Faculty of Health Sciences教員紹介

項目名 内容
教員名 大河戸 光章
フリガナ オオコウド ミツアキ
NAME Mitsuaki Okodo
所属学科 臨床検査技術学科
職 位 准教授
研究テーマ・分野 子宮頸部腫瘍および肛門管腫瘍におけるHPV検出の意義
担当科目(学部) 入門細胞診断学(臨検1年), 病理学総論(臨検2年)、病理検査学(臨検2年), 病理検査学実習(臨検2年), 臨床細胞診断学 (臨検4年), 医療学概論[分担](臨検1年), アドバンスドクラス病理組織検査技術[分担](臨検3年), 総合医療演習[分担](臨検3年), 臨床検査総合演習[分担](臨検4年)
担当科目(大学院) 細胞診断学, 細胞診断学特論, 婦人科腫瘍学特論, 細胞診・病理セミナー, 細胞診断学演習
略 歴 1993.3 北里大学衛生学部衛生技術学科卒業
1995.3 杏林大学大学院保健学研究科博士前期課程修了
1995.4 杏林大学保健学部助教
2013.10 同講師
2018.4 同准教授
所有する学位 博士(保健学)(杏林大学)
所有する資格 臨床検査技師・細胞検査士
主要研究業績 ○特許・知的財産権
・2000年度, 特開2000-146782,自動固定標本作製装置および方法, 発明者
・2006年度, 講義支援システム「アカデミアCRV」,京セラ丸善システムインテグレーション〈株〉販売, 発明者
○受賞
・2018年度, 第57回日本臨床細胞学会秋期大会 優秀演題賞
・2014年度, 保健学部Teacher of the year 2014
・2013年度, 第22回杏林医学会賞

○論文(過去5年分)*Corresponding author
1. Noji N, Okayama K, Oda M, Shimada A, Okodo M*.
Human papillomavirus infection status of single cells isolated from cervical cytology specimens by simple manual microdissection
J Med Virol, 2021, https://doi.org/10.1002/jmv.26888
2. Okayama K, Teruya K, Kimura H, Ishii Y, Fujita K, Fujii M, Oda M, Sasagawa T, Okodo M*.
Correlation between Human Papillomavirus Codetection Profiles and Cervical Intraepithelial Neoplasia in Japanese Women
Microorganisms 2020, 8(12), 1863; https://doi.org/10.3390/microorganisms8121863
3. Okodo M*, Okayama K, Teruya K, Kimura H, Noji N, Ishii Y, Fujii M, Oda M, Sasagawa T. Koilocytic changes are not elicited by human papillomavirus genotypes with higher oncogenic potential
J Med Virol, 2020, https://doi.org/10.1002/jmv.25775
4. Iijima J, Okayama K, Teruya K, Hata H, Shiina N, Yabusaki H, Okodo M*.
A study of the relationship between nuclear contour thickening, nuclear enlargement and human papillomavirus infection in squamous cells. Cytopathology. 2019, https://doi.org/10.1111/cyt.12756
5. Hata H, Okayama K, Iijima J, Teruya K, Shiina N, Caniz T, Okodo M*.
A Comparison of Cytomorphological Features of ASC-H Cells Based on Histopathological Results Obtained from a Colposcopic Target Biopsy Immediately after Pap smear Sampling.
Asian Pacific journal of cancer prevention. 2019, 20, 2139-2143, doi: 10.31557/APJCP.2019.20.7.2139
6. Sakamoto J, Kamiura S, Okayama K, Okodo M, Shibata T, Osaka Y, Fujita S, Tanaka E, Takagi H, Takakura M, Sasagawa, T.
Single type infection of human papillomavirus as a cause for high-grade cervical intraepithelial neoplasia and invasive cancer in Japan.
Papillomavirus Research. 2018, 6: 46-51, https://doi.org/10.1016/j.pvr.2018.10.001
7. 岡山香里, 川田悠貴, 小河原はつ江, 木村博一, 高橋克典, 石垣宏尚, 古田島伸雄, 長田誠, 大河戸光章, 藤田清貴. 小学生を対象とした細胞観察と染色実験の試み
日本臨床検査学教育学会雑誌, 2018, 11:15-18.
8. Okodo M, Okayama K, Teruya K, Sasagawa T*. Uniplex E6/ E7 PCR method detecting E6 or E7 genes in 39 human papillomavirus types.
J Med Virol, 2018, https://doi.org/10.1002/jmv.25017
9. Okayama K, Okodo M*, Kitamura H, Itoda I. Significance of the cytological signs of human papillomavirus infection in anal Pap smears of human immunodeficiency virus-infected Japanese men who have sex with men.
Asian Pac J Cancer Prev. 2017, 18:3173-3178.
10. Okodo M*, Okayama K, Fukui T, Shiina N, Caniz T, Yabusaki H, Fujii M. Significance of compression in binucleation while differentiating reactive cellular changes between human papillomavirus and Candida Infections.
Asian Pac J Cancer Prev. 2017, 18:2507-2511.
11. Yaegashi H, Shigehara K, Itoda I, Okodo M, Nakashima K, Kawaguchi S, Namiki, M. Human papillomavirus prevalence in the anus and urine among HIV-infected Japanese men who have sex with men.
J Infect Chemother. 2017, 23, 621-626.
12. Okodo M*, Kawamura J, Okayama K, Kawai K, Fukui T, Shiina N, Caniz T, Yabusaki H, Fujii M. Cytological Features Associated with Ureaplasma Urealyticum in Pap Cervical Smear.
Asian Pac J Cancer Prev. 2017, 18:2239-2242.
13. 北村 浩, 井戸田一朗,岡山香里,大河戸光章,佐野彰彦,佐野麻里子,小林治,河合伸, 古瀬純司. 拡大肛門鏡検査によるHIV陽性者の肛門管上皮内病変の診断と治療.
日本エイズ学会誌. 2018, 20 : 25-31
14. 大河戸光章, 岡山香里:受講スイッチをONにする試み.
日本臨床検査学教育学会雑誌. , 2017, 9:163-168.
15. Okodo M*, Okayama K, Kitamura H, et al. Evaluating the existence of small compressed binucleated squamous cells in ASC-H.
Asian Pac J Cancer Prev, , 2016, 17: 4665-4669.
16. 岡山香里,大河戸光章:HPVに特徴的な細胞像.
産婦人科の実際.65: 1511-1517,2016


