patients.J Anesth. 2007;21(2):136-41. Epub 2007 May 30.
所属学会 日本麻酔科学会(常務理事)、日本臨床麻酔学会(理事)、日本集中治療医学会、日本区域麻酔学会(評議員)、日本臨床モニター学会(評議員)、日本医学教育学会、静脈麻酔学会
公的な委員会等の役員・委員歴 医道審議会標榜医審査会委員(厚生労働省)
男女共同参画推進委員会委員(医学部長病院長会議)
学外活動 認定病院患者安全推進協議会CVC研修会
全国自治体病院臨床研修指導医WSタスクフォース
ひとことメッセージ 自分の与えられた環境でベストを尽くす。絶対に悲観的にならない。
学生や受験生へのメッセージ:いつも前向きの気持ちで進めば道は開けます
趣味:料理、水泳
付属病院ホームページ ドクター紹介(2010年11月01日公開)
関連サイト 杏林大学医学部麻酔科学教室
このページのトップへ

PAGE TOP