Faculty of Health Sciences教員紹介

項目名 内容
教員名 大河戸 光章
フリガナ オオコウド ミツアキ
NAME Mitsuaki Okodo
所属学科 臨床検査技術学科
職 位 准教授
研究テーマ・分野 子宮頸部腫瘍および肛門管腫瘍におけるHPV検出の意義
担当科目(学部) 病理学総論(臨検2年)、病理検査学(臨検2年), 病理検査学実習(臨検2年), 臨床細胞診断学 (臨検4年), 医療学概論[分担](臨検1年) , 総合医療演習[分担](臨検3年), 臨床検査総合演習[分担](臨検4年)
担当科目(大学院) 細胞診断学, 細胞診断学特論, 婦人科腫瘍学特論, 細胞診・病理セミナー, 細胞診断学演習
略 歴 1993.3 北里大学衛生学部衛生技術学科卒業
1995.3 杏林大学大学院保健学研究科博士前期課程修了
1995.4 杏林大学保健学部助教
2013.10 同講師
2018.4 同准教授
所有する学位 博士(保健学)(杏林大学)
所有する資格 臨床検査技師・細胞検査士
主要研究業績 ○受賞
・2022年度, 第63回日本臨床細胞学会 ベストいいね!賞×4
・2021年, 日本臨床細胞学会最優秀論文賞 (Okodo M, et.al, Koilocytic changes are not elicited by human papillomavirus genotypes with higher oncogenic potentil. J Med Virol, 2020)
・2018年度, 第57回日本臨床細胞学会秋期大会 優秀演題賞
・2014年度, 保健学部Teacher of the year 2014
・2013年度, 第22回杏林医学会賞
○特許・知的財産権
・2000年度, 特開2000-146782, 自動固定標本作製装置および方法, 発明者
・2006年度, 講義支援システム「アカデミアCRV」,京セラ丸善システムインテグレーション〈株〉販売, 発明者

○論文(過去5年分)★Corresponding author
【1】 Kitamura H, Itoda I, Okodo M, Okayama K, Kawai S, Teruya K, Furuse J, High-resolution anoscopy for the diagnosis and treatment of human papillomavirus-related anal intraepithelial neoplasia in human immunodeficiency virus-seropositive men who have sex with men in Japan.
J Cancer Prev Curr Res. 2022;13(3):83‒88.
【2】 Okayama K, Ishii Y, Fujii M, Oda M, Okodo M★.
Causation of cornflake artifacts: Possible association of poor dehydration with drying before mounting in Papanicolaou stain.
Diagnostic Cytopathology, 2022, https://doi.org/10.1002/dc.25002
【3】 Okodo M★, Okayama K, Misawa Y(4年生), Tsukakoshi N(4年生), Tanabe K, Teruya K, Ito C, Ishii Y, Fujii M, Oda M
Effects of menstrual cycle on cytological false-negatives in women with persistent cervical intraepithelial neoplasia
Cytopathology, 2022, https://doi.org/10.1111/cyt.13152
【4】 Okodo M★, Okayama K, Tsukakoshi N(4年生), Misawa Y(4年生), Tanabe K, Teruya K, Ito C, Ishii Y, Fujii M, Oda M
Effects of menstrual cycle on various morphologies of high-grade squamous intraepithelial lesions in SurePath™ liquid‐based cervical cytology
Acta Cytologica, 2022, https://doi.org/10.1159/000525141
【5】 Okodo M★, Okayama K, Teruya K, Tanabe K, Ito C, Ishii Y, Fujii M, Kimura H, Oda M
Effects of menstrual cycle on the accumulation of human papillomavirus-infected cells exfoliated from the cervix that drift into the vagina
Microorganisms, 2022, 10(4), 693; https://doi.org/10.3390/microorganisms10040693
【6】 Okayama K, Sasagawa T, Teruya K, Oda M, Fujii M, Kimura H, Okodo M★
Profiles of human papillomavirus detection of the multinucleated cells in the cervical smears.