〇著書(過去5年分)
1. 大河戸光章(分担):ポケットマスター臨床検査知識の整理 病理学/病理組織細胞学. 東京,医歯薬出版,2020.p. 170-281.
2. 大河戸光章(分担):スタンダード細胞診テキスト 第4版.東京,医歯薬出版,2019.
3. 大河戸光章(分担):臨床検査学講座 病理学/病理検査学.東京,医歯薬出版,2016.p. 199-337.

○口演(過去3年分)
1. 大河戸光章.【シンポジウム】HIV陽性者における肛門管癌の早期発見と治療戦略. HPVの基礎と肛門管擦過物の細胞所見の実際. 第34回日本エイズ学会学術集会・総会, 東京, 2020年11月
2. 大河戸 光章. 【教育講演】HPV型と子宮頸部病変:第61回日本臨床細胞学会春期大会, 東京, 2020年6月
3. 大河戸 光章. 【第7回子宮の日全国アクション2020報告会】HPV検査と細胞診検査の現状と今後:第61回日本臨床細胞学会春期大会, 東京, 2020年6月
4. 大河戸光章, 岡山香里, 野地夏美, 籏ひろみ, 飯島淳子, 栗原達哲, 石井保吉, 藤井雅彦,小田瑞恵, 笹川寿之. HPV 型に依存した細胞変性効果に関する 新知見 ―16型感染による Koilocyte 形成を否定―. 第58回日本臨床細胞学会秋期大会, 岡山, 2019年11月
5. 野地夏美, 岡山香里, 栗原達哲, 石井保吉, 小田瑞恵, 笹川寿之.大河戸光章. Single-cell microdissection法による1標的細胞のHPV型別判定. 第58回日本臨床細胞学会秋期大会, 岡山, 2019年11月
6. 細谷渚,石井保吉,栗原達哲,岡俊郎,稲垣真智子,窪田真弓,伊藤詠美子,伊藤千恵子,小野寛文,宮里樹,大河戸光章,小田瑞恵,大村峯夫,藤井雅彦. CIN2 から5 年後にAdenosquamous carcinoma in situの診断がついた一例. 第58回日本臨床細胞学会秋期大会, 岡山, 2019年11月
7. 大河戸光章, 岡山香里, 野地夏美, 小田瑞恵. Single cell microdissection法によるKoilocyteのHuman papillomavirus genotype解析. 第37回日本ヒト細胞学会学術集会, 東京, 2019年10月19日
8. 野地夏美, 岡山香里, 小田瑞恵, 大河戸光章. Single cell microdissection法による1標的細胞のDNA解析. 第37回日本ヒト細胞学会学術集会, 東京, 2019年10月19日
9. 大河戸 光章, 岡山 香里, 栗原 達哲, 石井 保吉, 小田 瑞恵, 笹川 寿之. シンポジウム: HPV検査の活用を考える HPVジェノタイプの網羅的解析から見えてきたHPV型と子宮頸部病変との関係: 第60回日本臨床細胞学会春期大会, 東京, 2019年6月
10. 岡山 香里, 大河戸 光章, 栗原 達哲, 石井 保吉, 小田 瑞恵, 笹川 寿之. LSILとHSILにおけるHPV感染細胞の多種性に関する研究:第60回日本臨床細胞学会春期大会, 東京, 2019年6月
11. 籏 ひろみ, 岡山 香里, 飯島 淳子, 栗原 達哲, 石井 保吉, 小田 瑞恵, 大河戸 光章. 子宮頸部擦過細胞診直後の組織生検結果に基づいたASC-H判定細胞の形態学的特徴:第60回日本臨床細胞学会春期大会, 東京, 2019年6月
12. 飯島 淳子, 岡山 香里, 籏 ひろみ, 福井 正, 藪崎 宏美, 椎名 奈津子, 尾野 緑, 藤井 雅彦, 大河戸 光章. 子宮頸部細胞診における核縁肥厚を伴う核肥大細胞へのp16INK4a免疫染色の検討:第60回日本臨床細胞学会春期大会, 東京, 2019年6月
所属学会 日本臨床細胞学会,日本性感染症学会, 日本エイズ学会
公的な委員会等の役員・委員歴 日本臨床細胞学会評議員
居室・研究室 井の頭キャンパス B棟101号室
メールアドレス ohkoudom@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 13:00-17:00(前期木曜、後期火曜を除く)B101号室
関連サイト https://researchmap.jp/read0074676/