Faculty of Health Sciences教員紹介

項目名 内容
教員名 岸野 智則
フリガナ キシノ トモノリ
NAME Tomonori Kishino
所属学科 臨床工学科
職 位 教授
役職・学園委員会 保健学部 臨床工学科 教授 ・ 学科長

【委 員】
1) 保健学部 教務委員
2) 大学院保健学研究科 教務委員
3) 井の頭キャンパス ワクチン接種委員 (委員長)
4) 井の頭キャンパス 保健センター校医
5) 保健学部 利益相反委員
6) 杏林医学会 評議員・雑誌編集委員
研究テーマ・分野 超音波検査を用いた 1) 生理現象の解析, 2) 生活習慣病の病勢把握
担当科目(学部) 【講 義】 前期: 1) 基礎生物学 (保: 臨床工学科), 2) 臨床医学各論4 (保: 臨床工学科), 3) 内科学1/内科疾患の病態学1 (保: 理学療法学科/作業療法学科/健康福祉学科), 4) 臨床検査医学・輸血学 (医: M3), 後期: 5) 生理学検査2 (保: 臨床工学科), 6) 生理学2 (保: 臨床工学科), 7) 感染症・免疫学 (保: 看護学科), ほか 【実 習】 前期: 生理学検査実習 (保: 臨床工学科) 【卒業研究】 通年: (保: 臨床工学科, 臨床検査技術学科)
担当科目(大学院) 【講 義】 1) 内科学, 2) 超音波医学1,2, 3) 臨床医学セミナー, 4) 特別研究A,1,2,3
兼務・兼担 1) 兼担教授 (医学部 臨床検査医学)
2) 超音波診断 (医学部付属病院 臨床検査部)
略 歴 1991年 山梨医科大学 (現: 山梨大学 医学部) 卒業
1991年 杏林大学 医学部 第三内科 研修医
1993年 心臓血管研究所付属病院 へ出向
1994年 東京都老人医療センター (現: 東京都健康長寿医療センター) へ出向
1997年 杏林大学 医学部 第三内科
2001年 杏林大学 医学部 臨床検査医学 助教
2004年 杏林大学 医学部 臨床検査医学 学内講師
2007年 杏林大学 医学部 臨床検査医学 講師
2014年 杏林大学 保健学部 臨床工学科 教授
2020年 杏林大学 保健学部 臨床工学科 教授 ・ 学科長
所有する学位 博士 (医学) - 杏林大学, 1999年
所有する資格 【取得資格】
1) 日本臨床検査医学会: 専門医 (機構) ・ 管理医 ・ [評議員]
2) 日本超音波医学会: 専門医 ・ 指導医 ・ [代議員]
3) 日本内科学会: 認定内科医 ・ 総合内科専門医
4) 日本老年医学会: 専門医 ・ 指導医
5) 日本消化器病学会: 専門医
主要研究業績 【論 文】 ★ corresponding author の論文のみ表示

1) Shimamori N, Kishino T, Okabe N, Morii T, Matsushima S, Yamasaki S, Ohtsuka K, Shibahara J, Ohnishi H, Watanabe T: Discrimination of well-differentiated liposarcoma from benign lipoma on sonography: an uncontrolled retrospective study. J Med Ultrason 47: 617-623 (2020)

2) Aikawa R, Kishino T, Shibasaki S, Harashima K, Nakajima S, Ohnishi H, Watanabe T: Relationship between trapezius muscle hardness and transverse cervical artery flow in association with neck and upper-back stiffness. Clin Physiol Funct Imaging 40: 385-389 (2020)

3) Shibasaki S, Kishino T, Yokoyama T, Sunahara S, Harashima K, Nakajima S, Ohnishi H, Watanabe T: Sonographic detection of physiological lower leg oedema in the late afternoon in healthy young women. Clin Physiol Funct Imaging 40: 381-384 (2020)

4) Shibasaki S,Kishino T,Fujiwara Y,Suzuki Y,Harashima K,Nakajima S,Ohnishi H,Watanabe T: Influence of resting before sonographic examination on Doppler measurements of renal blood flow. Clin Physiol Funct Imaging 40: 190-195 (2020)

