受験生サイト サークル紹介 学生支援ポータル 学納金サイト  [在学生・保護者専用]

Faculty of Health Sciences教員紹介

項目名 内容
教員名 俵 紀行
フリガナ タワラ ノリユキ
NAME Noriyuki TAWARA
所属学科 診療放射線技術学科
職 位 教授
所属研究室 診療放射線技術
研究テーマ・分野 Pulse Sequenceの開発も含めたMRI撮像法の新たな活用法の開発、MRIの組織特異度を示す各種パラメータの算出精度の向上および取得時間の短縮化、MRIを主とした医用画像のスポーツ医科学への応用、骨成熟評価法
担当科目(学部) 診療画像検査機器学I・II・III、診療画像検査機器学実習
担当科目(大学院) 医用電磁気学・磁気共鳴画像技術学特論、磁気共鳴画像工学特論・磁気共鳴画像工学演習
略 歴 1994年:熊本大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科 卒業
1996年:東京理科大学理学部第II部物理学科 卒業 
1999年:日本大学大学院理工学研究科博士前期課程情報科学専攻 修了
2005年:日本大学大学院理工学研究科博士後期課程情報科学専攻 単位取得後退学
2008年:博士(工学)

1994年:東京大学医学部附属病院 文部技官(診療放射線技師)
2001年:国立スポーツ科学センター 研究員(診療放射線技師)
2013年:国立スポーツ科学センター 先任研究員(診療放射線技師)
2014年:北海道大学大学院保健科学研究院健康科学分野 助教
2015年06月〜9月:Scientific Visit. Department of Radiology, Faculty of Medicine, Chulalongkorn University (Bangkok, Thailand)
2016年:日本医療大学保健医療学部診療放射線学科 教授
2023年:杏林大学保健学部診療放射線技術学科 教授
所有する学位 博士(工学)
所有する資格 診療放射線技師
第一種放射線取扱主任者
Certificate of Siemens IDEA pulse sequence programming, Siemens Med Training and Development Center, USA.
Certificate of Siemens ICE image calculation, Siemens Med Training and Development Center, USA.
主要研究業績 【論 文】
〇 Tawara N, Itoh A: Effects of MR image noise on the estimation of short T2 values from T2-weighted image series. Magn Reson Med Sci, 6(4):187-197, (2007).
〇 Tawara N, Nitta O, Kuruma H, Niitsu M, Hoshikawa A, Okuwaki T, Itoh A: Functional T2 Mapping of the Trunkal Muscle. Magn Reson Med Sci, 8(2):81-83, (2009).
〇 Kubota J, Takashi Ono, Megumi Araki, Noriyuki Tawara, Suguru Torii, Toru Okuwaki, Toru Fukubayashi: Relationship between the MRI and EMG Measurements. Int J Sports Med, 30(7):533-537, (2009).
〇 Yanagisawa O, Dohi M, Okuwaki T, Tawara N, Niitsu M, Takahashi H: Appropriate Slice Location to Assess Maximal Cross-sectional Area of Individual Rotator Cuff Muscles in Normal Adults and Athletes. Magn Reson Med Sci, 8(2):65-71, (2009).
〇 Tawara N, Nitta O, Kuruma H, Niitsu M, Itoh A: T2 Mapping of Muscle Activity Using Ultrafast Imaging. Magn Reson Med Sci, 10(2):85-91, (2011).
〇 Nakajima K, Hoshikawa A, Ito S, Morioka Y, Tawara N, Nakamura K, Okuwaki T, Kawahara T: The Sport Habit During Younger Age May Bring Good Effect For Locomotory System And Function.— From Periodic Medical Checkup On Former Japanese Olympian at 1964—. Br J Sports Med, 48(7):644, (2014).
〇 Tawara N, Nishiyama A: Effect of number of measurement points on accuracy of muscle T2 calculations. Investig Magn Reson Imaging, 20(4):207-214, (2016).
〇 Polharn P, Krisanachinda A, Tawara N, Ponkanist K. The effect of repetition time during the measurement of muscle T2 for investigating muscle activity at 1.5 tesla MRI. Medical Physics International, 4(2):345, (2016).
〇 Tawara N, Nishiyama A: Muscle functional MRI of exercise-induced rotator cuff muscles. Investig Magn Reson Imaging, 25(1):1-9, (2021).
〇 Tawara N: The ability of muscle functional magnetic resonance imaging to detect the slight impact of exercise on trunk muscle activity. Investig Magn Reson Imaging, 26(2):117-124, (2022).
〇 Tawara N, Tamada D: Visualization of the importance of the applied timing of the gradient magnetic field in acquiring gradient echo MR images using MRI simulation.J Med Radiat Sci, 53(4)S13, (2022).