Microorganisms, 2021, 9(8), 1575; https://doi.org/10.3390/microorganisms9081575
【7】 Zhang S, Saito M, Okayama K, Okodo M, Kurose N, Sakamoto J, Sasagawa T
HPV genotyping by molecular mapping of tissue samples in the vaginal squamous intraepithelial neoplasia (VaIN) and vaginal squamous cell carcinoma (VaSCC).
Cancers, 2021, 13(13), 3260; https://doi.org/10.3390/cancers13133260
【8】 Musangile F, Matsuzaki I, Okodo M, Shirasaki A, Mikasa Y, Iwamoto R, Takahashi Y, Kojima F, Murata S.
Detection of HPV infection in urothelial carcinoma using RNAscope: clinicopathological characterization.
Cancer Medicine, 2021, http://doi.org/10.1002/cam4.4091
【9】 Noji N, Okayama K, Oda M, Shimada A, Okodo M★.
Human papillomavirus infection status of single cells isolated from cervical cytology specimens by simple manual microdissection
J Med Virol, 2021, https://doi.org/10.1002/jmv.26888
【10】 Okayama K, Teruya K, Kimura H, Ishii Y, Fujita K, Fujii M, Oda M, Sasagawa T, Okodo M★.
Correlation between human papillomavirus codetection profiles and cervical intraepithelial neoplasia in Japanese women.
Microorganisms 2020, 8(12), 1863; https://doi.org/10.3390/microorganisms8121863
【11】 Okodo M★, Okayama K, Teruya K, Kimura H, Noji N, Ishii Y, Fujii M, Oda M, Sasagawa T.
Koilocytic changes are not elicited by human papillomavirus genotypes with higher oncogenic potential
J Med Virol, 2020, https://doi.org/10.1002/jmv.25775
【12】 Iijima J, Okayama K, Teruya K, Hata H, Shiina N, Yabusaki H, Okodo M★.
A study of the relationship between nuclear contour thickening, nuclear enlargement and human papillomavirus infection in squamous cells.
Cytopathology. 2019, https://doi.org/10.1111/cyt.12756
【13】 Hata H, Okayama K, Iijima J, Teruya K, Shiina N, Caniz T, Okodo M★.
A Comparison of Cytomorphological Features of ASC-H Cells Based on Histopathological Results Obtained from a Colposcopic Target Biopsy Immediately after Pap smear Sampling.
Asian Pac J Cancer Prev. 2019, 20, 2139-2143, doi: 10.31557/APJCP.2019.20.7.2139
【14】 Sakamoto J, Kamiura S, Okayama K, Okodo M, Shibata T, Osaka Y, Fujita S, Tanaka E, Takagi H, Takakura M, Sasagawa, T.
Single type infection of human papillomavirus as a cause for high-grade cervical intraepithelial neoplasia and invasive cancer in Japan.
Papillomavirus Research. 2018, 6: 46-51, https://doi.org/10.1016/j.pvr.2018.10.001
【15】 岡山香里, 川田悠貴, 小河原はつ江, 木村博一, 高橋克典, 石垣宏尚, 古田島伸雄, 長田誠, 大河戸光章, 藤田清貴. 小学生を対象とした細胞観察と染色実験の試み
日本臨床検査学教育学会雑誌, 2018, 11:15-18.
【16】 Okodo M, Okayama K, Teruya K, Sasagawa T.
Uniplex E6/ E7 PCR method detecting E6 or E7 genes in 39 human papillomavirus types.
J Med Virol, 2018, https://doi.org/10.1002/jmv.25017


〇著書
【1】 大河戸光章(分担):ポケットマスター臨床検査知識の整理 病理学/病理組織細胞学. 東京,医歯薬出版,2020.p. 170-281.
【2】 大河戸光章(分担):スタンダード細胞診テキスト 第4版.東京,医歯薬出版,2019.