5) Shimamori N,Kishino T,Morii T,Okabe N,Motohashi M,Matsushima S,Yamasaki S,Ohtsuka K,Shibahara J,Ichimura S,Ohnishi H,Watanabe T: Sonographic appearances of liposarcoma: correlations with pathologic subtypes. Ultrasound Med Biol 45: 2568-2574 (2019)

6) Ishizeki A,Kishino T,Ogura S,Kuga H,Masai Y,Harashima K,Nakajima S,Otaki J,Ohnishi H,Watanabe T: Influence of breakfast on hemodynamics after lunch - a sonographic evaluation of mesenteric and cervical blood flows. Clin Physiol Funct Imaging 39: 226-229 (2019)

7) Kishino T,Harashima K,Hashimoto S,Fukuta N,Seki M,Ohnishi H,Watanabe T,Otaki J: Meal ingestion and hemodynamic interactions regarding renal blood flow on duplex sonography: potential diagnostic implications. Ultrasound Med Biol 44: 2050-2054 (2018)

8) Aoto Y,Kishino T,Harashima K,Ohnishi H,Fukuta N,Hashimoto S,Seki M,Shimo Y,Sekiguchi K,Takagi Y,Otaki J,Watanabe T: Influence of eating breakfast on sonographic examination of the gallbladder. 臨床病理 65: 1177-1181 (2017)

9) Kawano Y,Kishino T,Ohnishi H,Sugiyama M,Mori H,Nishikawa K,Matsushima S,Ohtsuka K,Mochizuki M,Watanabe T: Mass-forming pancreatitis possibly due to localized obstructive chronic pancreatitis: sonographic characteristics. 臨床病理 65: 860-864 (2017)

10) Fujino A,Kishino T,Watanabe K,Sekiguchi K,Takagi Y,Matsushima S,Ohtsuka K,Yotsukura M,Ohnishi H,Watanabe T: Relationship between pericardial adipose tissue thickness and early impairment of left ventricular function, both evaluated on echocardiography. 臨床病理 64: 1134-1138 (2016)

11) Watanabe K,Kishino T,Sano J,Ariga T,Okuyama S,Mori H,Matsushima S,Ohtsuka K,Ohnishi H,Watanabe T: Relationship between epicardial adipose tissue thickness and early impairment of left ventricular systolic function in patients with preserved ejection fraction. Heart Vessels 31: 1010-1015 (2016)

12) Kishino T,Mori T,Kawai S,Mori H,Nishikawa K,Hirano K,Matsushima S,Ohtsuka K,Ohnishi H,Watanabe T: Carcinosarcoma, an atypical subset of gallbladder malignancies. J Med Ultrason 41: 487-490 (2014)

13) 嶌森直子,岸野智則,大西宏明,多武保光宏,寺戸雄一,要 伸也,森 秀明,奴田原紀久雄, 東原英二,渡邊 卓: 右腎全体にびまん性に浸潤した集合管癌(Bellini管癌)の1例. 超音波医学 40: 183-189 (2013)

14) Kishino T,Ohnishi H,Ohtsuka K,Matsushima S,Watanabe K,Urata T,Honda Y,Matsumoto M,Mine Y,Nishikawa K,Mori H,Takahashi S,Ishida H,Watanabe T: Subcutaneous rather than visceral adipose tissue thickness of the abdomen correlates with alterations in serum fatty acid profile in Japanese women. Clin Chim Acta 412: 1893-1894 (2011)

15) Kishino T,Ohnishi H,Ohtsuka K,Matsushima S,Urata T,Watanabe K,Honda Y,Mine Y,Matsumoto M,Nishikawa K,Mori H,Takahashi S,Ishida H,Watanabe T: Low concentrations of serum n-3 polyunsaturated fatty acids in non-alcoholic fatty liver disease patients with liver injury. Clin Chem Lab Med 49: 159-162 (2011)

16) Kishino T,Morii T,Mochizuki K,Sudo E,Hirano K,Okazaki M,Ohtsuka K,Ohnishi H,Kurihara S,Tsuneyoshi M,Fujioka Y,Watanabe T: Unusual sonographic appearance of synovial sarcoma of the anterior abdominal wall.J Clin Ultrasound 37: 233-235 (2009)

