Faculty of Health Sciences教員紹介

項目名 内容
教員名 藤澤 祐基
フリガナ フジサワ ユウキ
NAME Yuhki Fujisawa
所属学科 理学療法学科
職 位 講師
役職・学園委員会 総合情報センター運営委員
FD実施委員
研究テーマ・分野 中枢神経障害、動作分析
担当科目(学部) リハビリテーション解剖学実習、動作分析学、動作分析学演習
略 歴 [学歴]
2001年 広島大学医学部保健学科理学療法学専攻卒業
2003年 広島大学大学院医学系研究科保健学専攻博士課程前期修了
2015年 杏林大学大学院保健学研究科博士課程後期修了

[職歴]
2003年 長崎市中央保健センター
2004年 医療法人曙会 シムラ病院リハビリテーション室
2005年 医療法人瑞穂会 川越リハビリテーション病院リハビリテーション室
2007年 医療法人瑞穂会 介護老人保健施設瑞穂の里リハビリテーション室
2009年 特定医療法人北九州病院 北九州八幡東病院リハビリテーション室
2011年 杏林大学保健学部理学療法学科
所有する学位 博士(保健学)
所有する資格 2001年 理学療法士
2010年 介護支援専門員
主要研究業績 [論文]
・Fujisawa Y, Okajima Y, Hashidate H, Nakano H:Joint Tightening in Hemiplegic Handwriting. Asian Journal of Occupational Therapy 16(1): 71-81, 2020.
・藤澤祐基,岡島康友:巧緻運動障害評価の考え方.リハ医学 54:219-225,2017.
・Fujisawa Y, Okajima Y:Characteristics of handwriting of people with cerebellar ataxia: Three-dimensional movement analysis of the pen tip, finger, and wrist. Phys Ther 95(11): 1547-1558, 2015.
・藤澤祐基, 富樫誠二, 笹原妃佐子, 後藤力, 藤村昌彦, 奈良勲: 脳卒中片麻痺患者の咬合機能に関する研究. 理学療法ジャーナル 40(11), p963-66, 2006.
・藤澤祐基, 藤村昌彦, 河村光俊, 奈良勲:ノート型パソコンの画面表示角度が生体に及ぼす影響. 理学療法科学 16(4): 209 -213 2001.

[論文(共著)]
・Hashidate H, Shimada H, Fujisawa Y, Yatsunami M.: An overview of social participation in older adults: Concepts and assessments. Phys Ther Res. 2021; 24(2): 85-97.
・Suzuki T, Hashidate H, Fujisawa Y, Yatsunami M, Ota T, Shimizu N, Betsuyaku T.: Reliability of measurement using Image J for reach distance and movement angles in the functional reach test. J Phys Ther Sci. 2021; 33: 112-117.
・Sumitani Y, Hosaka T, Susaki Y, Fujisawa Y, Kuriyama K, Tsukada Y, Yokoyama T, Ogasawara J, Nishida S, Inukai K, Okajima Y, Ohno H, Ishida H. Clinical effect of real time pulse rate monitoring with portable pulsimeter on physical exercise therapy for male patients with type 2 diabetes. Diabetol Int 7(3): 228-234, 2016.
・鴨下 雅子, 本宮 光信, 立谷 守, 田丸 景子, 高橋 未和, 武田 夢人, 猪狩 信也, 藤澤 祐基, 潮見 泰蔵:脳血管疾患患者における転倒に関する自己効力感と動作遂行能力の関係. 理学療法 - 臨床・研究・教育, 35-38, 18(1), 2011.

[著書(分担)]
・藤澤祐基,岡島康友:運動失調症と片麻痺の書字運動解析.先端医療シリーズ47 「臨床医とコメディカルのための最新リハビリテーション」.平澤泰介、椿原彰夫、才藤栄一、水間正澄 編,東京,先端医療技術研究所,2016.
・藤澤祐基:観察に基づく動作分析.リハビリテーション基礎評価学.潮見泰藏, 下田信明編, 東京, 羊土社, 2014.

[学会発表]
・藤澤祐基,跡見友章,松村将司,花房京佑,中野尚子:杏林大学理学療法学科2年生における臨床推論モデルを用いた理学療法教育の取り組みついて.第34回教育研究大会・教員研修会,2021
・藤澤祐基,岡島康友,中野尚子:片麻痺側の利き手による書字―習熟運動の特徴―.第50回日本臨床神経生理学会学術大会,2020
・藤澤祐基,中野尚子:起き上がり動作の時系列的発達変化-骨格検出システムを用いて 第2報-. 第6回日本小児理学療法学術大会, 2019.
・藤澤祐基,岡島康友,中野尚子:正準判別分析とランダムフォレスト法を用いた健常者、片麻痺手、小脳性運動失調症者の利き手書字の特徴抽出.第56回日本リハビリテーション医学学術集会,2019
・藤澤祐基,中野尚子:乳児の起き上がり動作分析 -骨格検出システムを用いて- .日本発達神経科学学会第7回学術集会, 2018.
・藤澤祐基,岡島康友,山田深,橋立博幸,八並光信:脳卒中片麻痺患者の麻痺手書字における手の遠位・近位運動の分離性とパフォーマンスとの関係. 第50回日本理学療法学術大会, P2-B-0508, 2015.
・藤澤祐基,岡島康友,山田深,橋立博幸,潮見泰藏:片麻痺の麻痺手書字における手の遠位・近位運動の分離性とパフォーマンス,リハビリテーション医学,51,p391,2014.
・藤澤祐基,岡島康友,山田深,橋立博幸,潮見泰藏:小脳性運動失調症の3次元書字運動解析.臨床神経生理学,41(5),p426, 2013.
・Fujisawa Y, Okajima Y, Takahashi H, Hashidate H, Nakano H, Shiomi T:Characteristic difference in handwriting movement between subjects with hemiparesis and cerebellar ataxia. 2nd Japan-Korea Neurorehabilitation Conference (Okayama); Proceeding p93, 2013.
・藤澤祐基,岡島康友,高橋秀寿,潮見泰藏:利き手と非利き手における書字動作解析と練習効果.第31回東京都理学療法学術大会抄録集,p39, 2012.
・藤澤祐基,岡島康友,高橋秀寿,橋立博幸,中野尚子,潮見泰藏:書字の三次元運動解析:不全片麻痺・失調を含めて.臨床神経生理学,40(5),p439, 2012.
・藤澤祐基, 富樫誠二, 藤村昌彦, 河村光俊, 奈良勲:脳卒中片麻痺患者の咬合力.理学療法学 29(suppl-2): p72, 2002.
・藤澤祐基, 富樫誠二, 後藤力, 藤村昌彦, 河村光俊, 奈良勲:脳卒中片麻痺患者の咬合力.バイオメカニズム学術講演会予稿集. p247-250, 2002.

【受賞歴】
・2016年 第5回杏林医学会研究奨励賞

【外部資金】
・2018年-2020年 文部科学省科学研究費補助金基盤C 研究代表者
・2011年-2013年 文部科学省科学研究費補助金基盤C 研究分担者
所属学会 日本理学療法士協会、日本臨床神経生理学会、日本老年療法学会
居室・研究室 教員室A420
メールアドレス yfujisawaアットマークks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 水曜日16時から17時までA420室