大学ホーム医学研究科教育・研究指導教員紹介:竹尾 暁

教員紹介:竹尾 暁


項目名 内容
氏名 竹尾 暁
フリガナ タケオ サトル
職位 准教授
所属教室
専攻・専門分野
 (大学院)
担当科目(学部) 前期 熱帯病・寄生虫学および寄生虫学実習
担当科目(大学院) 後期 基礎臨床共通講義 II -医科学研究特論-
兼務・兼担 医動物学実験(保健学部)
専門分野 寄生虫学、分子生物学
研究テーマ @宿主・寄生体関係における寄生体側、とくにマラリア病態発現期の原虫側分子機構の解析
@マラリアワクチンの開発
略歴 1993年 東京大学 薬学部 薬学科 卒業
1998年 東京大学大学院 医学系研究科 国際保健学専攻 修了 学位取得
1998-2003年 東京大学大学院 医学系研究科 生物医化学教室 助手
この間 2000-02年 JICA国際協力事業団 長期派遣 技術協力専門家「感染症対策プロジェクト」@ガーナ共和国 ガーナ大学付設 野口記念医学研究所
2003-11年 愛媛大学 無細胞生命科学工学研究センター 講師
2012年- 杏林大学 医学部 感染症学講座 准教授
所有する学位 博士(保健学)
指導医・専門医・認定医、その他の資格等 @薬剤師
@作業環境測定士
論文・著書等を含む主要研究業績 1) Sakamoto H, Takeo S, Maier AG, Sattabongkot J, Cowman AF, & Tsuboi T : Antibodies against a Plasmodium falciparum antigen PfMSPDBL1 inhibit merozoite invasion into human erythrocytes. Vaccine 30: 1972-1980, 2012.

2) Arumugam TU, Takeo S, Yamasaki T, Thonkukiatkul A, Miura K, Otsuki H, Zhou H, Long CA, Sattabongkot J, Thompson J, Wilson DW, Beeson JG, Healer J, Crabb BS, Cowman AF, Torii M, & Tsuboi T : Discovery of GAMA, a Plasmodium falciparum merozoite micronemal protein, as a novel blood-stage vaccine candidate antigen. Infect Immun. 79: 4523-4532, 2011.

3) Ito D, Han ET, Takeo S, Thongkukiatkul A, Otsuki H, Torii M, & Tsuboi T : Plasmodial ortholog of Toxoplasma gondii rhoptry neck protein 3 is localized to the rhoptry body. Parasitol Int 60: 132-138, 2011.

4) 坪井 敬文, 竹尾 暁, 鳥居 本美 : ポストゲノムマラリアワクチン抗原探索の切り札:コムギ胚芽無細胞蛋白質合成法. 蛋白質 核酸 酵素 54: 1041-1046, 2009.

5) Takeo S, Hisamori D, Matsuda S, Vinetz J, Sattabongkot J, & Tsuboi T : Enzymatic characterization of the Plasmodium vivax chitinase, a potential malaria transmission-blocking target. Parasitol Int 58: 243-248, 2009.

6) Tsuboi T, Takeo S, Iriko H, Jin L, Tsuchimochi M, Matsuda S, Han ET, Otsuki H, Kaneko O, Sattabongkot J, Udomsangpetch R, Sawasaki T, Torii M, & Endo Y : Wheat germ cell-free system-based production of malaria proteins for discovery of novel vaccine candidates. Infect Immun 76: 1702-1708, 2008.

7) Han ET, Watanabe R, Sattabongkot J, Khuntirat B, Sirichaisinthop J, Iriko H, Jin L, Takeo S, & Tsuboi T : Detection of four Plasmodium species by genus- and species-specific loop-mediated isothermal amplification for clinical diagnosis. J Clin Microbiol 45: 2521-2528, 2007.

8) Kita K, Hirawake H, Miyadera H, Amino H, & Takeo S : Role of complex II in anaerobic respiration of the parasite mitochondria from Ascaris suum and Plasmodium falciparum. Biochim Biophys Acta 1553: 123-139, 2002.

9) Takeo S, Kokaze A, Ng CS, Mizuchi D, Watanabe J, Tanabe K, Kojima S, & Kita K : Succinate dehydrogenase in Plasmodium falciparum mitochondria: molecular characterization of the SDHA and SDHB genes for the catalytic subunits, the flavoprotein (Fp) and iron-sulfur (Ip) subunits. Mol Biochem Parasitol 107: 191-205, 2000.
所属学会 @日本寄生虫学会(評議員)
@日本分子生物学会
@日本熱帯医学会
@The American Society of Tropical Medicine and Hygiene(米国熱帯医学会)
学外活動 1998/1999年度 JICA国際協力事業団 短期派遣 技術協力専門家「第三国技術研修」講師@マレーシア国立医学研究所
ひとことメッセージ 「寄生虫」古い?気味悪い? いえいえ、主を生かして/活かして自分も生きる、賢さを極めた生き物、ともいえます。その生命現象には、未到の研究エリアが拡がっています。
関連サイト 研究室ホームページ
このページのトップへ

PAGE TOP