17) Kishino T,Watanabe K,Urata T,Takano M,Uemura T,Nishikawa K,Mine Y,Matsumoto M,Ohtsuka K,Ohnishi H,Mori H,Takahashi S,Ishida H,Watanabe T: Visceral fat thickness in overweight men correlates with alterations in serum fatty acid composition. Clin Chim Acta 398: 57-62 (2008)

18) Kishino T,Haradome H,Mori H,Takahashi S,Ishida H,Watanabe T: Choledochocele demonstrated on conventional sonography. J Clin Ultrasound 34: 199-202 (2006)

19) Kishino T,Nakamura K,Mori H,Yamaguchi Y,Takahashi S,Ishida H,Saito S,Watanabe T: Acute pancreatitis during haemodialysis. Nephrol Dial Transplant 20: 2012-2013 (2005)

20) Kishino T,Mori H,Nishikawa K,Ishiyama N,Yasui H,Sugiyama M,Atomi Y,Sakamoto M,Saito S,Ishida H,Takahashi S,Watanabe T: Hepatocellular carcinoma containing sarcomatous lesions in a normal liver,accompanied by secondary Budd-Chiari syndrome. J Clin Gastroenterol 38: 296-297 (2004)

21) Kishino T,Yamaguchi Y,Yamagishi T,Hashimoto T,Kyomasu Y,Mori H,Sugiyama M,Atomi Y,Saito S,Ishida H,Takahashi S: Submucosal tumor (SMT)-like esophageal squamous cell carcinoma with gastric metastasis. Hepatogastroenterology 47: 1581-1584 (2000)

22) Kishino T,Tanno M,Yamada H,Saito S,Matsumoto S: Changes in liver fatty acid unsaturation after partial hepatectomy in the rat. Lipids 35: 445-452 (2000)

23) 岸野智則: ラット肝部分切除後の再生過程における肝内脂質不飽和度,脂肪酸組成,過酸化脂質およびビタミンEの経時的変化. 杏林医会誌 29: 547-561 (1998)

【著 書】

1) 岸野智則: 第2部 各論 - 1.生化学検査 - D.ビリルビン・胆汁酸: ビリルビン. 臨床検査ガイド -これだけは必要な検査のすすめかた・データのよみかた-(2020年改訂版).Medical Practice編集委員会 大西宏明 編.東京,文光堂,p. 159-162 (2020)

2) 岸野智則: Part 1.専門医が教えるよく受ける検査の意味 - 16.中性脂肪 (TG). 50人の専門医が教える 検査と検査値のはなし. 一般社団法人日本衛生検査所協会,p. 40-41 (2018)

3) 岸野智則: 第14章 臨床医学総論 - 7.感染症/9.消化器系/11.麻酔科学/12.集中治療学/13.手術医学/15.臨床免疫学. 臨床工学技士 ポケットレビュー帳. 福長一義 編集.東京,メジカルビュー社,p. 313-316/325-329/333-342/347-351 (2015)

4) 岸野智則,渡邊 卓: 4.救急救命で遭遇する疾患 - 4.消化器系疾患. 救急救命レビューノート. 田中秀治,徳永尊彦 編集.東京,文光堂,p. 122-125 (2008)

【科研費】

1) 岸野智則: 基盤研究(C) 17K01439 脂肪の超音波検査で生活習慣病の病勢を計る.4,680千円 (2017〜2021年度)

2) 岸野智則: 基盤研究(C) 24500866 生活習慣病の病勢や発症の危険性を超音波の新技術により画像的・定量的に評価する試み.5,330千円 (2012〜2015年度)
居室・研究室 1) 井の頭キャンパス A棟 4階 404室 ・ 2階 204室 / 2) 三鷹キャンパス 臨床研究棟 5階 504室
メールアドレス kishino@ks.kyorin-u.ac.jp
オフィスアワー 月・火・水 9:30〜11:30 井の頭キャンパス A棟 4階 404室
学生・受験生へのメッセージ That's a blessing in disguise.

ご連絡お待ちしております, 6/16