【3】 大河戸光章(分担):臨床検査学講座 病理学/病理検査学.東京,医歯薬出版,2016.p. 199-337.

○口演(過去3年分)
【1】 大河戸光章,岡山香里,伊藤千恵子,石井保吉,小田瑞恵.月経周期における子宮頸部由来細胞の剥離性の違い.【ベストいいね!賞】東京.第63回日本臨床細胞学会総会.2022年6月11日‐12日.
【2】 大河戸光章,岡山香里,野地夏美,石井保吉,藤井雅彦,小田瑞恵,笹川寿之.【最優秀論文賞 受賞講演】Koilocyteは発癌性の高いHPVによって誘発されない.東京.第63回日本臨床細胞学会総会.2022年6月11日‐12日.
【3】 三澤幸美,塚越菜津子,岡山香里,伊藤千恵子,石井保吉,小田瑞恵,大河戸光章.月経周期におけるSIL細胞の出現性の違い.【ベストいいね!賞】東京.第63回日本臨床細胞学会総会.2022年6月11日‐12日.
【4】 塚越菜津子,三澤幸美,岡山香里,伊藤千恵子,石井保吉,小田瑞恵,大河戸光章.月経周期におけるHSIL 細胞の出現形態の違い.【ベストいいね!賞】東京.第63回日本臨床細胞学会総会.2022年6月11日‐12日.
【5】 岡山香里,笹川寿之,石井保吉,小田瑞恵,大河戸光章.細胞診による潜在性腟上皮HPV 感染または腟上皮内腫瘍(VaIN)の検索.【ベストいいね!賞】東京.第63回日本臨床細胞学会総会.2022年6月11日‐12日.
【6】 松崎生笛,Fidele Yambayamba Musangile,大河戸光章,吉井輝子,矢野裕子,工藤祥太,三笠友理奈,岩元竜太,小島史好,村田晋一.【教育講演】尿路上皮癌におけるHPV感染〜RNAscopeによる解析〜.東京.第63回日本臨床細胞学会総会.2022年6月11日‐12日.
【7】 大河戸光章.HPV型と子宮頸部病変との関係.荒川区がん予防・健康づくりセンター令和3年度細胞検査士講習会.荒川区.2022年3月4日
【8】 大河戸光章,岡山香里,笹川寿之.【シンポジウム】HPV感染による形態学的変化に意味はあるか.米子市.第60回日本臨床細胞学会秋期大会.2021年11月20日‐21日.
【9】 大河戸光章,岡山香里,笹川寿之.【特別講演】HPV First 検診導入によって細胞検査士に求められるスキルは何か.山口市.第102回山口県臨床細胞学会学術講演会.オンライン.2021年9月26日
【10】 大河戸光章.【シンポジウム】HIV陽性者における肛門管癌の早期発見と治療戦略. HPVの基礎と肛門管擦過物の細胞所見の実際. 第34回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 2020年11月
【11】 大河戸 光章. 【教育講演】HPV型と子宮頸部病変:第61回日本臨床細胞学会春期大会, 東京, 2020年6月
【12】 大河戸 光章. 【第7回子宮の日全国アクション2020報告会】HPV検査と細胞診検査の現状と今後:第61回日本臨床細胞学会春期大会, 東京, 2020年6月
【13】 大河戸光章. 【教育講演】HPVの網羅解析から見えてきたHPV型と子宮頸部病変との関係.第45回和歌山臨床細胞学会学術集会.2020年2月1日
所属学会 日本臨床細胞学会,日本性感染症学会, 日本エイズ学会
公的な委員会等の役員・委員歴 日本臨床細胞学会 評議員
日本臨床検査学教育学会 評議員
居室・研究室 井の頭キャンパス B棟101号室
メールアドレス ohkoudom@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 13:00-17:00(前期木曜、後期火曜を除く)B101号室
関連サイト https://researchmap.jp/read0074676/