大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:萬 知子

教員紹介:萬 知子


氏名
 
萬 知子
ヨロズ トモコ YOROZU, TOMOKO
職位 教授
学内の役職・委員等 教務主任、男女共同参画推進室副室長、周術期管理センター長、手術部運営委員会副部長、集中治療室室長、臨床工学技士室室長
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
その他の所属教室 集中治療室(CICU,SICU,HCU)、臨床工学技士室
担当科目(学部) 麻酔科
担当科目(大学院) 麻酔科学
専門分野 医学教育、シミュレーション、CVC安全管理
研究テーマ 中心静脈カテーテル安全管理、中心静脈カテーテル関連血流感染症、医学教育、シミュレーション教育、周術期管理
略歴 1984年 慶應義塾大学医学部卒業
1988年 慶應義塾大学大学院卒業
 同年 慶應義塾大学助手(専修医、麻酔学)
 同年 国立東京第二病院 麻酔科(常勤) 
1989年 都立大塚病院 麻酔科(常勤) 
1995年 慶應義塾大学医学部 漢方クリニック非常勤講師兼任 
1996年 都立大塚病院 麻酔科(非常勤) 
1999年 都立大塚病院 麻酔科(常勤)  
2000年 Manchester University, Manchester Royal Infirmary Hospital Clinical observer ( Dept. of Anaesthesia) 
2001年 国家公務員共済組合連合会立川病院 麻酔科 
2003年 杏林大学医学部麻酔科学教室 専任講師
2006年 杏林大学医学部麻酔科学教室 助教授(現准教授)
2010年 杏林大学医学部麻酔科学教室 主任教授
所有する学位 医学博士
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 日本麻酔科学会指導医
論文・著書等を含む主要研究業績 日本学術振興会科学研究費基盤C 平成25年度、平成28年度
1)Prevention of Preventable Death. 萬 知子:日臨麻会誌35,112-117, 2015
2)中心静脈カテーテル関連合併症―機械的合併症と血流感染―. 萬 知子:日臨麻会誌34:11-16, 2014
3)中心静脈カテーテル挿入に伴う機械的合併症に関連する因子の検討―杏林大学病院における5年間の中心静脈穿刺の後ろ向き観察研究―. 萬 知子、塩川芳昭、森山 潔、東 佑佳:臨床麻酔37(10) 1451-1457, 2013
4)気道トラブル―気管チューブの閉塞、最悪の事態を避ける対応が優先、普段のシミュレーションがモノをいう. 萬 知子、鵜澤康二: LISA 18(7) 728-732, 2011
5)中心静脈穿刺資格制度と穿刺時エコー使用推奨による合併症軽減策―杏林大学医学部付属病院での取り組み―. : 萬 知子、塩川芳昭、杏林CVCWG:ICUとCCU 33:775-781, 2009
所属学会 日本麻酔科学会(理事)、日本臨床麻酔学会(評議員)、日本集中治療医学会、日本区域麻酔学会(評議員)、日本臨床モニター学会(評議員)、日本神経麻酔集中治療学会(評議員)、日本医療ガス学会(常任理事)、日本小児麻酔学会、日本心臓血管麻酔学会、日本医学教育学会、静脈麻酔学会、日本シミュレーション学会、日本高気圧環境・潜水医学会、日本臨床高気圧酸素・潜水医学会、American Society of Anesthesiologist, International Anesthesia Research Society, Association of University Anesthesiologist
公的な委員会等の役員・委員歴 医道審議会標榜医審査会委員(厚生労働省)
男女共同参画推進委員会委員(医学部長病院長会議)
厚生労働省薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会委員(厚生労働省)
厚生労働省医療機器・再生医療等製品安全対策部会委員(厚生労働省)
全国自治体病院主催:臨床研修指導医養成ワークショップタスクフォース
日本医療機能評価機構主催:中心静脈カテーテル挿入研修会 講師
学外活動 認定病院患者安全推進協議会CVC研修会
全国自治体病院臨床研修指導医WSタスクフォース
ひとことメッセージ 自分の与えられた環境でベストを尽くす。絶対に悲観的にならない。
学生や受験生へのメッセージ:いつも前向きの気持ちで進めば道は開けます
趣味:山岳ハイキング
付属病院ホームページ ドクター紹介(2010年11月01日公開)
関連サイト 杏林大学医学部麻酔科学教室
このページのトップへ

PAGE TOP