〇 俵紀行,川原貴,村田光範:フィルムレス(ディジタル画像)を用いた骨成熟評価法(TW2-RUS法)の試み. 日骨形態誌, 16(1):7-12, (2006).
〇 田中千晶,飯田忠行,俵紀行,高松潤二,川原貴,村田光範,本間美和子:発育期の女子シンクロナイズドスイミング競技者における骨密度の特徴 -日常の身体活動量および栄養摂取量との関連について- . 体力科学, 55(1):165-174, (2006).
〇 俵紀行,新田收,伊藤彰義:高速撮像法を用いたMR画像重ね合わせによる骨格筋の活動様相可視化の試み. 日放技学誌, 63(12):1253-1259, (2007).
〇 俵紀行,新田收,伊藤彰義:ヒト骨格筋の横緩和時間計測のための撮像法比較. 日磁医誌, 28(1):25-34, (2008).
〇 俵紀行,新田收,来間弘展,新津守,伊藤彰義:筋機能MR画像の収集時間短縮化の試み. 医画情誌, 26(1):1-7, (2009).
〇 俵紀行,新田收,来間弘展,新津守,伊藤彰義:運動療法のための体幹部骨格筋の評価 -高速スキャン磁気共鳴画像法(MRI)を利用した筋の活動性の画像化-. 第24回健康医科学研究助成論文集, 平成19年度:81-89, (2009).
〇 青木孝子,堀内彰,板垣琢磨,藤堂幸宏,俵紀行,奥脇透,新津守:腓腹筋トラクトグラフィにおける描出エラー:横断像と矢状断像の比較. 日磁医誌, 30(1):15-22, (2010).
〇 星川淳人,高橋佐江子,俵紀行:Muscle functional MRIを用いた筋活動の定量評価の可能性 臨床スポーツ医学,29(1):61-66, (2012).
〇 辰田和佳子,横田由香里,亀井明子,俵紀行,川原貴,田口素子,樋口満:エリート男性競技者の高い基礎代謝量は身体組成に起因する. 体力科学, 61(4):427-433, (2012).

【外部資金獲得】
2007〜2009年 科研費 若手研究(B) (課題番号:19700465.研究代表者)
2010〜2012年 科研費 若手研究(B) (課題番号:22700570.研究代表者)
2013〜2016年 科研費 基盤研究(B) (課題番号:25282170.研究代表者)

2007年 (財)明治安田厚生事業団 第24回健康医科学研究助成 (研究代表者)

2005〜2007年 科研費 基盤研究(B) (課題番号:17300214.研究分担者)
2009〜2012年 科研費 基盤研究(B) (課題番号:21300241.研究分担者)
2011〜2013年 科研費 挑戦的萌芽研究 (課題番号:23650362.研究分担者)

【特 許】
〇 特許第5369309号(登録日2013(平成25)年9月27日)(画像処理装置、画像処理プログラム及び磁気共鳴装置)
 
【著 書(分担執筆も含む)】
〇 読影の基礎 第4版 -診療画像技術学のための問題集-. 共立出版, 2017.
〇 図解 診療放射線技術実践ガイド 第4版. 分光堂,2020.
〇 MR画像検査学. メディカルビュー社,2023.

【受 賞 歴】
〇 日本磁気共鳴医学会 平成20年度バイエル学術奨励賞・国際飛躍賞 受賞(2008.12.22)
〇 第32回日本大学理工学部学会・協会賞(研究業績部門) 受賞(2009.11.05)
〇 日本磁気共鳴医学会 平成23年度バイエル学術奨励賞・国際飛躍賞 受賞(2011.12.21)
〇 第35回日本大学理工学部学会・協会賞(研究業績部門) 受賞(2012.11.08)
〇 Best Poster Award, ICMRI2018, Seoul, Korea, (2018.03.31).
〇 Best Poster Presentation Award(2nd), AOCMP & SEACOMP 2018 (2018.11.14)
〇 Honorarium of iMRI-OP-22-416 by KSMRM (2022.10.21)
〇 22nd ISRRT World Congressに伴う海外発表促進助成事業 受賞.公益社団法人日本放射線技師会. Bangkok, Thailand,(2022.12.15.)
〇 日本診療放射線技師会 学術奨励賞 受賞(2023.09.29)
所属学会 日本磁気共鳴医学会、日本放射線技術学会、日本医学物理学会、日本診療放射線技師会、ISMRT
学外活動 日本磁気共鳴医学会代議員
居室・研究室 教員室:B414、研究室:B308
メールアドレス noriyuki-tawara@ks.kyorin-u.ac.jp (アットマークは半角に変えてください)
オフィスアワー 水曜日 13:30〜17:00まで B414室。左記時間帯以外でもできる限りの対応はします。
学生・受験生へのメッセージ 国内外を問わず、今だけでなく、10年先、20年先も必要とされる人材になれることを目指してください!応援しますので、是非、一緒に頑張り精進しましょう!